たけちゃんまん

東京都 40代・男性

ネコとの共生社会、ステキですね。ただいま子育てパパ。

メッセージを送る

月別アーカイブ

日記検索

最近のコメント

ちー、体調悪化 フェレオ さん
パパダウン 猫探してます さん
バレンタインに想う厳しい世の中 たけちゃんまん さん
健康過ぎる姫 たけちゃんまん さん
健康過ぎる姫 猫探してます さん
10月から約3カ月 たけちゃんまん さん
10月から約3カ月 綾野 さん

My Cats(1)

}
ちー

ちー


もっと見る

たけちゃんまんさんのホーム
ネコジルシ

バレンタインに想う厳しい世の中
2018年2月14日(水) 409 / 3


繰り返しになりますが、↑こんなに可愛かったはずの、ちー。保護されて間もない頃。人馴れベタベタで、めちゃめちゃ可愛い、とのことでした(すべては過去形)。お見合いはワクチン接種の翌日で、ずっと寝てたので、可愛い女の子ですね? でしょう? と家族に。まさかおしりプリプリで家中をハンティングするちーまーになるとは、このときのパパは知る由もなく…。



単身。男性。この時点で、ほとんどの応募はできません。まず、例えば、状況を説明しつつ、ご応募は難しいでしょうか?と質問をしても、忙しいので迷惑なので質問しないでください、と心が折れる回答。同じく質問されている中にご年配の女性が一生懸命ネコを失くして寂しいのでお願いできませんか?という問いかけには、ネコは20年生きますから、とのこと。んー。若い人だってこの先何年生きるかわかんないんだけど、保護猫、いわゆる雑種のネコさんはいま、なかなか条件に恵まれないと、お譲りしていただけない、「セレブ」な動物になっています。そうすると、どうなるでしょう。まあ、ブリーダーやショップに行き、それもまた境遇は保護猫より悲しい生き方をしたネコを買う、という流れで、生体販売はますます過激化するという悪循環になるのでは?と思います。

自分が一番、嫌な気持ちになるのは、高齢者に対しての偏見と物言いです。認知症で飼えなくなった、あり得ない、飼う前から呆けてたんじゃないの、ネコが可哀想…。ネコジルシでもこんな罵詈雑言が散見されます。ネコの言葉を借りるならば、自分を愛してくれた人が崩れていくさまを、悲しく見つめていたかもしれません。なんとか甘えて頑張って、と言ってたかもしれません。自分のこうした意見は、何も分かってない、だったらそんなネコを自分が保護してみろ、という方もいるかもしれませんが、それは極論です。考えることは自由です。

欧米で高齢者に対して差別をすることはまず聞きません。ageismは、sexismやracismと広義的には同じだと自分は思います。しかしながらこと日本では平気でそうしたことがオープンに例示してあるのは、残念でなりません。内規なら仕方ないとは思います。ただ書いてあるだけで傷つく人が一人でもいたら、どうでしょう。たしかに高齢者はネコちゃんより先に天国に行くかもしれませんし、dementiaになる可能性は高いです。そんなとき、日本以外の先進国では地域が、ボランティアが、ペットを飼っているdementiaの高齢者のためにすることはまず、近隣で認知症になった高齢者のかわりに飼ってくれる人を探します。いろんな病気にペットセラピーが取り入れられているように、動物には不思議な力があります。dementiaも同じです。その高齢者、そのペットの双方がストレスにならないように、できるだけ触れ合える機会を作ってあげる方向で動きます。さらに認知症が進み、もう病院に行くしかない、という場合は、高齢者の方とネコやイヌが触れ合えるようなアニマルハウスを作ったりもします。さらに言えば、米国では最先端技術のキャットロボまで取り入れられている時代です。人間と動物の共生社会、新たな社会システムの構築はなにか、という視点が大切だと思います。どちらにせよ、3分の1が高齢者になる時代は目前です。人ごとではないと思います。ひとりひとりの課題として受け止める。選挙では動物行政の公約を掲げているか、そういった直接間接の関わり合いが大切かな、と思います。

高齢者の餌やりを「悪」として「監視」することではなく、まず飼育状況を把握し、地域でどう捉えていくか。庭先に来たネコにエサを与えて、可愛いね、と言ってるおばあちゃんやおじいちゃんにとっては、昔は当たり前の光景だったわけです。自分たちの人生においては大先輩なんですよね。悪質な多頭崩壊とはまた別次元です。今はこうなってるんですよ、こうしましょうね、と根気よく説明することは当然されてるでしょうが、問題点は、ネコを好きな人も嫌いな人もいるわけで、そこから最善の策は何なのか、日々、自分のネコちゃんと触れ合うときに考えることだと思います。悪く言うのも簡単。無視するのも簡単。一番の問題は、保健所に連れていかれて殺処分なのですから、そこをどう変えていくか。素晴らしい団体さんや個人ボランティアさんはいっぱいいますから、ネコに対するそれと同じように、高齢者にも優しくあって欲しいです。ネコに優しい人は、きっと人にも優しいと信じています。単身者にも、どうかよろしくお願いいたします。

と、チャレンジングな日記もたまには。

あ、バレンタインですね。
離れてくらしてる娘からチョコが…。ちーに限らず、可愛い女の子の考えは分かっとりますよ。ホワイトデーで倍返しを期待しとるわけです。あーこわ。まあ、可愛いので、また同じ繰り返しです…。ちーからは、毎日バレンタインのチョコみたいなのはもらってます。快便。そのウンチをかきかきしたその手で、アタマをぐちゃぐちゃにしていただきました…。保護猫はなかなかやりますよ。可愛いんですけどねー。小悪魔に育つかどうかはパパ次第です。笑
21 ぺったん 猫探してます 猫探してます やまちゃん1211 やまちゃん1211 たくみ猫 たくみ猫 トム様 トム様 かか猫 かか猫 想良SORA 想良SORA とうりん とうりん ミィNyan ミィNyan みゆと猫'sのママ みゆと猫'sのママ がっきぃ がっきぃ mihiro! mihiro! ゲシコビ ゲシコビ ビス子 ビス子 猫ちゃんmama 猫ちゃんmama

ぺったんするにはユーザログインが必要です。

ログイン・ユーザー登録
 ぺったんとは

日記に共感した時に、投稿者へ思いを伝えられるのが「ぺったん」にゃ。
気軽にご利用くださいにゃ。
レッツぺったん!!

※誰が「ぺったん」したか公開されますムーチョ

Facebookでシェア Twitterでシェア はてなブックマークに追加 Google+でシェア
ぺったん ぺったん したユーザ

たくみ猫 2018/02/15

トム様 2018/02/14

かか猫 2018/02/14

想良SORA 2018/02/14

とうりん 2018/02/14

ミィNyan 2018/02/14

がっきぃ 2018/02/14

mihiro! 2018/02/14

ゲシコビ 2018/02/14

ビス子 2018/02/14

猫ちゃんmama 2018/02/14

ポップ 2018/02/14

fuu2011 2018/02/14

はにゃりん 2018/02/14

にけねこ 2018/02/14

コナニャー 2018/02/14

てんてる 2018/02/14

ぴぃぱぁ 2018/02/14

コメント(3件)

ゲシコビ
2018/02/14
ID:aTzh53oB/ok

はじめまして、ゲシコビと申します。

男性の一人暮らしへの厳しさ・・難しいですね!本当に気の毒になる事も多々あります。少数の抜きん出た異常な方の印象からもあると思いますし、また今の社会は男女とも仕事の仕方や責任に差はあまりないとは言われるものの、実際男性の方が会社からの拘束は強いようにお見受けします。そういう事象もまた、難しくしている一因なのでしょうか。

高齢者について・・実は昨年、85になる母を亡くしました。
亡くなる半年くらい前までは、かなりしっかりとしていた母で健康にも恵まれて元気に体操教室だ~絵画教室だと活動的な母でしたが、老化(痴呆)はいきなり表面化します。
記憶も自分にとって都合の悪いことは無意識に第三者のせいに書き換えてしまう、30分前に喋ったことを忘れてしまう・・例えば体調を崩した家族に『強く育てたのに!面倒くさい!』と悪態をつき八つ当たりをする・・人間に対してでさえそうなってしまうケースもあるのです。
ここで間違えてはいけないのは、決して本人に悪意はないということ。悪意もなく、ただ『なぜそうなってしまったのか、その人との長い生活の間に【その人はわざとそんなことをするはずがない、そんなことになったのには何か理由があるはずだ】と以前なら考えられた、その考えるためのメモリーがなくなってしまったかのように、考えられなくなっていることにすら気づけないのだ』ということで。

人間なら『ああ、こんな人ではなかったのに、これが老化なのか?』と受け入れることもできます。年取った親には既に子供の生活一切をを支えていることも稀です。でも、人間ではない家族にはどうでしょう・・
実際、見た目は昔よりも年老いたけれど、間違いなく母であるのに、中身が別人のように攻撃的になってしまった母を見てきたもので、これもまた難しいのかなと思ってしまいました。

すみません、答えのない疑問というか問いかけですね・・

たけちゃんまん
2018/02/14
ID:aKMY/1VsVEM

こんにちは。コメントありがとうございます。お母様のお話。私も祖父母ともにやはり痴呆症が入りました。今回はネコが好きな高齢者なら、という前提ですが、欧米ではそれ以外の役割としての痴呆症ケアの一環としてペットセラピーが採用されています。祖父母ともに小学生や中学生みたいな年代に戻り、性格変化など症状は様々。ただ、人間の本質である理性や寛容さを引き出してくれるのが、イヌやネコたちです。祖父は母たちのことは忘れましたが、初孫だった自分を覚えていたり、症状は様々です。ペットセラピーを受けていたらどうだったろうな、と今更思います。今回、自分は皆さんが取り上げにくいテーマをあえて書きましたので、嫌な思いをさせてしまったとしたらお詫びいたすます。
ぺったん ぺったん したユーザ

ゲシコビ 2018/02/14

ゲシコビ
2018/02/14
ID:aTzh53oB/ok

いえいえ、嫌な思いなんてこと全然ないです。

でも、本当に高齢化社会とシッポのある家族の問題、セラピー・・避けては通れない、きれいごとでは済まない問題ですよね。
ぺったん ぺったん したユーザ

てんてる 2018/02/17

ぺったん ぺったん したユーザ

てんてる 2018/02/17

金太先生 2018/02/15

たけちゃんまんさんの最近の日記

ちー、体調悪化

4日間ごはんを食べない状態が続き、ちゅーるーでごまかしてきましたが、今朝病院へ。血液検査と点滴で、少し元気になり、仕事へ。帰ってからまたケア。結膜炎とひどい口内炎。原因がなにか、また明日、もう今日か、...

2018/02/21 202 1 9

パパダウン

胃腸風邪でダウン。ちーが人間ならば…。いかんせん、ヤンキーなので…。ちー、おとなしく寝かせてください…お願いします…パパは明日も明後日も仕事なんだよ。え? パパのためにごはん作ってあげた? だからさ...

2018/02/16 131 1 3

健康過ぎる姫

えー、避妊手術を無事終えたヤンキーちーぼーですが、何事もなかったかのように傍若無人に振る舞っております。女の子らしく、新しい可愛い首輪をいただいたのですがー、首輪は確かに可愛いと思います。避妊手...

2018/02/12 116 2 7

退院

手術を終えて、今朝病院を退院しました。暴れん坊のちーが今までにない鳴き声、一番つらそうかかすれ声だったので、とても申し訳ないな、と思いました。今のご時世の基準とは言え、健康な身体にメスを入れてし...

2018/02/06 143 0 14

祈り

ちーは本日は病院に宿泊中。明日午前、避妊手術。無事に終われば、と祈ってます。 ちーが来てから、出社前、帰宅時、おやすみ、すべてちーと過ごしていたので、気づくとなにもやる意欲がパパにはない。...

2018/02/04 156 0 15