迷い猫掲示板 - 飼い猫を探しています

被災してしまった時に

予防や対策をしていても、どうしても防ぎようがなく、いつ起こるかが分からないのが自然災害です。

常日頃から行ってきた行動で冷静に対処できればいいのですが、想定外のことが起こってしまい、冷静な対処が難しくなってしまう場合もあります。場合によっては判断力が鈍ってしまう可能性もあります。

愛猫ももちろん大切ですが、飼い主であるあなたの安全も大切です。飼い猫のストレスや周囲に対しても配慮をしながら、災害を乗り越えていきましょう。

飼い主の身の安全も大切です

地震が起きた時に、あなたはまず愛猫のことを考えるかもしれません。まさに猫の飼い主の鑑ではありますが、そこで飼い主であるあなたが危険な状態になってしまっては意味がありません。

あなたがケガをした場合、その猫たちは誰が面倒を見てくれるのでしょうか。近所の猫友達が確認、保護をしてくれるとしても、ずっと任せておくのも心苦しいかと思います。

仕方のない場合ももちろんありますが、猫だけを考えた結果、あなたがケガをしてしまった…なんて事のないように、揺れが収まるまで机の下に隠れる、揺れが収まったら火の元に気をつけるなどして、安全に考慮しながら避難をしてください。

自宅に猫を残さないとならない場合

外出中に被災してしまった場合などから一時的にやむを得ず猫を残していかなければいけない場合などもあるかと思います。

そんな時でも決して焦らずに行動するようにしてください。

急いで帰ろうとしたために何かに巻き込まれてしまったり、大けがをしてしまう可能性もあります。焦りは視野を狭めてしまうので、落ち着いて冷静な対処が出来るようになるまでは動かないようにしましょう。

そのようないざという時のためにも、外出する時はフードや水を少し多めに置いておく、トイレは複数置いておく、近所に猫友を作っておいて、何かあった時には様子を見に行ってもらったり、保護してもらうなどして助けてもらいましょう。

避難所の周りへの配慮

避難所には色んな人が集まります。猫などの動物が好きな人、反対に苦手な人、動物アレルギーがある人、不用意に興味本位で手を出してしまう子供…そんな多種多様な人たちと生活をしていくためにも、周囲へはやりすぎといってもいいほど気を配るようにしましょう。

猫などの動物の世話やフードの確保などは飼い主の責任の下で行うことになると考えておき、周りの飼い主さんと協力をしながら助け合って生活を送るようにしましょう。災害が起きる前に、地域や近所の方と話し合っておくのもいいかもしれません。

周囲も不安やストレスから気持ちに余裕がなくなってしまい、嫌な事を言われるかもしれません。必要以上に周囲に気を配って生活をしていくので、飼い主であるあなたも疲れてしまうとは思います。

ですが、猫などの動物の存在が心の支えになったという方もいます。ストレスをためすぎないように、また飼い主同士で手を取り助け合いながら、周りの人と一緒に生活をしていきましょう。

親戚や知人に預けると言うことも考えておきましょう

避難所生活も長く続けていると、人も猫もストレスをどんどん溜めこんでしまうことになります。猫がそこの生活に慣れているようであれば問題ないかもしれませんが、我慢強い猫ちゃんはそのままジッと耐えてストレスを溜めこんでいる可能性もあります。

生活がどうしても長引きそうなのであれば慣れている人の家や猫友などの家に愛猫を一時的に預かってもらい、避難所生活を乗り越えるのも選択肢の一つとして考えておいて、被災する前に色んな人に確認を取っておくようにしましょう。

車中泊避難をする場合

車内では床で生活するよりも体に異常を起こしやすいためにあまり推奨はされていないようですが、多頭飼いであったり、避難所で受け入れてもらえなかった場合などの理由から、やむを得ず車の中で生活をする人もいるかと思います。

その場合、人であればエコノミークラス症候群や熱中症にならないように十分気をつけてもらうのはもちろんですが、猫などのペットも熱中症などにならないように気をつけてあげてください。

災害時のガソリンは貴重なものなので簡単に冷暖房をつけるのは難しいかもしれません。その際に夏や冬などの暑さ・寒さ対策をどのようにすればいいのか話し合っておきましょう。

自動車の排気口が雪や草むらに近づきすぎたなど何かしらの原因で詰まってしまう、またふさがりがちになってしまったりすると排気ガスが知らない間に車内に充満してしまい一酸化炭素中毒になってしまう場合もあります。

このようなことから思わぬ事故にあったりしないよう、定期的にチェックできない就寝時は使わないなどをして十分に気をつけるようにしてください。