朱夏

北海道 50歳・男性

作家のたまご。猫大好き、大物作家になったら、印税で猫の楽園を建てるのが、夢、現在アメショー5匹、スコティシュ2匹、雑種1匹、はじめは、猫のブリーダーをしようと、買い集めた猫ですが、生まれた子供を手放せ...

メッセージを送る

友達(0)

友達がいません。

My Cats(5)

}
スケ サブロウ、アッコ

スケ サブロウ、アッコ


}
カゲロウのお銀

カゲロウのお銀


}
ゴン太

ゴン太


}
ももちゃん

ももちゃん


}
うっかり八兵衛

うっかり八兵衛


もっと見る

朱夏さんのホーム

朱夏 さん 2013年07月30日にログイン

都道府県

北海道

年齢

50歳

性別

男性

結婚

飼ってる猫の数

8匹

経験値

0 exp

プロフィール

作家のたまご。猫大好き、大物作家になったら、印税で猫の楽園を建てるのが、夢、現在アメショー5匹、スコティシュ2匹、雑種1匹、はじめは、猫のブリーダーをしようと、買い集めた猫ですが、生まれた子供を手放せなく、オス猫をゲージで育てることに、抵抗感を感じ、結局すべて、避妊と去勢をし、室内でのびのび、遊んでいます。
雑種の一匹は、黒猫です。
猫たちが、窓でくつろいでいる様子を見たのか、どこかの誰かが、夜中にこっそり、玄関フードに置き去りにして、行きました。野良なので、ヘルペスなどが心配で、一度保健所へ持っていきましたが、保健所の薄暗い部屋で、希望をなくした目をして飼育されている姿の猫たちを見て、いたたまれない気持ちになり、結局預けることをしないで、病院へ連れて行き、健康診断をし、家に連れて帰りました。660グラムだった小さい命は、5か月を過ぎ、ほかの猫たちと元気に遊んでいます。
考え方も変え、ペットショップで高価な値段で売っている血統書付きの猫もいいですが、雑種の猫にも、生きる権利があると思います。玄関フードに置いて行った飼い主には、腹が立ちますが、今では、一番の甘えん坊猫です。
先日、二回目のワクチン接種を終えました。