ヒカルのママ

奈良県 60代・女性

高知県生まれ  3歳から大阪市内で育ち その時期から家にはシェパードがいたので 大型犬、中型犬、小型犬、猫にずっとふれていました。 そんな生活が結婚と同時に一変 現在の家を建てるまでの6年間だけはペ...

メッセージを送る

ヒカルのママさんのホーム

My Cats

アイ 日本猫 雉虎 15歳10ヶ月(
2002年生まれ(推定)  現在推定15歳
コンビニの入り口でわずかなご飯をもらい生きていました。
2004年2月我が家へ。 
我が家の穏やかな接待猫NO.1  まだまだ元気です。 

2002年1月1日
クー 日本猫 雉虎 14歳10ヶ月(
2010年1月我が家へ  現在14歳
アイと同じコンビニでご飯を貰っていました。
最強の怖がり、凶暴さんでいまだに威嚇、猫パンチあり。
クーとゴマの凶暴コンビいつもべったりです。妹(ゴマ)が出来て良かったね!
いつになったら スリスリゴロゴロしてくれるかな?

2003年1月1日
レミ 日本猫 白黒 12歳0ヶ月(
近所で飼育放棄された猫で 平成29年10月19日に保護。
とてもおとなしい 甘えん坊

2005年11月1日
ユキ ロシアンブルー 12歳0ヶ月(
近所で飼育放棄された猫  平成29年10月25日に保護しました。
とても 怖がりさんかと思っていましたが レミと同様とてもおとなしい
超甘えん坊。









2005年11月1日
ゴマ 日本猫 三毛 10歳10ヶ月(
2014年12月に我が家へ   現在推定11歳
野良で頑張って生きていましたが風邪で体調悪くなり 急遽捕獲し通院し 
現在は元気で過ごしています。
ゴマとクーの凶暴仲良しコンビ  姉ちゃん(くー)出来て良かったね!
この子も モーレツな怖がりさん いつになったら抱っこできるかな?

2007年1月1日
ラン 日本猫 雉虎 9歳10ヶ月(
2008年生まれ(推定)  現在推定9歳
会社内に現れ 仔猫を4匹産みました。生後1ヵ月未満の仔猫を保健所へ
連れて行く話が出たので母猫は捕獲器で捕まえ、仔猫達は里親募集しました。
2009年6月我が家へ。

2008年1月1日
ヒメ 日本猫 白黒 8歳10ヶ月(
2011年3月我が家へ  現在8歳
我が家で1番大柄で甘えん坊
野良時代「連れて帰って~~」アピールが凄く 負けてしまいました。
大きい病気もせず 全く手のかからないいい子です。

2009年1月1日
マミ 日本猫 鯖虎 8歳10ヶ月(
2011年9月に我が家へ  現在8歳
1年間の迷子生活で凶暴になったと飼育放棄されて 可哀想で引き取りましたが
6年経った今もわがまま&マイペース 抱っこもできませんが 家は気に入ってくれてもうすっかりうちの子です。


2009年1月1日
チビ 日本猫 鯖虎 6歳10ヶ月(
2012年4月に我が家へ   現在6歳
住宅地に生後6ヵ月位で現れた為 即捕獲、避妊手術しそのまま保護。
とっても優しい子です。

2011年1月1日
ユカ 日本猫 縞三毛 4歳10ヶ月(
推定2013年生まれ
2017年1月我が家へ   推定5歳
キツネ、タヌキ、アライグマ、ハクビシン、イタチ、カラスがいる山の中で
生き抜いてきた猫です。
まだ 触ることもできませんが 保護して良かったと思っています。

2013年1月1日
エマ 日本猫 縞三毛 4歳10ヶ月(
推定2013年生まれ   現在推定5歳
2017年1月我が家へ 
キツネ、タヌキ、アライグマ、ハクビシン、イタチ、カラスがいる山の中で
仔猫を5匹立派に育てていました。その1匹がレイ。
ユカ・エマの怖がりさん2匹ですが  今は家の中フリーにしています。
いつになったら馴れてくれるかな?

2013年1月1日
レイ 日本猫 茶虎白 2歳10ヶ月(
2016年1月我が家へ   現在2歳
2015年12月里親募集し貰われましたが里親宅から脱走し2016年1月
地域の住民のご協力により44日目に無事捕獲できました。
そのまま我が家へ連れ帰り今では末っ子の超甘えん坊。
レイ君のお世話がずっとできるように お母さん頑張るからね!

2015年1月1日
ミー 日本猫 白黒 享年 12歳4ヶ月(
1998年秋頃生まれ 
会社近くのスナックのママが避妊手術もせず餌を与えていました。
見るに見かねて避妊手術しましたが 足に大けがをしたにもかかわらず
病院へ連れて行ってもらえず 可哀想で捕獲し
2003年12月14日我が家の2匹目に。
ヒカルはミーの孫にあたり、2匹仲良く暮らしました。
その後保護した猫達にも優しく保母係として活躍。
2010年11月27日呼吸不全で12歳で永眠。

1998年7月1日 2010年11月27日
ヒカル 日本猫 黒 享年 15歳7ヶ月(
2001年会社の前の倉庫で野良猫が産んだ子で 生後2ヵ月くらいで発見した時には猫風邪の影響か目が萎縮していました。
野良では生きていけないので 保護し、病院へ。
「どうか光が見えますように・・・」との願いから ヒカルと名付けましたが
叶わず全盲に。本当におとなしいいい子でした。
でも友人は言いました。「私なら絶対この子は飼わない・・・」と。
私はこの子だから飼ったのに・・・。亡くなるまで我が家の大切な子でした。
2016年8月13日15歳で虹の橋を渡りました。
我が家はこの子が最初でその後訳あり猫達との生活が始まりました。

2001年1月1日 2016年8月13日