Misaki

東京都 50代・女性

溺愛していた子が最近亡くなり、悲しみの日々を送っていましたが、新しい子をお迎えし、また猫のいる日々に戻りました。

メッセージを送る

My Cats(2)

}
美雨(みう)

美雨(みう)


}
長吉

長吉


もっと見る

Misakiさんのホーム
ネコジルシ

なぜか感謝状をいただきました
2017年5月20日(土) 219 / 6

今朝、一通の封書がうちに届きました。
送り主は環境省小笠原自然保護官事務所。
ああ……美雨絡みで何か届いたんだなと思い、開けてみると中には立派な筒といくつかの書類等。
筒の中には感謝状が入っていました。



小笠原の猫の里親になった人は世界遺産である小笠原の自然を保護するのに協力したことになるらしい。
一緒に入っていた小さな冊子は「島ネコマイケルの大引っ越し」という絵本。
小笠原ネコプロジェクトのきっかけとなった猫、マイケルについての話が絵本として描かれています。
これはこちらで読むことができます→http://kanto.env.go.jp/to_2008/0423a.html
なかなか面白いお話なので、興味のある方はどうぞ。




他にはアカガシラカラスバトをデザインしたクリアファイルやステッカー、ピンバッジ、それに小笠原での動物診療などのパンフレット。






なるほど……環境保護が絡むとなんだか凄いことになるんだなあ……。
小笠原はこの活動の効果が出て、固有種の鳥の数が少しずつ増えてきたそうで、島の中で島民が飼っている猫も全頭去勢避妊をし、マイクロチップを入れているそうです。

改めて美雨の生い立ちについて考えてみると、この子は生まれて一年足らずの間にいろいろな環境にいたのだなと改めて思いました。
美雨の故郷は小笠原諸島母島。東京から約千キロの距離。父島よりさらに五十キロも南にある小さな島。東京からだと28時間ぐらいかかるので、下手すりゃ外国に行くより大変な場所。
小笠原にいる野猫はなぜか圧倒的に黒猫だそうで(理由は不明)捕獲される猫の40%が黒猫とのこと。
しかも、美雨と同じ白ビキニ猫が多いんだそうです。同じ一族なのかは不明らしいですが、同時期に捕獲された他の黒猫はどれも美雨によく似ています。

美雨が捕獲された場所は、そんな母島の御幸之浜という浜辺の近く。島の中央あたりに位置し、人の住む集落からも遠いところ。グーグルのストリートビューで見てみると、道路の両端は鬱蒼とした森。山の下はすぐに海岸。このあたりで捕獲されたということは、この近くで生息していたということ。
捕獲された時は生後四ヶ月頃。親離れした直後ぐらい。
母猫にいつまで守られていたかはわからないけれど、気温が高く、雨が多く、崖や木々が多い不安定な場所。餌も得にくい過酷な場所でしばらくはたったひとりで生きていたのでしょう。
捕獲された直後はとても痩せており、四ヶ月なのに一キロ弱の体重で寄生虫もいたらしい。
昆虫やネズミ、鳥の雛などを食べていたようです。
捕獲器にかかってすぐ翌日には、船で2時間の父島の「猫待合所(ねこまち)」に送られ、預かり先の病院が決まるまで待機。
美雨が東京に送られたのは捕獲されて二週間後。東京のとある動物病院で、人馴れの修行をすることになり、各種検査を受け、里親を待ちながら病院で四ヶ月を過ごしました。
獣医の先生の話によると、美雨は人馴れが早く、すぐに里親の募集を出したにもかかわらず、長く里親候補が現れなかったといいます。
このまま決まらなければ先生か、病院のスタッフが引き取ろうかという話にもなっていたようです。
病院ですから、ずっとケージの中で過ごしていたと思われます(たまに先生が自宅に連れ帰っていたこともあったらしい)

そして、2月。
美雨は我が家にやってきました。
それまで何度も移動を繰り返したのが幸いしたのか、慣れるのが早かった。
猫にとって移動はストレスです。それを思うと複雑な気分です。
美雨は晴れた日や、夜空が綺麗な日はずっと窓辺にいて空を見上げ、太陽や月の光をよく眺めていることが多いです。
島で見た太陽や、星空を思い出しているのでしょうか?
外の世界には興味をなぜか示しません。一度だけ、洗濯物を干す時にうっかり網戸が開いていて、ひやりとしたことがありましたが、美雨は開いた窓の前にいても、外に出ようとしません。過酷な外の世界には、もう帰りたくないのかもしれません。

生まれて一年足らずで色々大変な思いをしたこの子を、私はずっと大切に守ってやりたいです。

小笠原で捕獲された猫は、基本的に処分されることはありません。里親が見つかるまで、病院や施設がちゃんと面倒を見ています。
小笠原で最初に捕まった猫、マイケルの引越しを提案した獣医さんは最初は殺処分が検討されていたこの猫を生かす方向で考えたのがこのプロジェクトの始まりだといいます。
とても意義のある、良い試みだとは思います。
世界遺産である場所、そしてそこにしかいない固有種を守るため、危険な外来種を排除するための処分。
それを殺さずに生かす選択をしたプロジェクトの方々は本当に凄いと思います。

でも……。
生まれた場所が違うだけで、処分される命がいることを忘れてはいけないと思います。
たまたま、小笠原の猫たちは運が良かったにすぎない。

美雨が母島ではなく、どこかの町中で野猫の子供として生まれていたら?
保護されることもなく、過酷な環境で暮らしていたら?と考えると怖くなります。

殺さずに里親を探す。
こういう試みが、世界遺産の土地や固有種のいる場所だけではなく全国で、民間だけでなく政府主導でも普及するようになることを望みます。
まあ、数も違うし、いろいろ予算もかかるし大変なのでしょうが、少しずつでもやって欲しいなと思います。
感謝状別に送らなくてもいいから、そのお金で街中の保護猫のためにもこういう試みを広げて欲しいなあ……。


美雨「やっぱりおうちがいちばんいいよ!」
38 ぺったん 加トちゃん 加トちゃん コナニャー コナニャー ぴろりんりん ぴろりんりん nico.neco nico.neco やまのたぬき やまのたぬき ももさくらとら ももさくらとら なおis なおis こてぷ こてぷ さくらっぴ さくらっぴ はな← はな← そいあず そいあず skip♪lan♪lan♪ skip♪lan♪lan♪ gattina gattina 夢生 夢生

ぺったんするにはユーザログインが必要です。

ログイン・ユーザー登録
 ぺったんとは

日記に共感した時に、投稿者へ思いを伝えられるのが「ぺったん」にゃ。
気軽にご利用くださいにゃ。
レッツぺったん!!

※誰が「ぺったん」したか公開されますムーチョ

Facebookでシェア Twitterでシェア はてなブックマークに追加 Google+でシェア
ぺったん ぺったん したユーザ

nico.neco 2017/05/21

なおis 2017/05/20

加トちゃん 2017/05/20

こてぷ 2017/05/20

さくらっぴ 2017/05/20

はな← 2017/05/20

そいあず 2017/05/20

gattina 2017/05/20

夢生 2017/05/20

りり。 2017/05/20

ぎゅおんま 2017/05/20

もっと見る
コメント(6件)

もく&きぃ
2017/05/20
ID:W0GHP2vyDU6

こんにちは♪😃

非常に興味深いお話でした。

生まれた場所が違うだけで処分される可能性がある仔。
守られてる仔。
その命に違いはないのに、国は気付いてるのか気付いてない振りをしてるのかわかりませんが、森友問題等をまだ永遠に言ってる野党や失言だらけの政府与党の大臣達。
本当にダメな国だと思います。
まして、トラバサミの事はネットでニュースになってるのに与党も野党も議論すらしないのだろうと思ってしまう。

世界から尻を叩かれなければ、動けない国。
そんな風に思いました。

もっと動物達にも優しい国になって欲しいものです。

Misaki
2017/05/20
ID:YJlV5eu1Pus

こんばんわ
コメントどうもありがとうございました。

世界遺産登録や絶滅危惧種が関わってくるとなると、そのまま問題を放置しておけば世界からの非難が避けられない。
極めて政治的な判断が働いているというのも大きいのではと思います。

理想としては、殺処分0を目指すべきでしょうが、現実がなかなかうまくいかないのは複雑に絡んでいるいろいろな問題のせいでもあるのでしょうね。
小笠原の猫は里親を探して救う方向ですが、同島の同じ侵略的外来種である、野山羊やトカゲ、ネズミなどは処分されていると聞きます。

「殺さない」と言う線引きをどこまでにするのかが難しいのかもしれません。

まあ、行政は無駄なものに無駄なお金を使うぐらいなら、こういう事業に使うべきだとは思います。
ぺったん ぺったん したユーザ

もく&きぃ 2017/05/21

ぺったん ぺったん したユーザ

Misaki 2017/05/20

コナニャー
2017/05/20
ID:dZ0yUIXssmw

興味深く読みました。

小笠原は、素晴らしいプロジェクトをしているんですね。
殺さずに里親を探す…
全国で広まって欲しいです。

美雨ちゃんは小笠原で生まれ、
色々大変な思いをしてきましたね。
Misakiさんの元に来て、本当に良かった‼
長吉君が結びつけてくれた縁…ですね。
美雨ちゃん、安心して幸せな毎日を過ごせますね。

一匹でも多く、幸せな猫ちゃんが増えて欲しいですね。

訳の分からない無駄な税金を使わず、
そういう所で、皆の税金を使ってほしいです。

Misaki
2017/05/20
ID:YJlV5eu1Pus

私も、お話をいただくまではこういうプロジェクトがあることすら知りませんでした。
広報はあまり徹底されていないようです。
受け入れ先の病院も、積極的な里親募集をしているわけではなく、知人や自院の患者に声をかけたりHPなどに乗せたりするぐらいのようです。

今回は偶然こういう縁がありましたが、小笠原の猫も、街の保護猫も、しかるべき家族が見つかるよう、できることはやっていきたいなと思いますね。
ぺったん ぺったん したユーザ
ぺったん ぺったん したユーザ

Misaki 2017/05/20

gattina
2017/05/20
ID:PoRrKDgbhFM

初めまして…

このプロジェクト、Twitterで見かけたことがあり、いつか日記にしたいと思っていました
つい先日知った、環境省の愛護プロジェクト「牧原プラン」にも挙がっていました
実際に体験した方の“談話”は、なによりも説得力があります☆彡
ありがとうございます

他にも“島猫”問題を抱えた土地は、あると思います
このようなプロジェクト、もっともっと世間に広まることを願っています

Misaki
2017/05/20
ID:YJlV5eu1Pus

初めまして。コメントありがとうございます。
gattina様の日記をいつも拝見させていただいております。
様々な話題を取り上げられ、個々の話題に於いてよく勉強をされており、興味を引く文体も読みやすく、とても楽しく拝見させて頂いています。

最近では同様の試みが御蔵島などでも始まっていると聞きます。奄美なども検討をしているとか。
ただ、感じたのは、あまり広報がされていないということ。
ネット記事や雑誌などの特集になることもありますが、一般への周知はあまりされていない気がします。
事実、私も義父の友人の知人がこのプロジェクトの参加医師であったという縁で知ったわけで、それまでそういう試みがあることすら知らなかったのですから。

また、島から来た猫たちも一般の譲渡会などに出るわけではなく、一部のサイトや、受け入れ病院のブログなどで密かに里親募集をしているにすぎません。
もう少しうまい方法があればいいのになと思ったというのが素直な感想です。
ぺったん ぺったん したユーザ

もく&きぃ 2017/05/21

ぺったん ぺったん したユーザ

Misaki 2017/05/20

Misakiさんの最近の日記

……どうしてこうなった……?

懲りずに羊毛フェルト2作品め。 今度はこれに挑戦。 百均で購入したキット使用。制作時間1日半。 ……まあ、タイトルをみればどういう状況かもうお分かりになりますよね?😅 それで...

2017/05/24 135 12 30

虹の橋にて(長吉が見た虹の橋)

ぼくのなまえは長吉。 ぼくは、とーさんとかーさんと3にんでいっしょにながいことすんでいたんだけど、あるとき、かーさんのおひざのうえにいたら、きゅうにからだがとってもくるしくなって、「あれ?ぼくど...

2017/05/21 155 6 36

羊毛フェルトデビュー

ネコジルシでもよく目にする羊毛フェルト。 実は以前から興味はあれど、なかなか挑戦する機会がなかったのですが、先日百均で美雨様のおもちゃを買ったついでに、ふと目に止まったのがこれ。 一...

2017/05/18 79 6 17

百均おもちゃ恐るべし

外出のついでに、百均に寄ったので、美雨様にお土産を買ってきました。 ネジを巻くと尻尾が動いて走るネズミのおもちゃ。 ペットショップやホームセンターでも似たようなものは売ってますが、五百円ぐらいする...

2017/05/16 200 6 32

脱いだらすごいんです!(笑)

美雨様、やっと窮屈な術後服より解放されました。 すっきりした&気分も体も軽いのか、手術前より活発さが増えたような……。 首輪は嫌がって外して、どこかに隠してしまってたのですが、一昨日なぜ...

2017/05/10 82 0 24