里親募集・応募をされる方へ

譲渡会ってどんなところ?

そもそも譲渡会とは何なのでしょうか?里親募集はスーパーや動物病院などでチラシを見たり、ネットでも里親募集の情報は沢山あります。

「譲渡会はよく聞くけど、どんな内容なのかは分からない」

「一般的な流れを知りたい」

という方もいらっしゃるかもしれません。
譲渡会とは何なのか、譲渡会の種類やメリットなどを含め色々見てみましょう。

譲渡会について

譲渡会は、「行政機関や民間団体などで保護された動物達を、里親希望者の方へ譲り渡すこと」を目的としています。

どうしても飼うことが出来なくなったから、近所に捨てられていたから、など様々な理由から保健所や保護団体の人へ引き取られていった猫ちゃん達の新しいお家を探すために開催されています。

譲渡会は全国各地どこでも行われていて、行政以外でもボランティアの方が行っている場合もあり、本当に近所で行われている可能性もあるので、気になった際には行政以外の譲渡会もないか調べてみても良いかもしれません。

譲渡会の種類

譲渡会には行政や民間などで行っています。そこまで大した差はありませんが、行政機関であれば参加前に講習会への参加が必須なことが多く、民間機関であれば個人保護主さんが参加されている場合があり、その場合は他の一般的な譲渡会でお迎えするよりも少しだけ早くお迎えできることもあるかもしれません。

行政機関

保健所や愛護センターなどの行政なども、譲渡会を定期的に開催しています。

地域の譲渡会の場合は、その地域に住んでいることが前提になっている場合もあります。お住いの地域より隣の地域の方が近いから…という場合もあるかもしれませんが、参加しても問題ないかどうかは必ずチェックするようにしましょう。

また、譲渡会に参加をする前に講習会に参加することを必須としている場合が多く、事前に予約をしないといけないこともあります。参加する前に必ず確認するようにしましょう。

民間団体

個人ボランティアの方なども定期的、または不定期に開催をしています。開催場所は地域の場所を借りて開催する場合もありますが、大きい場所であればシェルターで開催されている場所もあります。

また、民間団体に保護されている猫ちゃんはもちろん参加しますが、場所によっては個人保護主さんが参加されている場合もあり、その場合は民間団体の基準と少し違う場合もあります。

保護猫カフェ

基本的な部分は一般的な猫カフェと同じですが、一般的な猫カフェはオーナーやスタッフの飼い猫ちゃん達がいるのですが、野良猫カフェは「元野良猫」「元捨て猫」など様々な理由から引き取られた猫ちゃん達がいます。

猫ちゃんと人が触れ合う場所を提供し、もし「この猫ちゃんをお迎えしたい!」という希望があればそこから面接などを行い、縁があればそのまま譲渡される、という場所になります。運営しているのはNPO法人から個人など様々で、見学料も猫カフェと同じように時間で設定されている場所や、最初に入場料を払うだけの場所など、場所によって違うようです。

譲渡会のメリット、デメリット

譲渡会に参加してお迎えするには、色んなデメリットがあり、人によっては「我慢できない!」と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。ですが、デメリットがあるという事はメリットがあるという事になります。メリットやデメリットについて少しだけ紹介しますが、猫をお迎えしようとお考えの方は、両方を理解しておいた方が良いかもしれません。

メリット

ペットショップでは主に子猫がいますが、譲渡会では子猫以外にも成猫の猫ちゃんが多くいます。初心者だからこそオススメできる年齢や、譲渡会だからこそ出来ることが色々あります。幸せな猫生活のためにも、自分と相性がいい猫ちゃんを探しましょう

  • 成猫であれば性格が分かっている場合が多い

    子猫から育てたい!と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、「物静かなゆったりした性格の子がいいな」と思っていても、成長の過程で性格が変わる可能性があります。子猫の頃は物静かな子だったとしても、大きくなった頃に性格が変わり、やんちゃで遊びたがりな性格になるかもしれません。
    もし成長過程を楽しむというよりは性格を重視したい場合や、成猫の場合はトイレのしつけなどが完了している子が多いので、「猫初心者だけど、まずは猫のいる生活を楽しみたい」という方は成猫の子の方がいいかもしれません。

  • 実際に触ることが出来る場合も

    譲渡会でも実際に抱っこしたり触れることが出来る場所があります。他にも、保護猫カフェなどの実際に会って触れて遊べる場所も。このように実際に遊んだり触れることで自分との相性を見ることが出来るので、見た目よりやんちゃであったり、だっこが好きそうなど、印象を深く感じることが出来るかと思います。
    ただ、猫ちゃんのストレスを考えて触れることは出来ない譲渡会もあります。その場合でも、猫ちゃんとの相性が分からないわけではないと思うので、焦らずにゆっくりとどんな子なのか、自分との相性が良さそうか見極めてくださいね。

  • トライアル期間を設けている場所が多い

    譲渡会で実際に会って、「目が合った!」「性格が合いそう」「この子を迎えて猫生活を送りたい!」と思う子に会えてから、最終的に家に迎える前に、トライアル期間というお試し期間が存在する譲渡会がほとんどです。トライアル期間があることで、一緒に生活をする時の環境の変化や暮らしていくうえでの負担を実際に経験し、互いに性格が合うか、本当にこれから一緒に生活を出来るのかを確認出来ます。
    同時に、今は虐待目的や転売目的などの里親詐欺を行う人もどうしてもいるため、その予防や飼い主さんの人間性を見るために行うこともあります。「信用してもらえていないの?」と感じてしまうとは思いますが、どんな人でも突然会った人が本当に良い人なのかは分かりません。実際、里親詐欺を行う人は本当に良い人を演じて近付いてきます。そのような悪質な人から猫ちゃんを守るためにも、必要なことでもあります。

デメリット

猫ちゃんと飼い主さんが一緒に幸せに暮らせるよう祈っている方がほとんどです。それ故に条件が厳しくなってしまったり、一緒に生活を始めるのが少し遅れてしまうことも。ですが、それは全員が幸せになって欲しいからなんだ!と思って、一緒に生活できるまでの時間も楽しめるぐらいのゆったりとした心持ちで待ちましょう

  • 慣れるのに時間がかかる場合も

    猫ちゃんを迎えた時、子猫の場合は興味の方が強いので新しい環境でも比較的早く慣れてくれますが、成猫の場合は警戒心が強く、また元野良猫の場合はそれが更に強いので、なかなか慣れるのに時間がかかってしまう可能性があります。警戒心が強いのは、猫が元々環境が変化することをあまり好まないという性質でもあるので、家に迎えた日は向こうから来ない限りは構わず、まず先に環境の変化に慣れてもらい、焦ることなくゆっくりと「この環境は安全なんだ」と猫ちゃんに感じ取ってもらいましょう。

  • 迎えるまでに手順や日数がかかる場合も

    ほとんどの譲渡会で「この子をお迎えしよう!」と思っても、すぐお迎え出来るわけではありません。正式に申込をした後に、ねこちゃんが本当に暮らせる環境なのか、飼い主さんに家族がいる場合は全員が賛成してくれているのかなど、審査や面談などを行います。そこから契約書などを交わし、トライアル期間が設けられ、期間が終了した時に互いにお迎えしたい、譲渡しても問題なさそうと判断されれば、晴れて家族の一員となります。
    どうしてもある程度の時間を要してしまいますが、これを行うことで「やっぱり飼えないから捨てちゃおう」など、悲しい出来事を防ぐことが出来ますし、飼い主さんも心の準備や本当にこの命を守っていけるのか考えることが出来ます。

  • 一人暮らしやご高齢、カップルには譲渡申し込みが受けられない場合も

    一人暮らしの場合、すぐに引越しをしてしまう可能性や、猫ちゃんのお留守番の時間が長くなってしまう場合があります。ご高齢の場合は本人に何かあって長期入院となってしまった場合、猫ちゃんはご飯が食べられないことになってしまいます。カップルであれば、何かがあって別れてしまった場合、互いにもう飼えないから捨ててしまおうと考える人もいるようです。
    このような理由から、申込が出来ない譲渡会もあります。もちろん申込可能な譲渡会もありますし、何かあった時に猫ちゃんのお世話をしてくれる人がいるのであれば申込可能です!という場所もありますので、「どうしてもお迎えしたいけど諦めた方がいいのかな…」という方も、色んな譲渡会を探してみてくださいね。