猫の里親募集・里親になりたい

里親詐欺者にご注意ください

里親詐欺者のよくある手口例

猫ちゃんを実験や虐待目的で譲り受けようとしたり、そこからまた転売をしようとするなど猫ちゃんの幸せを考えていない行動をする里親詐欺者が存在します。

ご利用した時に起こるかもしれないケースをご紹介します。

すぐにメールアドレスや電話番号等の連絡先を聞いて(教えて)くる場合

【可能性】
  • ⇒ ネコジルシ内に証拠を残さないようにしている
  • ⇒ 個人情報を集めたい
【回避方法】
  • 引き渡しの直前までネコジルシ内メッセージを使ってやり取りし、信頼できるようになるまで個人情報を教えない。
  • 焦って聞いてくるような人は、縁が無いと思ってお断りする勇気を持つ。

猫の引き渡し時になっても、個人情報を教えてくれない場合

【可能性】
  • ⇒ 譲渡後すぐネコジルシを退会し、連絡を絶つつもり
  • ⇒ 里親詐欺目的の応募で、自分の住所を教えたくない(教えられない)
【回避方法】
  • ネコジルシ以外での連絡方法を確保する(電話がつながるか等)
  • 身分証の相互提示を提案する。
  • 譲渡を決める前に、きちんと信頼出来るか判断する。
  • 信頼できない人には個人情報を教えないだけでなく絶対に譲渡しない。
  • ※メールアドレスだけではなく、住所や電話番号を聞くようにしましょう

「自分から猫を取りに行きたい」と交渉された場合

【例】
  • ご足労かけるのは悪いのでこちらから引き取ります。
  • 子猫ちゃんに負担がかかるのでこちらから伺います。
  • 散らかっているから家の中を見られたくないので。
  • 遠方だからこちらから新幹線で行きます。
【可能性】
  • ⇒ 里親詐欺目的の応募で、自分の住所を教えたくない(教えられない)
  • ⇒ 個人情報を集めたい(約束だけして現れない)
【回避方法】
  • 「こちらから届けたい」と伝えてみて、相手の様子を見る。
  • 少しでもおかしいなと思った場合、縁が無いと思ってお断りする勇気を持つ

※ 実際の譲渡方法はお互いに話し合って決めてもよいと思いますが、住所や電話番号等のネコジルシ以外の連絡先は必ず聞くようにした方がよいです。

全国に募集をかけている、短期間に多数の応募をかけている場合

【可能性】
  • ⇒ 虐待や違法な転売目的でやみくもに猫を集めている
  • ⇒ 収集癖により、多頭飼い崩壊している
【回避方法】
  • 無難な理由でお断りするのが一番!

    頭ごなしに虐待者と決めつけて返信をするのはおやめください

※ 数十件も応募している場合、ネコジルシ側で対応済みの場合がほとんどです。

「応募する」からの応募ではなく、直接メッセージで里親希望をしてくる

【可能性】
  • ⇒ 応募履歴に残らないようにしている
  • ⇒ ネコジルシ内に証拠を残さないようにしている
【回避方法】
  • 「応募する」ボタンからの応募をお願いする

やけに完璧な条件での応募

【例1】
わたくしは猫印花子といいます。
48歳で主人と手の離れた大学生の息子と高校生の娘がおり、
先住猫は8歳になる気のよいメスが1匹おります。
気が優しいので喧嘩等は一切ありませんのでご安心を(^-^)
脱走対策済み、マイクロチップ内蔵済み、ウィルスマイナス、毎年ワクチン接種、避妊去勢済み
専業主婦をしており、24時間子猫ちゃんの世話が出来ます。
昔生まれた日に捨てられた猫を育てた事があり、乳飲み子ちゃんのお世話も慣れております。
家はもちろん所有の戸建て。専用猫部屋があり、キャットタワーも完備!
遠方なのでこちらから新幹線で引き取りにいきますね☆
【可能性】
  • ⇒ 譲渡側が喜びそうな文章を書いてきている

    ※ 上記の例は実際の詐欺者の文章を真似ております

【回避方法】
  • その乳飲み子はいまどこにいる?等の、矛盾点を質問してみる。
  • 先住猫がいる場合、その猫と本人が写っている写真等の提示等を提案してみる。

「ボランティアなので一時預かりします」と持ちかけられた場合

【可能性】
  • ⇒ 虐待や違法な転売目的でやみくもに猫を集めている
  • ⇒ 収集癖により、多頭飼い崩壊している
  • ⇒ 後日、支援金を強引に要求してくる
【回避方法】
  • 無難な理由でお断りするのが一番!

    ※日ごろから忙しいボランティア団体や個人の方がこのような要求をしてくる事は考えにくいです。

さいごに

上記の項目にあてはまったとしても、必ずしも詐欺目的だとは断言はできません。

しかし、インターネットが当たり前になってしまった今、猫好きのサイトに登録している人が全員必ずしも良い人だとは限らないとご認識ください。

ネコジルシといたしましては「起こるかもしれない」「起こったかもしれない」事に対応するのはとても難しいです。
かわいい猫ちゃんが不幸になるのを未然に防げるのは、警察でもなくネコジルシでもない掲載者のあなただけなのです。

猫が不幸になるのを未然に防ぐ為に、一番有効なのは「自己防衛」です。
情報収集や情報共有等でネコジルシのSNS機能をフルにご利用頂きまして、安全な譲渡をお願いします。