こてぷ

群馬県 30代・女性

顔の大きいネコがスキ。 愛想振り撒かないネコがスキ。 ニャンコ座りのネコがスキ。 畑でいきなりダッシュするネコがスキ。 ウチのネコが一番スキ。

メッセージを送る

日記検索

My Cats(3)

}
きなこもち

きなこもち


}
あんころもち

あんころもち


}
わらびもち

わらびもち


もっと見る

こてぷさんのホーム
ネコジルシ

山は色づき、祈りは天高く。
2017年10月28日(土) 318 / 19

こんばんは。
今日はとてもとても長い話です。
少し衝撃的な内容も含まれます。
ネコもあまり関係ない話です。
そういった内容が苦手な方は、次の方の日記へお進みください。
ありがとうございます。







先日、御巣鷹山へ行って参りました。

恥ずかしながら中学生になるまで、同県であのような事故が起こったという過去を全く知りませんでした。
最初の登山は母に連れられ、意味も理解しないままに山道へ。
その時は雨が降ってきてしまった為、山頂まではたどり着けませんでしたが
事故の凄惨さを肌で感じるには充分でした。
人の生死をとても間近で感じた出来事でした。

それからは、お盆が近づくにつれ彼の地を思う時間が増えます。


よくニュースなどで報道される慰霊の園は、登山口よりかなり手前にあります。
最初に訪れた時に比べると、道路も山道も整備されました。

登山口に車を停めて杖を借りて、入山します。
道中に熊よけの鐘があるので鳴らします。
熊との遭遇の危険がある為、一人では怖くて来られません。

最初の内はなだらかですし、どんどん進めます。
やがて丸太の階段がチラホラ。傾斜も出てきます。
高齢の方には厳しい道だな、と早くも自分の体力にも少しばかり不安が。

次第になだらかな道はなくなり、常に傾斜あるいは階段を上る状態になります。
さっきまで交わしていた会話が途切れ、お互いのハァハァという息遣いが微かに聞こえます。
時折、鼻水ズズッ。ハァー。

先に入山していた方とあいさつを交わしすれ違います。
いくつかある熊よけの鐘の音を聞くと、誰かがいることがわかります。

登山に慣れている方や、男性のみのグループなどは歩く速度が速いので道を譲ります。

数年前に一度だけ、JALと書かれた古いリュックを背負った男性数人のグループを見かけたことがあります。
定年は迎えたであろう年齢の方々。
挨拶を交わし、その背中を目で追うことしか出来ませんでした。
この地でその文字を背負って慰霊登山することの意味、どれほどの覚悟でいらしているのか。
はかり知れません。



やがて、点在し始めます。


数字とアルファベットを組み合わせた目印の標。

数か月前にご遺族がいらした形跡のある墓標。

数が多すぎて全ての標にに手を合わせることは出来ません。
書かれたお名前をつぶやき、この先も続く安らかな眠りを望みます。

ただ、ご遺族の供えられたものがおもちゃやキャラクターグッズであったりすると
どうしても足を止めて祈らずにはおれません。
存命であれば、私と同じくらいか少し上だったはず。
結婚してお子さんもいらしたかもしれない。

行年 3才

手を合わせます。


山頂へ近づくにつれ、光も差すようになってきます。
もう少し、もう少し。
整備されている道ですら容易ではないのに、30年以上前では、、、。

亡くなった方々のあるべき輝かしい未来、
ご遺族・関係者の方々の無念、
事故後の現場を目の当たりにした方々の胸中、
今もなお補修・工事をしている方々のお気持ち、
様々な思いを巡らせ、整理もつかないままに頂上へたどり着きました。


少し開けた場所に昇魂之碑があります。
そこから振り向くと一番近い山の尾根の一部がくぼんでいます。
「U字溝」と呼ばれ、機体が山肌をえぐった痕跡です。
その方向から今自分がいる尾根へと・・・・・・1秒もなかったのではないでしょうか。




もう少し進むと当時のまま残された巨木の株があります。
溶けた人工物が株を覆っています。
一瞬で衝撃と共に高温になったことを物語っています。(一部ぼかしてあります。)





進める一番奥にひっそりと機長たち3名の墓標があります。
俗名が側面に彫られていることが、他の遺族への配慮なのかもしれないと感じました。



今回はとても天候に恵まれ、黄色く色づいたカラ松が山々を鮮やかに染めていました。
行きも帰りも団体さんや個人の方々にお会いしました。
個人(おそらくご遺族)の方々のすれ違う時の特徴、想像つきますか?
「相手の顔をじっと見ること」です。

訪れる頻度は違ったとしても、幾度となく顔を合わせて来られたのだと思います。
遺族同士、おのずと顔見知りになります。
すれ違う時の挨拶は「ご苦労様です。」
帰路では母も私も、ご苦労様です。と頭を下げる様になっておりました。

もうすぐで出口という頃、前からお二人連れが来られました。
先を行く女性、後ろから齢80は超えていらっしゃる年配の男性。
男性の首からは、ねじったタオルが下げられ、前を行く女性がそのタオルを持って先導します。
男性の肩からは大きな花束を入れた布袋が下がっていました。
一目でご遺族、とわかります。

女性はおそらく娘さん、男性は数メートル進むのにやっとです。

どなたを亡くされたのか。
一体どこまで行くのだろうか。
山の午後は駆け足です。
14時ともなれば陰ってきます。
お爺さんの足腰、ペースでは山頂までは無理でしょう。
亡くなった方が一番多かった「スゲノ沢」かもしれません。
それでも数時間はかかるはず。。。。。

すれ違い、涙をこらえ、声が届かない辺りまで進み「遺族だね・・・。」とつぶやくのが精一杯でした。
お爺さんの32年間、ご遺族、関係者の方の32年間を思うと胸が締め付けられます。




近頃、ネコジルシの中でも驚くような言葉が飛び交っています。

「死ね」「死ねばいい」「くたばれ」

命はそれほど軽いものではありません。
ご遺族を前に、520の墓標を前に、同じセリフが言えますか?

誰に放った言葉だとしても、見る人すべてに突き刺さります。
思うのは自由です。
けれど公の場での表現となると、一定の配慮が求められるのではないでしょうか。
もちろん、言葉の対象への配慮ではなく、読み手への配慮です。

実際にネコジルシの中にも、上記の事故の関係者の方はおられます。
出発前に少しだけお話をさせていただきました。
ありがとうございました。


言葉は凶器になり得ます。
一年前、私はとても身近な人を亡くしました。
彼は自らその命を終わらせました。


「死ね」が当たり前のように使われる猫好きの為のサイト、ネコジルシ。

では、とても悲しいです。




最後に、
駐車場が見えた頃ふと振り返った沢が、とても美しく見送ってくれました。
静かに眠っている、そう感じました。







どうか、、、、、、これからも、穏やかに、安らかに、お休みください。
93 ぺったん momokoto momokoto 栗太猫 栗太猫 ポコアポコ ポコアポコ 鷹子 鷹子 chocomaru chocomaru wsnmama wsnmama mipinyan mipinyan saryco saryco にゃるる にゃるる bhh bhh アスー アスー かしす かしす シモチャン シモチャン やまのたぬき やまのたぬき

ぺったんするにはユーザログインが必要です。

ログイン・ユーザー登録
 ぺったんとは

日記に共感した時に、投稿者へ思いを伝えられるのが「ぺったん」にゃ。
気軽にご利用くださいにゃ。
レッツぺったん!!

※誰が「ぺったん」したか公開されますムーチョ

Facebookでシェア Twitterでシェア はてなブックマークに追加 Google+でシェア
ぺったん ぺったん したユーザ

momokoto 2017/11/10

Feyfey 2017/11/09

noribon 2017/11/06

JUDY 2017/11/04

ぼん太郎 2017/11/04

さかねこ 2017/11/02

栗太猫 2017/11/01

7ちゃん 2017/11/01

bibiri 2017/11/01

ニャル子 2017/11/01

GoRoroku 2017/11/01

Aldebaran 2017/11/01

あずもち 2017/10/30

ポコアポコ 2017/10/30

カバ子 2017/10/30

シエリー 2017/10/30

かずさ 2017/10/29

ここあママ 2017/10/29

モコっしゅ 2017/10/29

てんてる 2017/10/29

鷹子 2017/10/29

むーんたん 2017/10/29

由美きち 2017/10/29

hhhn 2017/10/29

わたみん 2017/10/29

chocomaru 2017/10/29

コナニャー 2017/10/29

Chihiro17 2017/10/29

ハッピー 2017/10/29

wsnmama 2017/10/29

りり。 2017/10/29

ぁぉ 2017/10/29

ぶた猫 2017/10/29

mipinyan 2017/10/28

カリタ 2017/10/28

saryco 2017/10/28

にゃるる 2017/10/28

まるきち 2017/10/28

bhh 2017/10/28

じゅんた 2017/10/28

565656 2017/10/28

ラキシア 2017/10/28

アスー 2017/10/28

ゲシコビ 2017/10/28

グスタフ 2017/10/28

那由多 2017/10/28

mikimaru 2017/10/28

もく&きぃ 2017/10/28

かしす 2017/10/28

judy 2017/10/28

にけねこ 2017/10/28

シモチャン 2017/10/28

koko2828 2017/10/28

ミイクロ 2017/10/28

てくてく 2017/10/28

さくらっぴ 2017/10/28

ゴマ子 2017/10/28

アリママ 2017/10/28

tugu 2017/10/28

miyuhouse 2017/10/28

竹猫 2017/10/28

gattina 2017/10/28

みらくる〜 2017/10/28

いつも一緒 2017/10/28

金太先生 2017/10/28

にゃんたろ- 2017/10/28

コメント(19件)

かしす
2017/10/28
ID:qAbc6DVeO96

こんばんは

御巣鷹山の慰霊登山に行かれたのですね。

当時 私は中学生だったでしょうか…
それでも意味がよくわからず、少し理解できたのは大人になってから。
今でも理解できてるの?と聞かれたら理解できてない、ですね。

関係者ではないのに慰霊登山に行かれたこてぷさん、頭が下がる思いですよ。

最近のネコジ 「死ね」「くたばれ」の文字みかけます。
日記を書いた人の怒りや悔しさはわかりますが、読んでいで気持ちのいいものではありません…このコメントを書くにあたって「死ね」などが書かれた日記を再度読み返そうと思いましたら削除されていました…

私も、人に偉そうな事を言える日記は書いてないし、基本ネコジには楽しみに来ています。

その中で闘病日記や、保護活動されている方の日記は、頑張ってくださいという気持ちで拝見さていただいてます。

今回のこてぷさんの日記も、読んでいで胸が詰まるような気持ちになりました。
悪い意味ではないですよ。

文章が下手なのでうまくコメント出来なくてすみません。

こてぷ
2017/10/28
ID:xOsDsG8ADZY

こんばんは。

こんなコメントし辛い内容にありがとうございます。
コメントなんて来ないと思っていました^^;
そして長い文章を読んでくださりありがとうございました。

私自身、以前の日記でカシスさんや他の方に「自分のコメントは他の方の目にも触れる」と教えていただきました。
今日の日記もUPするかどうか、何度も何度も考えました。
何度も何度も何度も、読み直しました。

ネコジルシでは規約の範囲内ならば、日記もコメントも自由です。
ただ自由とは責任が伴うことだと思っています。

色々な方、色々な日記、色々なコメントがあることが嬉しいです。
楽しいことばかりではないでしょう。
考え方の相違でぶつかることもあるかもしれません。
色々な人がいて、色々な考え方がありますから。
たった一つの答えしかないということは、ないと思います。

お互いの考えを認め、尊重し合い、自由にネコジルシを楽しみたいですね。

まさにネコがそうやって自由に生きている気がしませんか?^^
ぺったん ぺったん したユーザ

Feyfey 2017/11/09

ぼん太郎 2017/11/04

GoRoroku 2017/11/01

てんてる 2017/10/29

かしす 2017/10/28

ぺったん ぺったん したユーザ

ぼん太郎 2017/11/04

GoRoroku 2017/11/01

てんてる 2017/10/29

コナニャー 2017/10/29

ぶた猫 2017/10/29

こてぷ 2017/10/28

いつも一緒 2017/10/28

アスー 2017/10/28

アスー
2017/10/28
ID:83pfbVFhn2o

こんばんは

御巣鷹山への慰霊登山参られたのですね、ご苦労様です。
私も当時はよくわかってなくて、家族でちゃぶ台で
晩御飯食べていてもずっとニュースがやっていて。
小6くらいのお姉ちゃんが助かった!良かった!と
思ったのはすごく覚えてます。
私も理解できたのはもっと後、きちんと理解できているかと
言われたらそれも自信がありません。

「死ね」「くたばれ」
他人の日記に書かれたものなのでその方の思いもあるし、仕方ない、
その人の勝手だし、とは思うけれども。
それを読みたいかと言われたら、私もすごく嫌です。

色々考えさせられる深い日記でした。
答えがまとまらないままコメント書いちゃってますが、
本当に読めて良かったです、書いて下さってありがとうございます。

こてぷ
2017/10/28
ID:xOsDsG8ADZY

こんばんは。

長い文章を読んでくださりありがとうございました。
コメントもし辛かったのではないでしょうか^^;

アスーさんが以前おっしゃっていたことが、深く私の中に残っているんです。
「息子が見なくて良かった」

そうなんですよね。
ここはユーザー、そのご家族、登録、ログインしていない方
あらゆる方が見ている場所です。

私のこの日記も内容、画像すごく考えました。
明るい内容ではありませんので、不快に感じる方も必ずいらっしゃる。

でも、お話をしていただけた関係者の方に伺ったところ
日記のUPを了承して頂けたんです。
そのことがとても嬉しく背中を押してくれたような気がします。

己の自由は時として他者の自由と衝突します。
相手の自由を尊重せずに、自分の自由ばかり貫いていては孤独になるだけなのではないかな。

なんだか言ってることが難しいですよ;

こちらこそ拙い日記を読んでくださりありがとうございました。
ぺったん ぺったん したユーザ

GoRoroku 2017/11/01

てんてる 2017/10/29

アスー 2017/10/28

ぺったん ぺったん したユーザ

GoRoroku 2017/11/01

こてぷ 2017/10/28

ラキシア
2017/10/28
ID:cF8roAuqHz6

(〃´・ω)ノ コンバンハ♪

御巣鷹山へ登られたのですね…
あの事故は…最初"私とそう変わらない歳の子が救出された"としか記憶にないのです…
でも、年数が経ち、あらためてテレビの番組で見た時、また当時のショッキングな写真を見る機会があった時に…涙が止まらなくなった程…
大変な事故だったとわかり、知ろうと色々調べました
近ければ私も慰霊登山に行きたかったです
そんな思いを抱き、登る方も多いのでしょうね…

最近、なかなかログイン出来なかったりするもので、なかなか日記も拝見出来ません
そんな言葉が…飛び交ってるのですか?
どのような事があり、出た言葉なのかはわかりませんが…
なんだか悲しいですね…

私も年を取り、小さい頃から知ってる人が大分減りました
すごく年上の人だけでなく、まるで姉のように慕ってた友人のお姉ちゃんも、兄弟のように育ったイトコも逝きました
自らその命を終わらせた人もいました
事故ではないけれど、田舎で昔、無差別殺傷事件があり、知ってる方が刺殺されました
私が初めてロウバイの存在を知り大好きになったキッカケをくれた人でした
なので、ロウバイは大好きだけど…決して買わない花となりました
沢山の色々な別れを経験し…

そんな言葉は気軽に公の場でつかうべきものではないと思います

私は…若い時に無駄に苦しんだので、後は笑って過ごしたいと思ってます
いつ病気や事故でいってしまうかわからないのだから、いつか私が死んだ時に、皆が思い出してくれる私が笑顔の私だったらいいなと思って…

なので、このネコジが、いつも笑顔溢れる場…ではなくでもいいので、そんな嫌な言葉が飛び交う事のない場であったらいいなと思います

ん~、何か…何を云いたいかわからなくなっちゃいました(´ー`A;)ヒヤリ・・
意味不明だったら申し訳ないですm(。_。;))mペコペコ

こてぷ
2017/10/29
ID:xOsDsG8ADZY

おはようございます。

コメントありがとうございます。
私も、たまたま県内だったから通えているのだと思います。
登山しようと強く思い始めたのはご遺族がだんだんと高齢となり、
行けなくなってきたということを知ってからです。
ならば近い私たちがお線香をあげられるのでは、と。
この事故に限らず、震災や事件で一番悲しいのは風化してしまうことかな。

どの方も、おっしゃりたいことはわかるんです。
ただ、ネコの命を救おうと必死なのに他はどうでもいい、では
救えるものも救えなくなる時が必ず来ます。
命に優劣はないはずです。

ロウバイ、色の少ない季節に楽しませてくれるお花ですが
悲しい思いと繋がってしまうのですね。
ここにいる誰もが辛く悲しい別れを経験なさっていると思います。
自分だけが苦しいわけではない。

私の中でラキシアさんは、おっしゃるようにいつも笑っていらっしゃいます。
そういう日記は読む前から楽しみだし、身構えずに読ませていただけます。
お身体も大変なはずなのに。

相手を思う、思いやる。
そうするだけで、これほどまでにギシギシと軋むとこはないと思うのですが。

いえいえ、貴重なお話をありがとうございました。
ぺったん ぺったん したユーザ

GoRoroku 2017/11/01

てんてる 2017/10/29

ラキシア 2017/10/29

ぺったん ぺったん したユーザ

Feyfey 2017/11/09

GoRoroku 2017/11/01

てんてる 2017/10/29

こてぷ 2017/10/29

ぁぉ
2017/10/29
ID:m9T8jlUd7Dc

こんばんは

御巣鷹山に登られたのですね。
テレビでしか見たことがありませんが
かなり厳しい場所だったのは記憶して
います。整備されているとはいえ大変
だったでしょうね。
ほんとにご苦労様でした。

私は小さい頃に大事な人を亡くしまし
た。どんなに月日が流れても悲しみが
終わる事はありません。遺族の方々の
気持ちを思うと辛いです。

ネコジルシの日記…たまに見ますね。
激しい言葉は、対象となる方だけでな
く、つい読んでしまった自分にも刺さ
り気が滅入ります。
まぁ
私も感情的になり反省する事が多々あ
るので偉そうに言えません。
好きに書いてる日記だけれど気をつけ
ようと思いました。

こてぷ
2017/10/29
ID:xOsDsG8ADZY

おはようございます。

コメントありがとうございます。
この機体は大阪へ向かう便だったので、事故は群馬県でしたが
亡くなった方は西日本の方も少なくなかったと思うんです。
外国の方もいらっしゃいます。
当然、ご遺族も遠方の方。

お爺さんは、「行かずにはいられない」そんな感じでした。
年齢を考えれば、もっと手前の慰霊の園まででも充分だと思うのですが
強いご意思がおありなのだと、今書いていても泣きそうになります。

色々な方がいらっしゃるし、色々な考え方があって当然です。
たまには愚痴日記も良いと思います。

「嫌なら見るな」も良く聞きますが、それは先延ばしにしただけで解決にはなりません。
殺伐としたネコジルシへと突き進んでいって欲しくなかったので
生意気な日記を書かせてもらいました。

こんな長文をお読みくださりありがとうございました。
ぺったん ぺったん したユーザ

てんてる 2017/10/29

ぁぉ 2017/10/29

ぺったん ぺったん したユーザ

てんてる 2017/10/29

こてぷ 2017/10/29

シモチャン
2017/10/29
ID:d7T9MdlZfSE

おはようございます。

季節は移り変わり山々が急に色好き始めましたね。
御巣鷹の尾根に昇られて来たのですね。
お疲れさまでした。

あの日はとても暑い日で、車のラジオから流れて来たニュース速報に思わず耳を傾け「大変な事が起こった」と戦慄したのを今でも鮮明に覚えています。航空関係の仕事しておりますので、人ごとではありませんでした。

幸いにも4名の方が救助されましたが、520名と言う尊い命が失われることとなりました。

決して発生してはいけない大事故・・二度と起こしてはいけない。
いくら細心の注意を払っても事故は起こります。
あの日以後も、航空機事故が無くなる事はありません。

人間が作り出した巨大な機械、我々の日常を便利にし、繁栄をもたらしている事には間違いありませんが同時に、我々の生命を脅かしている存在でもあります。

人が作り出したモノは、全て安全だとは誰も言えないのです。
車、船、飛行機、自転車・・常に危険と隣り合わせなのです。
我々は、それをシッカリと意識して日々を過ごさなければなりません。

決して事故は起こさない。起こさせない。
この強い意志が、御巣鷹の尾根に眠る人たちへの一番の供養になるのではないかと思います。

こてぷ
2017/10/29
ID:xOsDsG8ADZY

おはようございます。

コメントありがとうございます。
お仕事が航空関係でいらっしゃるのですね。
登山している方々も、そういう団体さんも割と多くお見かけします。
学生さんもいらっしゃいます。
忘れない為にも、授業の一環として来ているのかな、と想像します。
いえ、事故より後に生まれたからご存知ではないのかもしれませんね。
お若い方々が多いです。
ピクニック気分な様子は否めませんが^^;

おっしゃる通り、
「空の安全を守り続けることこそが、なくなる必要のなかった方々への
最大の供養となる」
と頂上の碑に書かれています。

便利が当たり前のようについつい生活してしまいがちです。
常に気を張りつめて生きて行くことは難しいですが
ふとした時に思い起こすことは重要ではないかと思います。
それだけでも、多くの方がそうすることで安全と便利が調和してくれるような気がします。
ぺったん ぺったん したユーザ

GoRoroku 2017/11/01

ぺったん ぺったん したユーザ

GoRoroku 2017/11/01

こてぷ 2017/10/29

てんてる
2017/10/29
ID:/PUwCQRz.X.

こんばんわ。
はしめまして(^ ^)

あの頃の私は 15歳ぐらいでした。
毎日、毎日テレビで
報道でしていたのを覚えてます。

とても とても
みんな怖かったのだろうなぁ… て
想像絶する恐怖…
死を直面にしている乗客の人たちと
遺族の方たちが泣き叫ぶのを観て
自分も怖くて
泣いてしまった記憶があります。


こてぷさんの日記を読んで

すべてに同感を致しました。

かっこいいなぁ=(^.^)= って

思いました🎶

きっと
同じように思ってる方が
たくさんいます。

私たち大人が
我が子供たちに

『人を傷つけるような事を
言ってはいけないのよ』

と、教えていく立場であります。

人の口には
戸は立てられません

私もそんな人間のひとりですが

【口より出せば世間】
【口は災いの元】

使う言葉には
気をつけなければ… と思います。

こてぷ
2017/10/29
ID:xOsDsG8ADZY

ちょっとー?てんてるさーん???
はじめましてじゃないですよー?
あずきご飯(ジャー)が大好きな、こてぷですよー?
そして以前メッセいただいてますよー?
4匹目はずんだなんでしょう?(笑)

あ、こんばんは。
↑に書いたことはお気遣いなく~★

こんな長文を読んでいただきましてありがとうございます。
当時15歳くらいということは、緊迫感や絶望感のようなものも
ご記憶にある、ということでしょうか。
私には想像もつきません;
多少の再放送はあったとしても、ごく一部ですし
詳細がわかっていくうちに増す皆さんの悲壮感を思うと・・・;

読み返すと、随分偉そうなことを書いているなと思います^^;
ネコジルシは自由だけど、だからこそそれぞれの方の
判断に任せられる範囲も大きいです。
子どもには見せられないようなサイトには、なって欲しくないですね。

コメントありがとうございました。
あ、同じコメントが二つあったので一つは削除させていただきました。
ぺったん ぺったん したユーザ

てんてる 2017/10/29

ぺったん ぺったん したユーザ

GoRoroku 2017/11/01

こてぷ 2017/10/29

てんてる
2017/10/29
ID:/PUwCQRz.X.

はい♥️

はじめて ではありません 笑笑

気付いた時には
すでに遅し💧 でした。

猫さんの名前でも
お話してるかと思います? たぶん。

失礼致しました
(*☻-☻*)
ぺったん ぺったん したユーザ

こてぷ 2017/10/29

ネコが7ひき
2017/10/29
ID:5LlGWKZiAyg

こてぷさん、こんばんは。
思いが伝わる素晴らしい日記です、コメント残させていただきます。

私は当時、中2か中3、地理的には離れており、実感としてなかったのですが、その翌日にイベントで屋外ステージで演奏する機会があり、どうぞ亡くなられた方々に届きますようにと空を見上げ祈りながら演奏したことをよく覚えています。

御巣鷹山に行かれる遺族の方々が高齢となり、というニュースは見たことがあります。代わってお線香をと、こてぷさん、素晴らしいです。

殺伐とした言葉は、ネットで、スマホで、子どもたちにも及ぶようになってしまい、年頃の子どもたち相手に、いろいろ忠告したりお説教したり、Twitterアカウント止めさせたり、、、この数年大変です。公に載せる言葉に責任を持ちなさいと。

ネコジルシの日記は、猫がかわいくて、看病や保護活動を応援して、時に、虹の橋に行った子を思う、、、私はそんな日記にぺったんしてくることが多いです。
この愛らしい命を、大事にしてあげたい。それだけでいいんですけどね(今、私の足の毛布の上😹)

とりとめがなくてごめんなさい。

こてぷ
2017/10/30
ID:xOsDsG8ADZY

おはようございます。
コメントありがとうございます。

御巣鷹山は田舎の群馬の中でも更に田舎、本当に山の中なんです。
付近はコレといった名所や名物もなく、
交通も不便で車がなければたどり着けません。

お盆のころは少しは人が来るかもしれませんが
他のシーズンは静かすぎるくらいです。
静かに眠っておられると思えばいいのかもしれませんが
それでもご遺族が来られなくても「あなたたちを忘れてはいるのではない」
とお伝えしたくて登っております。
無関係の私も忘れてはいませんよ、と付け加えさせてもらっています^^

私は群馬出身で行けるのが御巣鷹山でしたが、震災や大事故、事件など
ご遺族、関係者でなくても手を合わに行っておられる方も少なくないのではと思います。


幼稚園・保育園に通い始めた子が「ばかー」なんて言おうものなら
「どこでそんな言葉覚えたの!」なんて捲し立てますよね。
そのばかは、こういう所で覚えるのかなんて場所になって欲しくないんです。

気持ちの中では私だってそういう言葉を使います。
それくらい許せないことだってある。
ただ、公でストレートに表現するというのは子どもに「ばか」を覚えさせる行為だと思います。
実際、お子さんも見ておられる方もいますし。
そのお子さんが別の場所で「死ねばいいんだ」なんて使い始めたら・・・。
大人は何と釈明すれば良いのでしょうか。

こんな生意気な日記、今すぐにでも非公開にしたいくらいです。
でもそれは私が責任から逃れる行為だと思いますので
どんな不満を抱かれ、不平を言われようとも全てお受けするつもりでおります。
それが、自由と背中合わせの責任だと思っております。

とんでもありません。
読んでいただき、コメントし辛い内容にも関わらず書いていただきました。
それだけでとても嬉しいです。
ありがとうございました。
ぺったん ぺったん したユーザ

GoRoroku 2017/11/01

ぺったん ぺったん したユーザ

GoRoroku 2017/11/01

こてぷ 2017/10/30

あずもち
2017/10/30
ID:nOZU02OdscQ

山登りを始めて1年、御巣鷹は同じ県内ではありますが、まだ行ってはいません。私が行ってもいいのかどうか・・・と感じていたからです。
こてぷさんもご遺族だろうなと一目見てわかる方とすれ違い、みんな共同体のようなそんな中、「興味本位で登ってきたのか」とか思われるんじゃないだろうかなどど、勝手に考えてしまったからです。

しかしこてぷさんの日記を読み、同じ県民としてできること。
それは30数年経ち、ご遺族の方がが慰霊登山に来れなくなる事、事件の風化・・・それをさせないようにするのも今、生きている私たちのできることではないかと。
あの時、私は18歳でした。
夏のお盆の時期、コミケなどと重なり知っている作家さんが数名無くなったのが非常に衝撃でした。ニュースから流れる映像は今も忘れることはありません。
いま、縁あって神社や仏閣にも足しげく通うようになり、神仏のありがたさを感じられる歳にもなりました。
慰霊に訪れる時期がきたのだろうと思います。

ひどい言葉を投げかける人は、少なからずいますね。そういう日記はあえて開けないようにしていますが。
猫を大事に想い、人を傷つけてしまうこと、ありますよね。気持ちはわかりますが、自分とみんなも同じという事はありませんからコメントするかたはこてぷさんのいうとおり、「公の場」であることの自覚をもってもらいたいですね。
言葉の暴力は力の暴力より心を傷つけます・・・
猫好きな集まりの場としてこれからも楽しい記事(ほろりでもOK!)の場であってほしいですね。
長文。。。失礼しました。

こてぷ
2017/10/30
ID:xOsDsG8ADZY

こんばんは。
コメントありがとうございます。

あずもちさん登山なさるのですね^^
でしたら御巣鷹山おすすめですよ。
変な言い方ですが、もしかしたら普通の山より気軽に行ける様になっていると思います。(必ず人が集まる日があるが故に)

日頃、運動なんて皆無の私ですら数十分で登り切ります。
墓標はあちらこちらにあり、細かく周ると時間がかかります。
お線香も用意され(指定場所以外では山火事防止の為禁止です)
駐車場も10台くらいは停められます。

私の考え方なのですが、犠牲者の方、ご遺族は来てほしいと思っておられるのではないかと思います。
すれ違う時にひしひしと感じます。
自分がその立場であっても、そう思うと思います。
遺族のみ立ち入る場所だったら、やがては皆高齢となってしまいますし
訪れる方もまばらでさみしくなります。
何よりの供養は同じ過ちを繰り返さないこと、そして忘れないことではないでしょうか。
その為には遺族かどうかは関係なく、残された者が出来ることを考え、為していけばいいのでは、と思っております。

仲の良い猫友さんと話していたとしても、多少の意見の相違はあったりします。
全てが同じ人なんていない。
だからこそ良い社会になって行くのではないか、、、なんて理想ですけどね^^;

わわ、私こそ長くなりました;
お読みくださり、ありがとうございました。
ぺったん ぺったん したユーザ

GoRoroku 2017/11/01

あずもち 2017/10/31

ぺったん ぺったん したユーザ

GoRoroku 2017/11/01

こてぷ 2017/10/30

あずもち
2017/10/31
ID:nOZU02OdscQ

御巣鷹登山で調べました。
車で走る方が長いですね、そして駐車場から確かにあっという間に・・・
ご遺族の方も高齢になり整備してきた結果なんでしょうね。
前橋自衛隊駐屯地の方々も行っているようで、そのHPからはなんと、グーグルマップのストリートビューで登山道が見れました。すごいなぁ。
今年はもう冬も近いので春咲きにでも計画立ててみようと思っています。

こてぷ
2017/10/31
ID:xOsDsG8ADZY

こんにちは。

そういえば自衛隊の方々とすれ違いましたよ。
どこ所属かなんてわかりませんでしたが、
先頭と後尾数名以外の15名くらいは、おそらく事故後に生まれた年齢の方々。
若い隊員の方ばかりでした。
ゆるやかな道を譲っていただき、険しい道へ方向転換してくれました(笑)

最短で登ると本当にあっと言う間です。
細くあちらこちらに小道が伸びています。
どう遠回りしても行き着く場所は同じです。

「ここを曲がると御巣鷹山のみ」という分かれ道から(車で)かなり長いです。
更に登山口手前の数キロは車の対向がやっとです。
沢も近くにありますので、そこが一番大変かもしれません^^;

草が茂る季節、雨が降るとのそのそとヒキガエルが出てきました;
すごい数;

本当に、手ぶらで行けます。
獣害があるので供物は禁止ですし、お線香も杖もあります。
ただ私は、コーヒーの香りのするお線香を持参しました。
一服してもらいたいな~と思ったので^^
今はお花の香のするお線香もあったりするので、おすすめです。
お花好きな方もいらっしゃったと思いますから。
ぺったん ぺったん したユーザ

あずもち 2017/11/01

GoRoroku 2017/11/01

ぺったん ぺったん したユーザ

こてぷ 2017/10/31

こてぷさんの最近の日記

ステキのおすそわけ。

昨日、全国魅力度ランキング2017 第47位の茨城県にあるオサレなお家にお邪魔させてもらいました。 ラスクをお土産に。 ちなみに群馬県はなんと41位に急上昇↑ 一体何があったのでしょうか。 ...

2017/11/16 202 16 52

あなたの白黒さん

に、わたしの白黒さんが!!!! イミフー(*´∀`) すみません、つい嬉しくて。 以前、judyさんがご自身の日記でUPしてくださった 「白黒さんいらっしゃい」というもの。...

2017/11/08 213 8 72

真空パック機で

こてトーーーーーク! 🎶ズンチャチャ・ズンチャ・ズンチャチャ・ズンチャ🎶 ♪マイ マイ マイ マイ・・・・・・♪ 果たしてどれだけの人に伝わったかしら。 アメトークのノリ...

2017/11/06 252 18 72

おちりNo.8 食欲の秋

組合長、組合員、並びにネコジルシユーザーの皆様、こんばんは。 散々暴れまわって行った台風ですが、まだまだ地盤には大量の雨水が含まれています。 特にお家や職場が斜面の近くにある場合などは、充分に...

2017/10/24 145 28 52

ニャンモックINは突然に。

こんばんは。 毎日朝から、お隣さん家がメッチャ怖いCTP家です。 我が家では無用の長物となりつつある様々なタイプのニャンモック。 タワー付属タイプ、紙管タイプ、ことごとく惨敗して参りまし...

2017/10/16 214 25 77