lemonbalm

愛媛県 60代 男性 ブロック ミュート

うちのネコ「モモ」は、最近目が見えなくなりました。昔はゴキブリ取りが得意でした。 モモの日記を、子猫の時から順を追って作成しています。 私は生物化学の研究者です。猫の生態学も勉強しています...

タグ

日記検索

友達(0)

友達がいません。

My Cats(2)

}
Nora

Nora


}
モモ

モモ


もっと見る

lemonbalmさんのホーム
ネコジルシ

野良猫の避妊、去勢は地域の実情に合わせて慎重にしてほしい
2022年1月6日(木) 400 / 9


昨年モモが病気になりそれまでのペットフードが食べられなくなったので、近くの野良猫を保護している場所(野良猫保護地)の野良猫達にあげました。それを機会に、野良猫達との交流が始まりました。

1.山の野良猫


この野良猫保護地は、市街地から車で30分ほどの所にある山の中です。野良猫の生活環境は、市街地とずいぶん違います。いろんな事情の猫がいます。一番多いのは、街から車で運ばれて捨てられた猫ですが、野良猫から生まれた者もいます。もっと山奥には、完全に野生化した野猫もいるはずです。
野良猫たちは地元の人が世話をしていますが、人に懐かない者もいます。
タヌキ、ハクビシンなど野良猫と対立する野生動物がいます。彼らは、野良猫が人から貰った餌を奪いに来ます。猫たちは野生動物と戦わなければいけません。


問題は、雄猫の去勢です。
猫の避妊・去勢、手術時のダメージが大きいのは雌猫ですが、手術後の心身への影響が大きいのは雄猫です。
雄猫は去勢されると、すっかりひ弱になります。

去勢前



去勢後


猫とタヌキのバトルというと笑っちゃいそうですが、現実は生存をかけた厳しい戦いです。
去勢された雄猫は、厳しい自然環境の中で生き抜く力を失います。


2.雄猫の去勢は、猫の出生を抑えるうえで効果がない
野良猫の出生を減らすため去勢が必要だと思われがちですが、実はその効果はほとんどありません。
この図は、避妊または去勢によって、猫の出生がどれだけ抑制できるかを表したものです。


避妊、去勢を全然しなかった場合を100として、避妊または去勢によってどう変化するかを示しています。
雌猫だけを避妊させた場合、避妊率の増加に伴って出生率は減少します。50%の雌猫が避妊すれば出生は半分、80%が避妊すれば出生は20%になります。100%避妊すれば出生は0です。
一方、雄猫だけを去勢した場合はどうでしょうか?
雄猫を80%去勢しても、90%去勢しても、猫の出生率は変わりません。
なぜそうなるのでしょうか?
それは猫の生態によるものです。
発情した雌猫は、雄猫を呼び集める力は非常に強いです。
近くに雄猫がいなければ、山から、海から、隣町から呼び寄せます。
発情は妊娠するまで続きます。
仮に殆どの雄が去勢されたとしても、僅かに残った生殖能力のある雄を見つけ出し、交わり、妊娠するのです。
日本中のすべての野良猫、野猫を去勢しない限り止めることは出来ません。そしてそんなことは、許されません。
猫の出生は、雌猫には気の毒だけど、雌猫サイドでコントロールするしかありません。
雄猫サイドでしようとするのは、いたずらに雄猫を傷つけるだけです。


3.雌猫の避妊
人が多少とも世話をしている野良猫の避妊は必要だと思います。
山の野良猫は、避妊しなくても増えることはありません。なぜなら大部分の子猫が死ぬからです。抵抗力が弱くてよく病死します、今の時期、多くが凍死します。春の発情で生まれた子はなんとか冬を越せますが、夏の発情で生まれた子はほとんど凍死します。
そのような可哀想な子猫を出さないために、避妊は必要だと思います。
しかし人間社会からほとんど自立して、自然の中で生きている猫に対して、どこまで関与するべきか判断が難しいです。全く介入しないほうが良いのかもしれません。

4.野猫、日本猫
野猫は、古い法律がそのまま残っていて、環境省はいまだに害獣扱いしています。
野猫の実態は殆どわかっていないのです。地域によって、状況が全く違います。南の島嶼部は、比較的野猫が繁殖しやすい環境ですが、四国は、タヌキ、ハクビシンなどの競合相手が多く、最も繁殖しにくい環境です。私は、タヌキ、ハクビシンを時々見ますが、野猫をまだ見たことはありません。

日本猫のルーツは分かっていないことが多いです。最近、弥生時代の遺跡から猫の骨が発見されました。日本猫は相当古くから日本人と一緒に暮らしていたことがわかりました。
日本猫の生態も分かっていないことが多いです。
野猫は、日本猫の生態やルーツを知る上で大変貴重です。みだりに人が手を加えるべきではありません。
これまでハクビシンは外来種とされ、野猫と同様害獣扱いでしたが、最近の研究で日本固有の種である可能性が出てました。
国も民間も、安易な決めつけをしないで、十分な調査、研究のうえで慎重に行動してもらいたいです。





6 ぺったん ねーちー ねーちー さざナミ さざナミ チー&サチ チー&サチ AAD AAD 黒猫うめ 黒猫うめ なんちゃって親父 なんちゃって親父
ぺったん ぺったん したユーザ

ねーちー 2022/04/17

さざナミ 2022/02/27

チー&サチ 2022/01/07

AAD 2022/01/07

黒猫うめ 2022/01/07

ぺったんするにはユーザログインが必要です。

ログイン・ユーザー登録
 ぺったんとは

日記に共感した時に、投稿者へ思いを伝えられるのが「ぺったん」にゃ。
気軽にご利用くださいにゃ。
レッツぺったん!!

※誰が「ぺったん」したか公開されますムーチョ

Facebookでシェア Twitterでシェア はてなブックマークに追加
コメント([[comment_cnt]]件)
削除されました

[[parent.data.user_name]] [[parent.data.user_name]]
[[parent.data.create_date_disp]]
ID:[[parent.data.ip_hash]]
削除

[[child.user_name]] [[child.user_name]]
[[child.create_date_disp]]
ID:[[child.ip_hash]]
削除

ぺったん ぺったん したユーザ

[[user.user_name]] [[user.create_date]]

lemonbalmさんの最近の日記

ステネコとタケノコ、発想の転換が大切 (野良猫日記18)

5-6月は、捨て猫(特に子猫)が、最も多い時期です。 この猫は妊娠して、去年の今頃、お腹の子ごと自分も捨てられてしまいました。 捨てられた数日後に子猫を生みましたが、すぐに死んでしまいました。 ...

12時間前 112 2 7

大変だ!ネコ増えてます。 (野良猫日記17)

私は、昨年11月にひとり娘のモモを亡くし、一人寂しく暮らしていました。 今年2月15日、死にかけていた野良猫「Nora」を見つけ、うちに連れて帰りました。 Noraは二番目の娘となり、親子ふた...

2022/05/22 321 3 17

ヨーロッパの魔女狩り、猫がたくさん殺されました(野良猫日記16)

16世紀から17世紀のヨーロッパの魔女狩り、実は猫もたくさん殺されました。 当時、人々は怪奇な自然現象や疫病を非常に恐れ、それを悪魔の仕業であると信じました。 そして猫は、魔女の化身だと思われてい...

2022/05/14 431 9 9

猫の「ゴキブリ取り訓練所」 (野良猫日記15)

猫を減らすのではなく活かす(生かす)、いつもそのことを考えています。 かつて、猫は家の守り神でした。 人が一年間苦労して作った農作物を、ネズミから守ってくれました。 ネズミがもたらす危険な病...

2022/05/09 388 9 12

猫社会に吹き荒れるファシズムの嵐「TNR」(野良猫日記14)

ロシアのウクライナ侵略、中国の覇権主義と少数民族ジェノサイド、世の中狂ってきています。 日本は一見平和なように見えます。しかし、野良猫の社会は大変なことになっています。 TNR(野良...

2022/05/05 402 7 7

保護活動を騙った猫の虐待を許さない! (野良猫日記13)

野良猫たちを食い物にした悪徳商売、虐待が跡を絶ちません。 この偽愛護団体。 https://www.change.org/p/%E6%84%9B%E5%AA%9B%E7%9C%8C%E8%AD%A...

2022/04/30 363 2 16

世界に誇るべき日本猫 (野良猫日記12)

日本猫は、弥生時代から続く世界で最も古い歴史を持つ種です。 http://iki-guide.com/?p=1721 欧米の純血種の歴史はせいぜい数百年、日本猫は2千年。 その間、他の種と交わる...

2022/04/24 314 2 5

TNRで死にかけた猫、その後 (野良猫日記11)

真冬にTNRされて死にかけていた2歳の野良猫。  あれから2ヶ月たちました。 https://www.neko-jirushi.com/diary/266823/ 一時はどうなること...

2022/04/16 454 4 21

殺処分と無差別なTNRをなくそう!後編 (野良猫日記10)

前編では、猫の殺処分の状況を、「保健所などに引取られる猫の数」と照らし合わせて検討しました。 https://www.neko-jirushi.com/diary/269526/ 後編では...

2022/04/14 337 0 9

殺処分と無差別なTNRをなくそう!前編(野良猫日記10)

保健所などに引取られた猫がどれだけ殺処分されるのか、また年々の推移はどうなっているのか、わかりやすい資料があまりありません。 そこで、環境省統計資料:https://www.env.go.jp/na...

2022/04/10 241 0 7