lemonbalm

愛媛県 60代 男性 ブロック ミュート

うちのネコ「モモ」は、最近目が見えなくなりました。昔はゴキブリ取りが得意でした。 モモの日記を、子猫の時から順を追って作成しています。 私は生物化学の研究者です。猫の生態学も勉強しています...

タグ

日記検索

友達(0)

友達がいません。

My Cats(2)

}
Nora

Nora


}
モモ

モモ


もっと見る

lemonbalmさんのホーム
ネコジルシ

TNRの被害者/病気の野良猫 (野良猫日記6)
2022年2月18日(金) 628 / 14



この子は野良猫、2歳の雌です。病気で体重が1.9kg未満です。
子供を産める体ではありません。
TNR活動家に連行され、避妊手術をさせられました。

この子は、子猫のときにカリシウイルス感染症を思われる病状が出て、それが現在まで続いています。
体が小さいのは、子猫のときに感染症が原因で成長が止まってしまったからです。
この様な場合、おとなになる前に死ぬのですが、この子は0歳の冬を乗り切り、生きながらえました。



海辺の倉庫跡に他の野良猫たちと一緒に暮らしています。
普段、年配の男性が餌やりをしています。

1月末の一番寒い時期に、TNR活動家がこの子にむりやり避妊手術をさせました。

手術後のダメージは大きいです。それにお腹の毛を剃られて、寒さを防げません。
この時期、子猫と病気の猫は、よく凍死するのです。

猫は人間以上に寒がりです。それでも外でなんとか生きていけるのは、厚い毛皮があるからです。
それを刈られてどうやって寒さを防げと言うのでしょうか?


最近、他の地域で大規模なTNRが行われたということを知りました。
その地域でも、野良猫の凍死者が出るでしょう。


私が発見した時、病状はそうとう悪化して、激しい喘息で食事も満足に喉に通りませんでした。
衰弱し、歩くのがやっとでした。
よだれ、目やに、鼻水で顔はベトベトです。ゼーゼー音を立てています。
放っておいたら、間違いなく死ぬと思いました。
私は、この子を病院につれていきました。
そしてしばらく家で預かることにしました。


むやみやたらなTNRによって、多くの犠牲者が出ています。この子は、氷山の一角です。

私には、この子の左耳が「犠牲者のシルシ」に見えます


TNRがなんとなく良いことの様に感じている人が結構いるのではないかと思います。
しかし、実際のTNR現場の惨状を見たら、きっとその考えが変わるはずです。


誰にも迷惑かけずに保護地でおとなしくしている猫たちを一斉捕獲したり、妊娠している猫のお腹を割いたり、彼らの行動は常軌を逸してます。





さくら猫TNRを推める「どうぶつ基金」のキャッチフレーズ
「成功の秘訣は 1.スグやる 2.全部やる 3.続ける」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000033795.html

1.寒い冬でもお構いなしスグやる(凍死しても知ったこっちゃない!)
2.病気の猫でも、妊娠中の猫でも全部やる
3.これでもかと言うぐらい、続けます。


猫が大繁殖して対処しきれない地域でのTNRはやむを得ないかもしれません。
しかし日本国内、猫が大繁殖している場所ばかりではありません。
地元の人が、実情に合った、それぞれの保護活動をしている地域がたくさんあります。
その様な場所に、強引に割り込んでくるTNR活動家と、全国一律にTNRを推し進めようとするどうぶつ基金に反対しているのです。
14 ぺったん お祭り小僧 お祭り小僧 お祭りくん お祭りくん メグミ メグミ チャチョママ チャチョママ にゃん子です。 にゃん子です。 ぱっど ぱっど りょみ りょみ あめちゃ あめちゃ リエアリー リエアリー まろんちん まろんちん こばちゃん1 こばちゃん1 コタンママ コタンママ てんてる てんてる なんちゃって親父 なんちゃって親父
ぺったん ぺったん したユーザ

お祭り小僧 2022/05/03

お祭りくん 2022/02/20

メグミ 2022/02/19

ぱっど 2022/02/19

りょみ 2022/02/19

あめちゃ 2022/02/19

リエアリー 2022/02/19

まろんちん 2022/02/19

こばちゃん1 2022/02/19

コタンママ 2022/02/18

てんてる 2022/02/18

ぺったんするにはユーザログインが必要です。

ログイン・ユーザー登録
 ぺったんとは

日記に共感した時に、投稿者へ思いを伝えられるのが「ぺったん」にゃ。
気軽にご利用くださいにゃ。
レッツぺったん!!

※誰が「ぺったん」したか公開されますムーチョ

Facebookでシェア Twitterでシェア はてなブックマークに追加
コメント([[comment_cnt]]件)
削除されました

[[parent.data.user_name]] [[parent.data.user_name]]
[[parent.data.create_date_disp]]
ID:[[parent.data.ip_hash]]
削除

[[child.user_name]] [[child.user_name]]
[[child.create_date_disp]]
ID:[[child.ip_hash]]
削除

ぺったん ぺったん したユーザ

[[user.user_name]] [[user.create_date]]

lemonbalmさんの最近の日記

ヨーロッパの魔女狩り、猫がたくさん殺されました(野良猫日記16)

16世紀から17世紀のヨーロッパの魔女狩り、実は猫もたくさん殺されました。 当時、人々は怪奇な自然現象や疫病を非常に恐れ、それを悪魔の仕業であると信じました。 そして猫は、魔女の化身だと思われてい...

2022/05/14 300 6 6

猫の「ゴキブリ取り訓練所」 (野良猫日記15)

猫を減らすのではなく活かす(生かす)、いつもそのことを考えています。 かつて、猫は家の守り神でした。 人が一年間苦労して作った農作物を、ネズミから守ってくれました。 ネズミがもたらす危険な病...

2022/05/09 322 9 12

猫社会に吹き荒れるファシズムの嵐「TNR」(野良猫日記14)

ロシアのウクライナ侵略、中国の覇権主義と少数民族ジェノサイド、世の中狂ってきています。 日本は一見平和なように見えます。しかし、野良猫の社会は大変なことになっています。 TNR(野良...

2022/05/05 351 7 6

保護活動を騙った猫の虐待を許さない! (野良猫日記13)

野良猫たちを食い物にした悪徳商売、虐待が跡を絶ちません。 この偽愛護団体。 https://www.change.org/p/%E6%84%9B%E5%AA%9B%E7%9C%8C%E8%AD%A...

2022/04/30 321 2 17

世界に誇るべき日本猫 (野良猫日記12)

日本猫は、弥生時代から続く世界で最も古い歴史を持つ種です。 http://iki-guide.com/?p=1721 欧米の純血種の歴史はせいぜい数百年、日本猫は2千年。 その間、他の種と交わる...

2022/04/24 304 2 5

TNRで死にかけた猫、その後 (野良猫日記11)

真冬にTNRされて死にかけていた2歳の野良猫。  あれから2ヶ月たちました。 https://www.neko-jirushi.com/diary/266823/ 一時はどうなること...

2022/04/16 433 4 21

殺処分と無差別なTNRをなくそう!後編 (野良猫日記10)

前編では、猫の殺処分の状況を、「保健所などに引取られる猫の数」と照らし合わせて検討しました。 https://www.neko-jirushi.com/diary/269526/ 後編では...

2022/04/14 321 0 9

殺処分と無差別なTNRをなくそう!前編(野良猫日記10)

保健所などに引取られた猫がどれだけ殺処分されるのか、また年々の推移はどうなっているのか、わかりやすい資料があまりありません。 そこで、環境省統計資料:https://www.env.go.jp/na...

2022/04/10 224 0 7

ネコジルシの会員は、マナーとルールを守りましょう

ネコジルシは、他人の悪口を言うためのサイトではありません。 以下の行為は、「ネコジルシの利用規約」(一部抜粋)で禁止されています。 「他人の名誉を侵害する行為」 「特定した形で他ユーザーを中傷す...

2022/04/03 521 0 21

TNRに関する、こんな記事を見つけました。

堕胎した子宮でバケツが満杯に… https://president.jp/articles/-/54828?page=1 https://president.jp/articles/-/5...

2022/03/25 303 0 3