ネコの写真&画像の投稿

何で撮るのがいいの?

いつもスマホで撮影しているけど、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)の方がいいのかな…一眼レフの方がいい写真が撮れるんだろうな…というお悩みもあるかと思います。また、写真がどうしても青っぽく撮れてしまう場合、逆に黄色っぽくなってしまう…という設定に関する悩みもあるかと思います。こちらではそのような内容を紹介しているので、撮影に少しコツを増やしたいと思っている方は、こちらを読んで確認してみてくださいね。

スマホではないもので撮影してみたい

最近の携帯カメラも性能がいい

詳細に比べてしまえばコンデジや一眼に負けてしまう部分の方が多いですが、それでも最近のスマホのカメラは安いデジカメより画質がよかったり、ホワイトバランスやシャッタースピードなどを詳細に設定できるものがあり、確実に性能が良くなってきています。

「写真を撮るなら絶対にコンデジや一眼レフなどのしっかりしたカメラを買うべき!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、高いお金を払ったのに年に数回しか使わず、設定もいじらずに常にマニュアルで撮影…というのであれば、スマホのカメラでどんどん撮影をして、物足りなくなってきた、もっと綺麗なものが撮りたい!と思ってから購入を考えても遅くはないと思います。

撮影するにはまずカメラの選択から入るとは思いますが、自分が使って納得するもの、自分の行動パターンなどを考えた上で、カメラを選んで撮影をするようにしてくださいね。

ホワイトバランスやマクロモードなども利用しよう

写真をそのまま撮影すると、画像の色が暗くなってしまったり、近くで撮ったらピンボケしてしまう場合があるかと思います。その時はホワイトバランスやマクロ(接写)モードなどに設定をして、撮影をするようにしましょう。

飼い主のなりすましには気をつけましょう

ピントを合わせる

お使いのカメラによって設定などが変わるので、詳しくはご自身のカメラや携帯を説明書を見ながら、テスト撮影をしながら確認していただきたいですが、一眼やコンデジであればシャッターボタンを半押ししてピントを合わせる、スマホのカメラであればピントを合わせたい部分をタップするとピントを合わせてくれます。

マクロモード

猫の鼻を近くで撮影した場合、ピントが合わずにボヤけた写真ばかり撮れてしまうかもしれません。カメラと撮影するものの距離が近い場合は、マクロモードを使いましょう。

マクロモードは、近くのものにピントを合わせてくれるので、近くで撮りたいのにどうしてもボヤけてしまう…という問題が解消されます。もちろんマニュアルにしておけば切り替えてくれるので、いちいち切り替えるのが面倒くさい方はマニュアルにしておいた方がいいかもしれません。

ホワイトバランス

ホワイトバランスは、カメラのベースの白色の色味を調整することが出来ます。スマホであればカメラの設定部分を開いてホワイトバランス(WB、色かぶりと書いてある場合もあります)を選択をすると、「晴天」「白熱灯」などが書いてあります。ここの調整で、写真を「寒色」「中間色」「暖色」にすることが出来ます。

もちろんマニュアルでも切り替えてくれますが、撮影時に合わせて自分の好きな色味に設定するのも楽しいので、ぜひ調整してみてください。

  • 曇天モード:赤みや黄みを更に増す
  • 晴天モード:赤みや黄みを増す
  • 蛍光灯:一番影響が出にくい
  • 白熱灯:青み

上記のようにモードに分かれていない場合や色かぶりという項目であっても、「黄色(赤)」か「青」を画像にプラスするという形になっています。例えば、曇りの日に写真を撮った場合は、青みが強い写真が撮れることが多いですが、そこで曇天モードにすると、青と反対の赤や黄色の色味がプラスされるので、結果的にちょうどいい色合いに見えるようになります。

黄色が強い場合は青を
青が強い場合は黄色を

プラスしておけば白寄りの色味になると覚えておきましょう。

撮りたい時の環境などによって色味はすぐ変わるので、そのシーンと撮りたいイメージに合った設定をするようにしてくださいね。

赤を強くすると温かい印象に、青を強くするとクールな印象になりますが、あまりにもやりすぎてしまうとせっかくの良い写真が非日常的に見えてしまう場合もあるので、やりすぎないように注意しましょう。

トリミングも覚えておきましょう

写真が上手く撮れた時に、「もう少し猫に近づいたサイズに切り取りたいな…」「ここの部分が少し余計だな…」と思うことがあるかもしれません。そんな時は自分で画像を切り抜き(トリミング)しちゃいましょう!こちらもパソコンやスマホのアプリ、スマホの元々ついている写真編集画面などから行うことが可能です。

トリミング機能もご利用ください

ただ、トリミングをするということは写真を切り取るということなので、写真の画像サイズが小さくなってしまうことは理解しながら、ほんの少しの調整をする程度に考えておいた方がいいかもしれません。こちらも、色味の調整をする場合と同じようにトリミング前の画像は残しておくように気をつけましょう。

「ネコ写に投稿したいけど、写真のここだけが邪魔、でもパソコンやスマホで作業するのは面倒くさい…」と思ってネコ写に投稿して来なかった方は、ネコ写投稿では投稿の際にトリミング表示がされるので、そちらからトリミングをして投稿をすることが可能です♪今まで投稿出来なかった方も、是非ご利用の上投稿してみてくださいね!

猫の上手な撮り方 もくじ