ネコの写真&画像の投稿

撮影時にも注意が必要です

皆さんが猫の写真を撮る時に、気をつけていただきたい点がいくつかあります。
人間であればそこまで驚かないことでも、猫にとってはとてもビックリしてしまうことや、そのことがストレスになってしまう事がたくさんあります。

撮影する時も気をつけましょう

どんなに素敵な写真を撮りたいと思っても、魅力的な猫をアピールしたいと思っていても、猫の安全やストレスが無い撮影が大前提です。あくまでも自然体の猫を撮影するように、何かしたいと思っても嫌がるそぶりを見せたら無理矢理させないなど、あせらずのんびりを心がけましょう。

驚かせないでください

カメラ目線の写真を撮りたいと思った時に、猫にレンズの方に向いて欲しいがために、気を引くように大きい身振りであったり大きい声、大きい音で猫を呼ぶことがあるかもしれませんが、そのような行動は猫を驚かせてしまう確率が高いので、気を引きたくても大きい音や行動をするのはやめるようにしましょう。

元々物怖じしない子であれば問題ないかもしれませんが、突然の音や身振りに驚いてしまう可能性もありますし、臆病な子であればなおさら恐怖を感じてしまうかもしれません。なので、驚かせてしまうかもしれないリスクを負うことはせずに、優しく声を掛けながら気を引いたり、おもちゃを利用しながら撮影するなど、その時の猫の反応を見ながら撮影をするようにしましょう。「絶対撮りたい」という気持ちは出来る限り出さないように気をつけてください

驚かせたり怖がらせないように注意しましょう

シャッターチャンスが運よく訪れて大声を出してしまった!なんてこともあるかもしれませんが、猫がビックリして逃げてしまい、シャッターチャンスを逃してしまうかもしれません。また、シャッター音や携帯の操作音などにびっくりしてしまう子もいるので、怖がらせないように十分注意をした上で撮影するように心がけましょう。

そのたった1回だけ怖がらせてしまったことによって、飼い主さんがカメラや携帯を出しただけで逃げてしまった…なんてこともあるかもしれません。ゆっくりカメラを出したのに、すぐ逃げてしまうようになった、せっかく写真に納めたいのに関係が悪くなるのが嫌だからカメラを出せない…なんて悲しいことにならないように、驚かせたりしないように気をつけながら撮影に臨んでくださいね。

フラッシュは使わないようにしましょう

私たち人間でさえ、目の前でいきなりフラッシュをたかれたら怖いですし、嫌ですよね。フラッシュの光が例え遠くからでも目に直接入ればとても眩しいですし、入っていなくてもなんとなく眩しい、気になる感覚はあるかと思います。それは猫も同じで、フラッシュをたかれたらとても辛いかと思います。突然目の前が眩しくなり、直接目に大量の光が入ってくることになるので、目には相当のダメージを受けるかと思います。

猫はもちろんですが、他の動物を撮影する際も、フラッシュはたかないように気をつけましょう。

フラッシュは使わない方が安全です

カメラとは別でフラッシュが出来るような状態であれば、間接的に壁にフラッシュをたいて明るくする方法もありますが、それが本当に必要なのか、間接照明などではダメなのか、実際やったら猫はどう感じるかを考えた上でフラッシュは使うようにしましょう。あくまでも、猫のストレスを与えない方向で考えて撮影をするようにしてください。

初めて買ってきたカメラや携帯は、どのような設定がされているのか、撮影音がどれくらいの大きさなのか、また、フラッシュ機能が元々設定されている場合もあります。なので、買ってきていきなり猫を撮ったりせずに、植物や適当なものを撮影して確認したり、説明書を読みながら確認をしましょう。そうすることで、買ってきて早速猫を撮ったらフラッシュがたかれてしまった!という可能性が低くなるのはもちろん、使っていると色んな機能も分かるので、まずは試し撮りをしてみるのもおススメです。

無理はさせない、嫌がることはしない

可愛い猫の写真を納めたい!いつもの趣向とはちょっと変えて、オシャレをしちゃおう!と考える場合もあるかもしれません。そこから、「蝶ネクタイをつけたい!」「花冠を載せてあげたい!」「お洋服を着せてあげたい!」と思う方がいらっしゃるとは思いますが、術後服などの場合を除いて、基本的に猫が嫌がったら無理に装着したり着せることはしないであげてください。そのままで撮影をしても、猫の表情は全然嬉しくなさそうにしていたり、怖い顔になってしまうかもしれません。やはり猫は自然体が一番ですので、無理だけはさせないように気をつけましょう。

他にも、服や被り物以外にも、撮影しようとしたら逃げてしまったと言う理由から猫を追いかけたり、このポーズを撮って欲しいから…と強制的に動かすことも出来る限りやめてあげてください。どうしても可愛い写真を撮りたい気持ちも分かりますが、相手はあくまでも自由きままな猫です。無理矢理行動を取らせたことで、大好きな猫との関係が崩れないように、十分に注意した上で撮影をするようにしてください。

無理なことはさせないようにしましょう

もし慣れさせようと思ってカメラを近づけてみたものの驚いてしまったのであればカメラが怖いものではないんだよ、とゆっくり教えていったり、故意でなくても自分が怖がらせるような行動をしてしまったのであれば、その日の撮影はやめるなど、猫のことを思いやった行動を取るように心がけましょう。同時に、撮影に協力してもらえたのであれば、撮影が終わった後に猫に感謝を伝えておきましょう。

チャンスは気長に待ちましょう

写真を撮る側としても、なんとなくこんな写真が撮りたい!と考える方もいらっしゃるかもしれません。対象が人であれば「そこからちょっと右に移動してもらって…」「足を組んでもらって…」と指示を出すことが出来ますが、猫に対して「足を組んでもらって…」と言ってもやってはもらえませんよね。ですが、そのイメージと違う写真が撮れるからと言って、猫を無理矢理動かしたり、変に驚かせたりするのはやめましょう。

無理矢理撮った写真に写る猫は、魅力がない表情で写ってしまっているかと思います。飼い主であるあなたにしか見せない表情は沢山あるはずですし、もっとたくさんの見せ方があると思うので、ぜひ色んな角度からチャンスをうかがうようにしましょう。

チャンスは焦らず気長に待ちましょう

突然訪れるシャッターチャンスを常に見張っているわけにもいかず、かと言ってその瞬間を目の当たりにして慌ててカメラを取り出したはいいものの、大きい動作や声で驚かせてしまった…なんてこともあるので、普段はシャッターチャンスに遭遇して撮影出来たらラッキー!撮影をしようと思って撮影時間にあてている時にシャッターチャンスが来たらもっとラッキー!ぐらいのゆったりとした気持ちで気長に焦らずゆっくりと待ちかまえましょう。

猫の上手な撮り方 もくじ