ネコの写真&画像の投稿

撮影の準備をしよう

準備は先に済ませましょう

撮影をする前に、出来るだけ準備を先に済ませてから猫の写真を撮るようにしましょう。
突然シャッターチャンスが訪れて、急いで撮影をする場合もあるかもしれませんが、撮影者の大きい動作や大きな音、操作の電子音に驚いて怯えてしまい、結果的にカメラや携帯を見るだけで嫌な気持ちになってしまうこともあるかもしれません。そうならない為にも、準備を先に済ませてから、ゆっくりと猫の写真を撮るようにしましょう。

猫にカメラを慣れさせておきましょう

私たちは幼い頃からカメラと接しているので、カメラは怖いものではないということは理解しています。ですが、猫にとっては初めて見る場合が多く、カメラのレンズ部分が目玉のように見え、一眼レフなどであればなおさら、大きい目玉のようなものがこちらに向かってくる、と感じる子も多いようです。そう考えると猫が驚いて逃げたくなる気持ちも分かるのではないでしょうか。

カメラのことを得体の知れない怖いものだと認識されないように、日頃から猫とカメラに触れてもらって、カメラが怖くないものだと教えてあげましょう。もちろん最初から怖がることもなく堂々と写真に納まってくれる子もいますので、猫の様子を見ながらカメラに慣れてもらうようにしましょう。

カメラは見た目もそうですが操作音やシャッター音もなかなか大きいので、気が弱い子はとてもビックリしてしまうかと思います。これも同じく怖くないものだと認識してもらえるように、様子を見ながら慣れてもらいましょう。音を鳴らさずに済む設定があるのであれば、撮影をする前に、設定をして鳴らさないようにしておくことも大切です。

背景を綺麗にしよう

可愛い猫を撮ってネコ写に投稿したい!となったらやることはただ一つ!「さぁ猫を撮るぞ!」と撮ってみたものの、背景にはさっき見ていた書類が…こっちはぐちゃぐちゃすぎる布団が映り込んでいる…など、可愛い猫を撮ったハズなのに、全然目立ってくれない…なんてことがあるかもしれません。

そこをむしろ味として生活感たっぷりの猫を撮ろうとしている、いたずら好きの子がここまでやらかした場面を切り取りたい、趣向を変えて猫を探せ!がやってみたい…という話であれば全然構わないのですが(もちろん安全には気をつけてくださいね)、基本的にメインは猫です。
猫が目立つように、写真を撮る前に背景になりそうな部分にある邪魔になってしまいそうなものは片付けてしまって、背景を綺麗にしておきましょう。

片づけをしておくのはもちろんですが、撮った写真をネコ写などの不特定多数の人が見るSNSや投稿サイトなどに上げようと思っている場合は、書類や壁に貼ってあるもの、また風景などから住所などの個人情報が確実にすぐわかってしまうようなものが映り込まないように注意してください。

同様に、ご自身や子供など、家族と猫を一緒に撮影する場合もあるかもしれませんが、こちらも悪用される可能性が無いとは言い切れませんので、出来るだけ顔などが映り込まないように写真を撮る、顔が映り込んだ写真を撮ったとしても、投稿時のトリミングで顔は見えないように切り取ってしまう、など、出来るだけ配慮をした撮影をするようにしましょう。

テーマを決めてみるのもいいかもしれません

普段撮影をされる時は、飼い主さんが「可愛い!」と思った時や、シャッターチャンスだと思った時にパシャリと写真を撮る方が多いかと思います。もちろんその猫の写真は愛嬌たっぷりで飼い主さんに気を許した姿でとても可愛く撮れているかとは思いますが、たまには何か一つテーマを自分の中で決めて撮影するのも面白いかもしれません。

「元気いっぱいの可愛い部分をアピールしたい」のであれば、寝ているシーンを撮ったりはしませんよね。おもちゃで遊んでいる場面だったり、飼い主さんとじゃれて遊んでいるところ、カメラに向かってパンチをしているのも面白くて可愛いと思います。
逆に、「今回はしっとりした美しさを取り上げて撮影しよう」と思ったのであれば、遊んで駆け抜けている写真はイメージとは違いますよね。

お気に入りの場所でくつろいでいるシーンなのか、外を見ている場面なのか…いっそ綺麗な瞳を写すのか。そんな風に自分の中でテーマを決めると、「上から撮った方が…」「もう少し斜めから撮った方が格好いいかも…」と、どんどん写真に対する面白さが広がっていくと思いますし、そうすることで撮影者が気付かなかった猫の新しい一面に気付くことが出来るかもしれません。

例えその日に撮りたい写真が撮れなくても、また明日!と思えるようなゆったりとした気持ちで撮影に臨むようにしましょう。あくまでもテーマは目安として捉えておいてくださいね。

そしてなんと、現在ネコ写ではテーマに合わせた猫をピックアップした特集もやっています♪「テーマと言われても特に浮かばないし…」と思っている飼い主さんも、次回行われる特集のテーマに合わせた写真を撮って投稿をしていただいても全く問題ないので、MVを目指しながら特集にピックアップされるように、色々と撮って投稿してみてください!

おもちゃなどが必要なら準備しましょう

猫の視線を一定の位置に持ってきたい、猫の活発な部分を撮りたい!と思った場合は、優しく呼びかけるのももちろんですが、時にはおもちゃや食べ物などで猫の表情を引き出すのも効果的です!その際も、カメラの電源は先に入れておくなど、カメラの設定は先に済ませてから準備をしておきましょう。

いつもはまったりしている猫が大好きなおもちゃを追いかけて生き生きとしている素敵な表情を撮ることが出来るかもしれませんし、思いがけない面白い写真を撮ることが出来るかもしれませんよ。

他にも、食べ物を食べている可愛い姿を撮りたいのであれば、その食べ物の準備が必要になります。人によっては猫に帽子をかぶせてみたい!服を着て欲しい!と思う方もいるかもしれませんが、撮影時の注意でも説明している通り、術後服など、どうしてもそれが必要である場合以外は、猫が嫌がったらすぐにやめるようにしましょう。

また、猫と遊びながらカメラで素敵な一瞬を撮影しようとしていると、周りが見えなくなってしまい思わぬケガをしてしまう場合もあります。大変危険なので、おもちゃで遊ぶ場合は普段以上に周りに気をつけながら、また協力者を呼べるのであれば協力してもらいながら撮影するようにしてください。

家族と協力するのも良い手段になります

猫を一人で撮るのも良いですが、家族や友人に協力をしてもらって撮るのも、一人では撮れなかった写真が撮れるかもしれないのでオススメです♪

例えば、おもちゃを追いかけている猫の写真を撮る場合は、自動で動くおもちゃがあれば簡単かも知れませんが、基本的に一人で撮るのはなかなか難しいかと思います。先程話した通り、撮影に集中しすぎて思わぬケガをしてしまう可能性もあるので、可能であれば自分だけではなく家族や友人などの手も借りて、協力しながら撮影しちゃいましょう!

一人にはおもちゃや声掛けをしてもらいながら猫の気を引いてもらい、もう一人はその隙を狙って猫の写真を撮る、食べ物をあげてもらいながら好きな角度から撮影をする、というように役割分担をして撮影をすると、スムーズに撮影ができるかと思います。

その時に、大きい声で指示をしたりすると、猫がビックリしてしまう可能性があるので、驚かせないように注意しながら撮影をしましょう。同時に、猫が遊びに乗り気でない時は無理に遊ばせたりしないようにしてくださいね。

にゃんでもQ&Aの最新質問

  • 受付中
    回答

    3

    〜1500円/kg位のオススメフード教えて下さい

    1歳半のシャムmix、避妊済み♀のフードについてご相談です。 1500円/kgくらい(2kg入りで3000円程度?)までの価格帯のフードでオススメがあれば教えて下さい。 よくネットで見るような通販専門のフードは高過ぎて手が届きません…。 普段はメディファスとメディプロを交互に与えていましたが、飽きてきたようです。 多少便が柔らかめでお尻に少しついている時もあるため、今のフードが合っていない可能性もあります。 完全室内、体重は3.5kgで、持病は特にありません。 よろしくお願いいたします‼︎

  • 受付中
    回答

    1

    屋根から下りられない猫を助ける方法について (日記と共有ご了承お願いします)

    この春、勤務先近くの、私鉄電車の駅の倉庫で、黒猫が子猫を5匹産んで、子猫は保護して里子に出しました。 お母さんはそのまま地域に残って、しばらく子猫を探し廻っていたのですが、まだ、その傷もいえない内に、どこかのオス猫に追いかけられて、とある家の屋根に登って、降りられなくなってしまった様です。 子猫を保護していた続きで、会社の事務所前で餌をあげていて、そろそろ不妊手術をさせたほうが良いのかなぁ…と、サクラ猫のシステムを調べていた矢先、1週間くらい姿が見なくなり、心配していたところ、数十メートル離れた家の屋根で見つけました 母猫は、ノラなので触ったり抱いたりする事はできませんが、子猫を保護した時、倉庫の扉を閉められてしまって、助けを呼んでいたところを、駅の構内に忍び込んでドアを明けて出してあげたところから、比較的なついているので、探しに行った私の姿を見つけたら、にゃおにゃお鳴いて、助けを求めます。 その時は、屋根の家の持ち主に事情を話し、屋根に近い窓のところから猫を呼んだら来たので、窓を開けっ放しのまま階段の方から誘導したら、上手い具合に降ろさせることに成功しました。 今から思えば、そこで保護してしまえば良かったのかも知れませんが、考えが至らず、また、オス猫に追われて、屋根に登ってしまいました。 助けたくて、様子を見ていたところ、オス猫はその家の庭の柿の木を伝って、いとも簡単に昇り降りします。 母猫も同じようにすればいいのに、降りられない様子です。 その話を、家の持ち主にしたところ、柿の木や周りの足場になりそうなところに網を張って対策をされました。 しばらく母猫の姿を、屋根の上でも見かけなくなり、気に掛けていたのですが、もしかしたら他で保護されていたりするのかなぁ…と、様子を見ることにしました) するとまた、1週間くらい過ぎて様子を見に行ったところ、やはり屋根の上にいたのです(1週間の間には、姑が急逝したり、車が事故・故障したり、いろいろなことがあって、じっくりとは気をつけていませんでしたが、とても気になっていました)。 ガリガリに痩せて(る様に見えます)、でも屋根の上ではわりと元気そうです。 何とか降ろす対策をしていたのですが、家の持ち主に「やめて欲しい」と断られました。 (実は、降ろす算段のついでに、仕掛けの餌を食べさせていたことも、災いしていたかも知れません) その家の人の話では、夜中にオス猫が来るらしく、屋根の上でギャーギャー鳴き喚く上、ドタドタと走り回り、寝られない為、気がおかしくなりそう…とのことで、かなりナーバスになられています。 また、「猫を捕まえて、一歩も出さないようにして下さい!」と、言われるのですが、「猫を家の中から通して降ろすのは、もうお断り」で、「保健所にでも言って何とかして欲しい」といわれます。 こちらも、猫が屋根の上で餓死したり、暑さで倒れたりしては嫌なので、県の動物愛護団体や、市の環境課、保健所などにも問い合わせしましたが、「ボランティアへ相談したみたら、、、」と相手にして頂けません。サクラ猫指定病院でも同様に、捕獲についてはボランティア任せです。 (小池東京知事もスローガンに上げる程なのに、現実は、個人の活動任せということを痛感し、がっかりしています) Webでいろいろ調べてみても、近隣にそのような活動をされているボランティアさんが見つかりません(保健所に持ち込まれた子猫の保護はありましたが…)。探し方が下手なのでしょうか? 屋根の家の持ち主にご協力いただければ、何とか解決に結びつきそうなのですが、 「家の人たちを苦しませる猫が憎たらしい」→「人間より猫優先(と思われてる?)の私に対しても嫌悪」→「顔も見たくない」…といった状況で、とても協力をお願いできません。家の周りに近付かれたくないというサインがあちこちに現れてきてしまいました。 それまでは、とても親しみを持てる方だったので、こちらに関しても哀しいです。 また、昨夜、勇気を出して、家の持ち主に「猫がまだ屋根にいるので助けたい」旨を伝えたところ、 「痩せた黒猫が昼間、外を歩いているのを見たので、自分で降りられるから、放っておきなさい」と言われました。本当に、自分で降りられるなら、餌を求めてくると思うし、家の近くに行ったら、助けを求めて鳴かないと思います。 でも、正直なところ、せいぜい3メートル弱の高さから、降りられない猫なんているのか、疑問にも感じています。 母猫を捕獲さえできたら、今度は離さないための大き目のゲージも用意しました。 経済的にとても厳しいですが、有料で、緊急の不妊手術も受けさせたいと思っています(子猫はすごく上手に育てていましたが、いずれ、引き離される訳ですし、あんな風にオス猫に追いかけ回されるくらいなら、不妊の方がましと決意しました)。 猫にすごく詳しい方が、もし、この日記を読んでくださったら、お聞きしたいのですが、3メートルも無い高さの屋根から、下りられない猫なんて、存在するのでしょうか(初めての出産と思われる、とても若い、軽そうな猫です。子猫に、野鳥の狩りの方法も教えていたので、どちらかというと敏捷な方だと思います)。 なんとか屋根の家の持ち主に迷惑を掛けない方法で、降ろす方法は無いでしょうか? *画像は、屋根の上から「帰らないで・・・」とばかりに、鳴いて訴えかける母猫

    Nawabari_Kyouyu
    Nawabari_Kyouyu - 2017/06/25
  • 受付中
    回答

    0

    12歳の雌猫

    皆様のご見解を参考の上、いろいろ試してみたいと思います。 有り難うございました。

    ネコハート
    ネコハート - 2017/06/25
  • 受付中
    回答

    2

    餌を変えてから生活パターンが狂った

    4歳の雄猫が2匹います。 主人が餌を買ってくれるのですが、今までアイムスとピュリナを食べさせていたのですが、そのパターンが一番食べていて、1匹が7キロもある太めの猫でもおなかがポッコリ出なくなっていました。 ところが今月になってアイムスとサイエンスダイエットになりました。 すると、サイエンスダイエットにしてから急に餌を食べなくなり、その結果、最初いつも寝るときはケージに入れていて、ピュリナとアイムスのときはすんなり寝てくれていましたが、サイエンスダイエットにしてからは、入れても寝なくなり泣き続けるのです。ほっておいて寝ていると朝早く泣き出し、最初は出たいからだと思ってほっていたのですが、だんだんエスカレートしてきて泣き止まないので、アイムスに変えてあげると食べて収まりました。 それ以来午前中は太っているほうは遊びにつっても遊ばず、いつも痩せているほうが遊んでいます。 夜も太っているほうはサイエンスダイエットをやめたにも関わらず、餌をアイムスに変えて完食いているにも関わらず、サイエンスダイエットのころの生活(おなかすいて動けない)から変えようとしないのです。 ケージに入れると痩せているほうは運動しているので、すぐ眠るのですが、太いほうが運動してないので、体力が余っていて、出せコールがひどくて、しまいには痩せているほうの首をつかんでふみふみしているのです。痩せているほうは眠いのにそんなことされて、けんかになります。 主人にはサイエンスダイエットは買わないでと言いました。 どうしたら太いほうがもとのアイムス、ピュリナを食べていた時のように運動してくれるようになるでしょうか。太いほうはサイエンスダイエットにしてから餌を食べないので、おなかすいて動けなかったので、おなかポッコリになってしまいました。せっかくアイムス、ピュリナでおなかもほっそりして少しスマートになって動いていたのに、台無しになってしまいました。 サイエンスダイエットは体型・毛玉ケアというのをあげていました。2匹ともサイエンスダイエットは気に入らなかったのか、食べなかったのですが、それでも痩せているほうは動いていました。 どうにか太っているほうを動いていた時期みたいにしたいのですが、どうしたらいいでしょうか。餌は今はアイムスに変えています。3週間ほどおなかがすいているのを気づかずに、ただ暑いからサイエンスダイエットを食べないのだと解釈していて、泣いても餌をあげなかったので、きっとおなかすきすぎて泣き続けたのだと思います。 動かないのは、まだおなかすいている状態なのでしょうか。太いほうは便もなかなかでないみたいで、少し便秘気味です。少し多めに上げたほうが良いでしょうか。夜もケージに入れてから太いほうが泣き続け、ほっておいたら寝るのですが、夜中、朝早くに少し泣くので私が睡眠不足になっています。 餌をもとに戻したので、どうしたら元のように動いてケージに入れたら眠れるようになるでしょうか。(餌を変えるまでは太いほうもケージに入ったら寝る癖になっていました。朝私が起きるまで泣きませんでした) 主人はケージに入れるなというのですが、私は猫アレルギーを猫を飼ってから発症し、先生に夜は寝るときはケージに入れなさいと指示されているので、入れているのです。アレルギーがなかったらケージには入れていません。

    ノリピー
    ノリピー - 2017/06/24
  • 受付中
    回答

    0

    湿疹からの脱毛

    もうすぐ2歳になる雄猫が居ます。1ヶ月程の前にお友達と思いもう1匹迎えに入れました。元々臆病な子でしたが来た初日から2日ぐらいは元気が無く食欲も無く心配でしたが今はお互いピッタリくっついて行動してますが、その辺りから先住猫に湿疹のような物が出来始め顔も浮腫んだ感じがし若干脱毛見受けられます。同じぐらいのタイミングで餌も奮発した魚介系の入った餌にしました。原因が何か分からずにいます。病院に行きましたが細菌や血液にも異常がないようで餌では?と言われ只今、低アレルギー性の餌にして様子を見てます。 何か情報などありましたら宜しくお願いしますm(__)m 痒がってる様子などはありません。

    swiming YAMATO
    swiming YAMATO - 2017/06/24

新着の猫の里親募集

新着の迷い猫情報