ネコの写真&画像の投稿

準備は先に済ませましょう

撮影をする前に、出来るだけ準備を先に済ませてから猫の写真を撮るようにしましょう。

突然シャッターチャンスが訪れて、急いで撮影をする場合もあるかもしれませんが、撮影者の大きい動作や大きな音、操作の電子音に驚いて怯えてしまい、結果的にカメラや携帯を見るだけで嫌な気持ちになってしまうこともあるかもしれません。

猫の写真撮影は慎重に

場合によっては飼い主さんや撮影者を嫌いになってしまうなど関係性に問題が起きてしまう可能性もあります。そうならない為にも、準備を先に済ませてから、ゆっくりと猫の写真を撮るようにしましょう。

猫にカメラを慣れさせておきましょう

私たちは幼い頃からカメラと接しているので、カメラは怖いものではないということは理解しています。ですが、猫にとっては初めて見る場合が多く、カメラのレンズ部分が目玉のように見え、一眼レフなどであればなおさら、大きい目玉のようなものがこちらに向かってくる、と感じる子も多いようです。そう考えると猫が驚いて逃げたくなる気持ちも分かるのではないでしょうか。

カメラに慣れてもらいましょう

カメラのことを得体の知れない怖いものだと認識されないように、日頃から猫とカメラに触れてもらって、カメラが怖くないものだと教えてあげましょう。もちろん最初から怖がることもなく堂々と写真に納まってくれる子もいますので、猫の様子を見ながらカメラに慣れてもらうようにしましょう。

カメラは見た目もそうですが操作音やシャッター音もなかなか大きいので、気が弱い子はとてもビックリしてしまうかと思います。これも同じく怖くないものだと認識してもらえるように、様子を見ながら慣れてもらいましょう。音を鳴らさずに済む設定があるのであれば、撮影をする前に、設定をして鳴らさないようにしておくことも大切です。

背景を綺麗にしよう

可愛い猫を撮ってネコ写に投稿したい!となったらやることはただ一つ!「さぁ猫を撮るぞ!」と撮ってみたものの、背景にはさっき見ていた書類が…こっちはぐちゃぐちゃした布団が映り込んでいる…など、可愛い猫を撮ったハズなのに、背景のせいで全然目立ってくれない…なんてことがあるかもしれません。

そこをむしろ味として生活感たっぷりの猫を撮ろうとしている、いたずら好きの子がここまでやらかした場面を切り取りたい、趣向を変えて猫を探せ!がやってみたい…という話であれば全然構わないのですが(もちろん安全には気をつけてくださいね)、基本的にメインは猫かと思います。

猫が目立つように、写真を撮る前に背景になりそうな部分にある邪魔になってしまいそうなものは片付けて、背景を綺麗にしておきましょう。

背景の邪魔になるものは片付けましょう

片づけをしておくのはもちろんですが、撮った写真をネコ写などの不特定多数の人が見るSNSや投稿サイトなどに上げようと思っている場合は、書類や壁に貼ってあるもの、また風景などから住所などの個人情報が確実にすぐわかってしまうようなものが映り込まないように注意してください。

同様に、ご自身や子供など、家族と猫を一緒に撮影する場合もあるかもしれませんが、こちらも悪用される可能性が無いとは言い切れませんので、出来るだけ顔などが映り込まないように写真を撮る、顔が映り込んだ写真を撮ったとしても、投稿時のトリミングで顔は見えないように切り取ってしまう、など、出来るだけ配慮をした撮影をするようにしましょう。

テーマを決めてみるのもいいかもしれません

普段撮影をされる時は、飼い主さんが「可愛い!」と思った時や、シャッターチャンスだと思った時にパシャリと写真を撮る方が多いかと思います。もちろんその猫の写真は愛嬌たっぷりで飼い主さんに気を許した姿でとても可愛く撮れているかとは思いますが、たまには何か一つテーマを自分の中で決めて撮影するのも面白いかもしれません。

「元気いっぱいの可愛い部分をアピールしたい」のであれば、寝ているシーンを撮ったりはしませんよね。おもちゃで遊んでいる場面だったり、飼い主さんとじゃれて遊んでいるところ、カメラに向かってパンチをしているのも面白くて可愛いと思います。逆に、「今回はしっとりした美しさを取り上げて撮影しよう」と思ったのであれば、遊んで駆け抜けている写真はイメージとは違いますよね。

テーマを決めてみましょう

お気に入りの場所でくつろいでいるシーンなのか、外を見ている場面なのか…いっそ綺麗な瞳を写すのか。そんな風に自分の中でテーマを決めると、「上から撮った方が…」「もう少し斜めから撮った方が格好いいかも…」と、どんどん写真に対する面白さが広がっていくと思いますし、そうすることで撮影者が気付かなかった猫の新しい一面に気付くことが出来るかもしれません。

例えその日に撮りたい写真が撮れなくても、また明日!と思えるようなゆったりとした気持ちで撮影に臨むようにしましょう。あくまでもテーマは目安として捉えておいてくださいね。

そしてなんと、現在ネコ写ではテーマに合わせた猫をピックアップした特集もやっています♪「テーマと言われても特に浮かばないし…」と思っている飼い主さんも、過去の特集をテーマにしてみたり、自分なりにテーマを決めて投稿してみてください♪MVを目指しながら、特集にもピックアップされるように、色々と撮って投稿してみてください!

最新のネコ写特集はコチラからご覧ください♪

おもちゃなどが必要なら準備しましょう

猫の視線を一定の位置に持ってきたい、猫の活発な部分を撮りたい!と思った場合は、優しく呼びかけるのももちろんですが、時にはおもちゃや食べ物などで猫の表情を引き出すのも効果的です!その際も、カメラの電源は先に入れておくなど、カメラの設定は先に済ませてから準備をしておきましょう。

いつもはまったりしている猫が大好きなおもちゃを追いかけて生き生きとしている素敵な表情を撮ることが出来るかもしれませんし、思いがけない面白い写真を撮ることが出来るかもしれませんよ。

色んな表情を引き出してみましょう

他にも、食べ物を食べている可愛い姿を撮りたいのであれば、その食べ物の準備が必要になります。人によっては猫に帽子をかぶせてみたい!服を着て欲しい!と思う方もいるかもしれませんが、撮影時の注意でも説明している通り、術後服など、どうしてもそれが必要である場合以外は、猫が嫌がったらすぐにやめるようにしましょう。

また、猫と遊びながらカメラで素敵な一瞬を撮影しようとしていると、周りが見えなくなってしまい思わぬケガをしてしまう場合もあります。大変危険なので、おもちゃで遊ぶ場合は普段以上に周りに気をつけながら、また協力者を呼べるのであれば協力してもらいながら撮影するようにしてください。

家族と協力するのも良い手段になります

猫を一人で撮るのも良いですが、家族や友人に協力をしてもらって撮るのも、一人では撮れなかった写真が撮れるかもしれないのでオススメです♪

例えば、おもちゃを追いかけている猫の写真を撮る場合は、自動で動くおもちゃがあれば簡単かも知れませんが、基本的に一人で撮るのはなかなか難しいかと思います。先程話した通り、撮影に集中しすぎて思わぬケガをしてしまう可能性もあるので、可能であれば自分だけではなく家族や友人などの手も借りて、協力しながら撮影しちゃいましょう!

一人にはおもちゃや声掛けをしてもらいながら猫の気を引いてもらい、もう一人はその隙を狙って猫の写真を撮る、食べ物をあげてもらいながら好きな角度から撮影をする、というように役割分担をして撮影をすると、スムーズに撮影ができるかと思います。

その時に、大きい声で指示をしたりすると、猫がビックリしてしまう可能性があるので、驚かせないように注意しながら撮影をしましょう。同時に、猫が遊びに乗り気でない時は無理に遊ばせたりしないようにしてくださいね。

猫の上手な撮り方 もくじ