里親募集・応募をされる方へ

[猫を保護する] 保護をする前に

その子は本当に捨て猫ですか?

本当に捨て猫なのでしょうか

猫を見つけた時に、子猫だから拾って保護してあげよう、最近よく見る子だから保護してあげよう、でも自分の家では長く飼うことが難しいから里親に出して幸せになってもらおう、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ちょっと待ってください。その子はもしかして迷い猫ではありませんか?子猫の場合、たまたま親が近くにいないだけ、なんて事もあります。見つけた猫が飼い猫か野良猫なのか確実に断言できる要素は少ないですが、それでも判断できる部分はいくつかあります。確実にけがをしている、放っておいたら事故を起こしてしまうなどの緊急事態を除いて、保護をする前にまず確認をしてみましょう。

猫の状態を確認してみましょう

成猫の場合

首輪をしていたらほぼ確実に飼い猫と判断して良さそうです。また、首輪をしていなくても去勢手術をしている、清潔な身体で毛艶がよく、丸い印象を受けるような子であれば飼い猫の可能性が高いです。
外を歩いているから野良猫、というわけではなく、外に出る習慣の子であったり、完全室内飼いの子でも何かの拍子にうっかり外に出てしまい、そのまま迷子になっている事も少なくありません。見る限り健康な状態であれば、保護をしなくてもそのままお家に帰る可能性があるので、しばらくの間は様子を見るようにしましょう。しかし、時間をおいて見にいったのに同じ位置から動いていない、動く気配が全くない、日を追うごとに痩せてきているなど、明らかに異常がみられるような場合は保護をし、対処しながら飼い主を捜すようにしてあげましょう。

子猫の場合

その子猫は本当に捨て猫でしょうか。親猫が狩りなどの為にたまたま出かけていた場合や、その場所から親猫が子猫の引っ越しをしている最中や、人が近くにいるせいで親猫が近付くことが出来ずにいる可能性もあります。明らかに捨てられている状態であったり、動いてしまった場合に事故にあってしまうなど危険な場所にいる、見るからに弱っているなどの緊急を要する場合を除いて、半日から1日ほど様子を見てあげてください。
そうして母猫がいないと分かった場合、または離乳後の猫であると判断できた場合は保護をしてあげましょう。善意のハズが全く真逆の事をしていた、なんてことにならないよう慎重に判断するようにしてくださいね。また、過剰な繁殖を防ぐ為にも地域猫活動をしている場所では母猫に対してTNRを行っている場合もあります。その内容は

  • Trap:捕獲する
  • Neuter:不妊手術
  • Return:元の場所に戻す

という、これ以上不幸な猫を増やさない為に行っており、TNRした猫は地域猫として暮らしていくという方法を取っているようです。もしそのような地域に暮らしていて、母猫がいるような状態であれば、検索や確認をしてから個人で行ったり、不安であればTNRを行っている方などに聞いてみるのもいいかもしれません。

保護をして里親募集をする時は

子猫や野良猫を保護してから里親募集をするまでにお世話をしたり、病院に連れて行ったり、ある程度しつけたりするのはもちろんですが、掲載をするにも譲渡をするにも色々と注意点があります。子猫を保護した場合の対処方法はこちらのページを参考に行ってください。

飼い猫だった場合はどうすればいい?

様々な理由から飼い猫を保護した場合、最終的には飼い主を捜し出すことになります。基本的には近所の子である場合が多いので早くに見つかる場合も多いですが、捜し方によっては長引いてしまう場合もあります。飼い猫を1日でも早く家族の元に返してあげる為にも、出来るだけのことをしてあげましょう。

飼い主を捜す場合の手段

保護したらまずやること

飼い主は愛猫が迷子になったと気付いた段階で警察に届けを出したり、ネットやSNSを利用して捜している可能性が非常に高いです。同様に、保護をしたあなたも様々な場所へ連絡をしましょう。

飼い猫だった場合

まず初めにペットは落とし物や忘れ物を拾った時と同様、拾得物扱いとなるので、保護をした近くの警察で届け出を提出をしましょう。飼い主も一番最初に連絡をし、届けを出している可能性が非常に高いので、早期に見つかるかもしれません。他にも保健所や動物愛護センターや動物病院に保護をした連絡を入れ、猫を捜している人がいないか確認しておきましょう。警察同様飼い主が連絡を入れているかもしれません。電話をする際はあらかじめ口頭でも伝えられるような特徴などを書き出しておくとよいかもしれません。首輪がついているのであれば首輪に住所が書いてあることがありますし、近年ではマイクロチップを埋め込んでいる場合もあります。動物病院へ連れて行き、大きなけがが無いか確認してもらうついででもいいのでマイクロチップが埋まっていないか確認してもらうのも良いでしょう。

最初にするべきことを行った後、もしくは行いながら、今度はチラシを作りましょう。作ったチラシは近所の動物病院やスーパーなどに許可を得て設置させてもらうようにしましょう。もしかしたら飼い主も同じようにチラシを作って設置しているかもしれないので、設置してあるチラシを確認したり、動物病院にも連絡が入っていないか確認をする事も大事です。迷い猫を掲載するサイトや、SNSで迷い猫を捜している人も多数います。色んなサイトやSNSの方もチェックをしておきましょう。ネコジルシではこちらの迷い猫掲示板に掲載されています。該当している猫はいないか確認してみてください。

チラシを作る際のポイント

飼い主を見つけるためのチラシですが、初めて作る方にとっては何か必須項目か迷われる方もいらっしゃるかもしれません。一般的にある内容としては

  • 柄や顔が分かりやすい写真
  • 猫の名前
  • 性別・年齢
  • 性格
  • 保護をしている人の苗字と電話番号

になります。写真は顔や全身が写っていると分かりやすいでしょう。チラシには猫の特徴を出来るだけ載せておくべきではありますが、飼い主のなりすましもありますので、もし飼い主であれば必ず分かるような情報があれば伏せておき、引き渡す前に確認するなどの予防もしておきましょう。飼い主の詳細については下の項目に記載してあります。
※お腹にハートの柄があった場合、お腹に柄がある事だけを明記しておき、連絡が来た際に確認するなど

チラシを作るときは、出来るだけ分かりやすく、簡潔に作るようにして、イメージとして残りやすい内容にしましょう。飼い主が探している場合以外にも、そのチラシを見た人が飼い主を思い出して連絡してくれるかもしれません。

飼い主が見つかった場合

飼い主とみられる方からの情報が入った場合、そこからどこで引き渡しをするのか、などのやり取りを行うことになるかと思います。ここで気を付けていただきたいポイントとして「里親詐欺と同じように飼い主のなりすましがいる」ということです。里親詐欺に関してはこちらのページでも紹介していますが、善意を装った詐欺者が虐待や実験体として転売することを目的としたり、毛皮などを販売、保護した子だと偽って里親募集をし、費用を請求するなどの悪質な行為を行う人の事を言います。それと同様に飼い主になりすまして引き取ろうとしてくる方もいるかもしれないのです。縁があって保護をした可愛い子の幸せの為にも、やり取りをする際に飼い主であれば分かる情報を確認したり、その猫を撮った写真など関わりがあるものを持っているのか、可能であれば猫と写っている写真を見せてもらうなどの確認であったり、実際に飼い主と会った時の猫の様子などをしっかりと見て判断をして、安全に飼い主さんの元へ帰れるようにしてあげましょう。

最終的に飼い主が見つかった際は、里親募集で見つかった場合と同じように、出来るだけ早く協力していただいた場所に見つかった旨を連絡したり、設置したチラシなどもしっかり回収をしましょう。そのまま残っていると混乱を招いてしまう可能性もあるので、必ず放置せずに出来るだけ早く対処するようにしましょう。