里親募集・応募をされる方へ

[里親を探す]掲載はどこでする?

里親募集はどんな場所を使えばいいの?

どこに掲載すればいいのか

保護をしているけど長期間飼うには難しいなどの場合、里親を探す事になると思います。里親募集をする際には周囲に話しかけてみたり、チラシを作ったりネットを利用して沢山の人の目に触れるようにしましょう。その方が募集される数も増え、より良い縁に繋がる確率も高くなるので、可愛い猫の為にも色んな方法を試してあげてください。

ネット以外での方法

周囲や近所、身近な人で猫を欲しがっている人はいないか聞いてみましょう。家族や友人、会社の人など自分が知っている人なら安心度がまた違うかと思います。ただし、無理に押し付ける形では誰も幸せにならないので絶対にやめるようにしてください。また、身近な人とはいえ考え方が自分と同じとは限りません。自分の考えと合っているのか、猫の事をきちんと考えているのかなどはきちんと判断してあげてください。
身近な人に聞いても見つからない場合はご自身でチラシを作って動物病院や近所のスーパーなどにチラシを配置させていただいたり配布をしてください。その際は必ずお店や地域のルールに従い、許可を得た上で行うようにしてくださいね。

里親募集サイトやSNSを利用して拡散する

近年ではネットやSNSを利用している募集をかけている人が沢山います。探す場合は一カ所だけではなく様々な里親募集サイトを利用したり、SNS上で募集をかけて友人などに手伝ってもらいながら拡散をしてもらい、色んな方の目に触れるようにしてください。当サイトにも里親募集掲示板があり、こちらでは投稿した内容をそのままSNSで発信していく事も可能です。また、当サイトではTwitterに各都道府県に分けた里親募集のアカウントがあり、登録情報を発信しています。是非そちらも活用してください。

ネコジルシオススメポイント

当サイトは猫好きが集まるSNSコミュニティサイトになります。里親募集に登録出来るのはもちろん、里親応募者とのやり取りはサイト内メッセージを利用して行うことが出来るので、互いに信頼してから個人情報を教える事が出来ます。里親募集以外にも日記ネコ写など個人の人となりが分かるようなコンテンツなどもありますので、里親に応募をかけてきた人が投稿をしていればその人がどのような人なのか情報を確認することも出来ます。

里親募集をしている猫の写真を載せたり日記に掲載する事も出来るので、募集ページで伝えきれなかった情報やリアルタイムでどう成長しているのか、どんな性格なのかなどの魅力を伝える事も可能です。是非ご活用ください。

どんな内容を載せればいいの?注意点は?

掲載する上での注意点について
掲載内容にも注意が必要です

チラシやネットを利用するにしても、誰に見られても問題ない程度の個人情報を載せるようにしましょう。ネットやチラシは不特定多数の人に閲覧されると言うこと、悪用しようとしている人がいるかもしれないと言うことを忘れないようにしてください。また、SNSなどはチラシ以上に不特定多数の人の目に触れるものなので、自分の普段使っているアカウントとは別のアカウントを取っておく、SNSに投稿する画像はチラシを掲載するのであれば電話番号の部分は隠すなどで見えないようにしておく、チラシを掲載するのではなく写真だけにしておく、など掲載内容を少し変えることも必要です。

掲載する内容の注意点について

チラシを作るにしても、サイトなどを利用するにしても、中身の情報があまりにも少なすぎるとイメージしづらく、里親に応募してもらえる数が少なくなってしまったり、イメージしていた子とあまりにもかけ離れていた、なんて事も。詳しくはこちらのページで紹介しているので、是非参考にしながら里親募集をしてあげてくださいね。

子猫の里親募集について

養育してくれる母猫がいる場合は子猫の為にも離乳するまで母親の元に置いてあげてください。子猫がまだ離乳していない場合、出来れば愛情を注いでお世話をしてあげてください。実際に譲渡するのは早くて生後2ヶ月~3ヶ月ぐらいの子が多いです。

離乳後にお渡しする場合でも募集をすること自体には問題はないので、掲載する際は応募条件の中に「離乳していない為、実際にお渡しするのにはこれぐらいの期間をいただきます」などの一言を添えるようにしましょう。