里親募集・応募をされる方へ

[里親に応募する]応募前の準備って?

里親になる前に準備をしましょう

里親になりたいけれど、猫を飼った経験が無い方は多いのではないでしょうか。猫をお迎えする前に、用意するべきもの、知っておくべき事はたくさんあります。里親を募集している方は、応募者のお迎え準備ができているかを見ています。せっかく里親になろうと決めたのに、準備が出来ていない為にチャンスを逃してしまう、最悪の場合里親募集で選ばれないから諦めてしまうという結果になるのはもったいないです。これから里親になる為にも、里親になってからお迎えした猫を困らせない為にも、まず一度チェックしてみましょう。

住居の確認をしましょう

猫をお迎えする為に、猫が住みやすい環境を作りが必要になってきます。場所作りや猫が使うグッズなどの準備はもちろんですが、今までごく当たり前に使っていた家具や小物が、実は猫にとって危険である場合もあります。お迎えする前に確認をしておくと安心です。

その場所は本当に猫を迎えられますか

家主や家族に自分の家で猫を飼ってもいいのかを確認しましょう。猫を飼う為に一番大事なのは周囲の人たちからの理解を得る事です。一度「猫を飼いたい」と考えるようになると、「何が何でもお迎えしたい!」と考えてしまうかもしれませんが、周囲が反対する中で無理に飼ってしまうと関係が悪くなり、最終的にお迎えした猫にも影響が出る場合もあります。

飼う環境は整っていますか

里親になりたい方の中には「猫を助けたい」という気持ちが強い方も多いと思いますが、最終的に自分や猫に無理をさせてしまっては本末転倒ですので、不安などがある場合は決して無理はせずに周囲や知人・友人、ネコジルシ内であればにゃんでもQ&Aを利用して相談してみましょう。

いつも誰かが見守る環境作り

里親として一番理想的なのは、猫を24時間見守れる環境です。しかし実際問題、24時間というのは難しいですよね。何より重要なのは、猫の様子が普段とは違っていたり、何かが起きてしまった場合に、すぐ「気付くことが出来る」ということです。その為には、自分で猫の為に時間を作り、寄り添う生活スタイルを考え、猫に異常をがあった場合にすぐに対応できる姿勢でいる必要があります。家族みんなで協力したり、自分自身の生活環境をふり返って、自分にも猫にも無理をさせない環境作りを心がけましょう。

また、一人暮らしで猫を飼いたいという方は、自宅に帰れない場合や長時間の看病が必要な場合どうするのかを事前に想定し、キチンと準備をしておく事が肝心です。成猫であれば自動給餌機などを用いて勤務中は留守番させている話も耳にしますが、子猫の場合は特に目が離せませんので、成猫と違い長時間の留守番は不可能であることを理解しておきましょう。

猫にも飼い主にも優しい部屋に

いくら自分にとって大切な物であっても、猫の手の届く場所にあれば遊んで壊してしまうかもしれません。大けがを負ってしまう原因になる事もあります。どんな物であっても、猫が「面白そう」と感じればおもちゃになってしまうのです。

大切な物が壊されたからといって猫を責めるわけにはいきませんし、けがをさせてしまったら自分を責めるしかありません。そうならない為にも、猫が興味を持ちそうな物や壊されて困る物、破損すると危険な物は必ず猫に届かない場所などに収納しましょう。
どうしても床に出てしまう電源コードなどは、かじられたり引っ掻かれたりしてもいいようにカバーを装着し、登ってほしくない場所は塞いだり、経由して登れる家具などを置かないように注意しましょう。

部屋の環境を確認しましょう

脱走を防ぐ

室内に住む猫や、元野良猫の場合などはドアや窓の外に興味を示すことが多いです。ただし「外に興味がある」と「外で暮らせるか」というのは全く別のお話です。飼われている猫の平均寿命はおおよそ10年以上という一方で、野良猫の場合は5年以下だと言われています。野良猫の場合は、餌を得ても栄養が偏りがちですし、事故やカラスなどに襲われる危険性などあり、猫にとっては間違いなく厳しい環境でしょう。そういった環境へ誤って送り出さない為にも、脱走対策が必要となってきます。実際、里親募集をしている方のほとんどが条件の中に脱走防止を必須にしています。

玄関だけでなく、窓やベランダからの脱走であれば怪我をする可能性もあります。猫は想像以上に高くジャンプし、驚くほど狭い隙間も抜けていきますので、柵などで対策する場合は、実際に脱走対策をされている方などを参考にしてみてください。また予防のみではなく、脱走時を想定した首輪・マイクロチップなども必要かもしれません。

猫に与えてはいけないものがあります

日常で私たちが何の気兼ねもなく購入している食べ物や花の中には、人間には無害でも、猫には強く有害なものが数多くあります。有名なものであればネギ類やチョコレート、レーズンなどの食品の他にも、ユリ、水仙、アサガオなど植物など、とても書ききれない程の多くのものが猫に与えてはいけない大変危険なものとなっています。もちろん人間が口にしている食べ物も猫にとっては塩分や香辛料が多く、内臓に負担をかけてしまうので大変危険です。これらの物を不意に猫が食べたりしないように、迎える前に身の回りを確認したり、必要であれば処分をしたり、自分だけではなく家族などにも教えておきましょう。

グッズには何があるのでしょうか

グッズも確認しておきましょう

私たち1人1人にベッドやスマホなどがあるように、猫にも必要とする物がたくさんあります。猫によって好きなものや興味を示すもの、示さないものがありますので、里親として猫を迎えることになった場合は確実に必要となるものについてもそうですが、それ以外の興味を示すものについても事前に保護主に確認、相談をしておきましょう。そして好きなものと同じものを購入したり、可能であれば迎える猫の匂いがついたものを譲り受けるのもひとつの手です。猫を飼う前には思ったより沢山の用品が必要になります。

キャットフード、食器

初めて飼う方が改めてペットショップに足を運んでみると驚くかも知れませんが、形状ではドライやウエット、他にも栄養素や価格など、本当に様々なフードがあります。フードにも年齢ごとに子猫用、成猫用、老猫用と表記されているので、飼っている猫の年齢に合わせたものを購入しましょう。

成分表記に「総合栄養食」と記載されているものが主食として与えることが出来ます。「総合栄養食」には、猫にとって必要な栄養素がバランスよく含まれており、水とこれのみで食事での栄養補給をカバーでき、ドライやウエット、半生などのタイプがあります。他にも猫の体調や味の好みに合わせたおかずとして与える「副食」、ご褒美やしつけ目的でおやつとして与える「間食」などがあります。更に詳しい猫の餌については、こちらで詳しく解説しています。

また、フードや飲み水を入れる為に使う食器ですが、ひっくり返されたりしない安定したもの、常に清潔にできるような洗いやすいデザインを選びましょう。

猫用トイレ

猫は排泄物を砂に埋めて隠す習性がありますので、ケースに猫砂という専用の砂を敷いて使用します。また、猫は不潔な場所を嫌う為、多頭飼いの際などは、他の猫が排泄した後のトイレを使いたがらずに粗相をする事もあるそうです。そういった事態に陥らない為の理想のトイレの数は頭数+1と言われていますが、一人っ子の場合でマンションの平屋形式であれば問題ない場合もあります。

キャットフードにもたくさんの種類があると紹介しましたが、トイレにも子猫や老猫が使いやすい入口が低めの形であったり、排泄後にそのまま水に流せるタイプの猫砂など、本当にたくさんの種類のケースや猫砂があります。気に入らなかったり体力的に使えなくなってしまうと、今まで使っていたトイレとは別の場所で粗相をしてしまう場合も。その場合、猫を叱ることは禁物です。叱る前に年齢や体調、トイレの環境を考えてみましょう。

ケージ、キャリー

ワクチン摂取などの後にあまり猫に運動をさせたくない、諸事情により一時的に避難させなければいけないなど猫の為にどうしても隔離しなくてはいけない状況になった際にキャリーバッグより大きいケージがあるととても便利です。日ごろから慣れさせておくことにより猫の事故予防や万が一の為の避難訓練、テリトリーの確保としてそこが安全な場所であると覚えてもらう為にも数時間いてもらうことや、慣れさせておくことは必要かもしれません。
その際、家族の誰かが家にいる場合は猫が安心して自らケージの中にいる場合でも、ケージの扉は開けておいてあげ、猫が自由に出入りできるようにしてあげましょう。
次に病院などへ猫を連れていく際に使用するキャリーですが、こちらも種類が色々ありますが、猫が中で反転できるものを選んであげましょう。また、猫は体が柔らかく少しの隙間でも簡単に外に出てしまいますので、選ぶ際は気を付けて選びましょう。

その他にも様々なグッズがあります

上記の物の他にも爪とぎやグルーミング用品、おもちゃなど沢山のグッズが必要になります。登ってほしくない場所を登ってしまう場合に一方的に登れないように防ぐだけではなく「キャットタワー」などかわりに登れる場所を作ってあげるなど、猫の行動にあわせて必要に感じたものを与えるようにしましょう。他にも万が一脱走してしまった時の保険として「首輪」や最近では「マイクロチップ(施術)」などもありますので、必要に応じて対応するようにしてください。詳しい猫グッズについては、こちらで紹介しているので、お迎えまでに保護主さんと相談しながら準備するようにしましょう。

ネコの習性を知りましょう

猫との生活では予想外の行動に驚いたり戸惑うことが多くあります。個体はあるので100%当てはまるわけではありませんが、飼い主にとっては迷惑行為に思えても、猫にとっては当然の行動であったり、愛情表現である場合もあります。猫の性格や習性を学ぶことで、ふと目にした猫の行動が、当たり前の事なのか、あり得ない事なのかを見分けることができ、猫の体調不良等のサインにも気づきやすく、結果的に日々安心して猫と暮らすことにも繋がるわけです。

おみやげ行為

ネズミや虫などの獲物をくわえ、飼い主のそばに持ってくる「おみやげ行為」という物があります。隣人や家族に同じことをされた場合は立派な嫌がらせかもしれませんが、猫にとっては狩りができない飼い主に餌を分け与える、もしくは狩りができる事を褒めてほしいなどの理由で行うものと考えられています。
真相がいずれにせよ、猫にとってはプレゼントを贈るような行為なわけですから、騒いだりせずにしっかり褒めてあげて、猫が見ていないうちに隠したり、興味をなくした後にこっそり処分するというのが模範解答のようです。一方で、知らずにこれを叱ってしまったら、せっかくプレゼントをしたのに怒られてしまうのですから、猫を混乱させてしまうかもしれません。場合によっては満足していないと思い更に獲物を持ってくるようになったなんて可能性もあるのです。

夜中の大運動会

夜間になってから部屋を走り回り大暴れする、「運動会」などと呼ばれている行為もあります。よく猫は夜行性と言われていますが、実際狩りをしていた時代の名残からか、暮れ方・明け方が一番活発となるのです。日中は飼い主が家におらず、その間ケージ飼いにしている場合など、遊ぶものもなく暇なので体力が使えず、夜になってから発散しているというケースも多いようです。私たちにとってみればなるべく静かにしてほしい時間なのですが、猫からすれば待ちに待った学校の休み時間のような感覚なのかもしれません。

一般的な対策として、日中に猫が遊べるキャットタワーなどの遊具を設置する、飼い主が帰宅してから寝るまでの時間は精一杯遊ばせる、夜は暴れるものと割り切ってマットなどを敷いて音を軽減する、などが挙げられます。「静かにしろ」と叱ったところで、興奮している猫はさらに興奮してしまいますし、「夜暴れると飼い主に遊んでもらえる」と困った学習をする場合もあります。