環境に慣れてもらいましょう

猫ちゃんを譲渡してもらうことが決定した時に、譲渡の時間や日にち、譲り受けた初日はどう対応すればいいのかなど必要なことがあります。時間や日にちに関しては募集者さんと相談をして決めなければなりませんが、知識として「こう出来たらいいな」と覚えておきましょう。

本当に捨て猫なのでしょうか

家の中はどうしておけばいい?

これに関しては猫を飼おうと決めた時から必要になってくることですが、部屋の中を綺麗にして危険な物や植物などを置かないようにしましょう。植物の場合、猫が食べてしまうと大変危険なものがあります。家に置いてある場合は誰かに譲る、確実に猫が触れない場所に移動するなど対処をしてください。一般的に与えてはいけないものはネットで検索をしたり、ネコジルシでも猫に与えてはいけないものでいくつか紹介をしているので、確認しておきましょう。

家の中はどうしておけばいい?

家の中の整理整頓を行ったら、猫ちゃんが来た時に落ち着けるスペースを作りましょう。

猫ちゃんが家に来た場合、最初から構うことは基本的にありません。環境の変化に敏感なので、確実にそこなら安全だと思ってもらえるような場所を作っておきましょう。初めての環境でもすぐに慣れてくれる子もいますが、数週間かけてゆっくりと慣れていく子もいます。最初はケージなどから出てこないでゆっくりと辺りの様子を伺っているだけの猫ちゃんもいるので、焦らず慣れてもらうようにしましょう。

安全だと思ってもらうためには、例えばケージを部屋の隅に置いておき、中にトイレや水とごはん、ベッド、猫ちゃんの匂いがついている毛布などを置いておきます。更に、上から毛布などをかけてケージの中を暗くすることが出来るといいかもしれません。まだ足がおぼつかないような子猫の場合は、基本的にこのスペースが安全な場所だと認識してもらい、飼い主さんが見ていられる時はケージから出れるようにしてあげる、という判断をしても良いかと思います。

保護主さんがどう連れてこられるのか、保護先で安心している環境に似ている環境を作れないかなど、保護主さんにお話を聞けるようであれば、確認しておいてもいいかもしれません。もしかしたら、更に良い案を提供してもらえるかもしれません。

連れてくるのはいつがベスト?

一番ベストと言えるのは「2日~3日見ていられる状態で、午前中にお迎えできる状態」です。

一体それは何故なのか?猫は確かに「自由気まま」「マイペース」なイメージが大きいですが、実はとっても繊細で、環境の変化にとても敏感な生き物でもあります。保護主さんから譲り受けるということは、もちろん環境が変化しているという事なので、ストレスがかかって疲れていることが多いと考えておきましょう。

猫は自分の弱み、体調不良を隠してしまう生き物でもあります。来た時は元気でも、次の日や数日後にストレスでぐったりしてしまった、なんてことも。猫ちゃんを連れてきてから体調に異変は無いか様子を見るためにも、2日~3日ほど余裕をもって、また、何かあった時に動物病院に駆け込めるように、午前中のうちに譲渡をしてもらえるほうがいいでしょう。互いの時間などから難しい可能性もありますが、猫ちゃんの為にも出来るだけ長い時間見てあげられるようにしてくださいね。

直後は様子を見よう

連れてきた直後は構ったりせず、キャリーバッグやケージに入ったままであればそのまま放っておいてあげるようにしましょう。無理に外に出す必要はありません。むしろ無理にすることで「嫌な事をする人」と覚えられてしまうかもしれません。環境が変わったことでストレスがかかっていますし、ここがどこなのか、安全な場所なのかも把握できていない状態で安心して遊ぶことは難しいので、基本的には慣れてくれるまでは構わない方がいいでしょう。

またこの時、初日は大勢の人に会わせたりしないようにしましょう。家族がいる家庭であれば、人通りが少ない部屋のケージでそっとしておいてあげたり、猫ちゃんを連れてくる前に家族と話をしておくなど、全員が猫ちゃんを思いやるようにしておきましょう。

直後は様子を見よう

猫ちゃんがキャリーバッグなどからゆっくりと出てきて、辺りを捜索し始めても危険がない限りはそっとしておきましょう。初めて来た場所が安全なのか、どんな場所なのか捜索をしている状態です。また、捜索せずに狭いところに入って隠れてしまったなんてこともあるかもしれませんが、危険な場所でなければ猫ちゃんが落ち着いて出てきてくれるのを待つようにしましょう。足がおぼつかない子猫の場合は、狭いところに入ったまま出てこられなくなる時もあるので、これに関しては入ってしまわないようにしましょう。

焦らず、構いすぎずにゆっくりと慣れていってもらうことが一番大事な事です。もちろん、向こうから来てくれた時には適度に構ってあげてくださいね。

しつけなどについて

直後は様子を見ながらも構わないようにすることが大事ではありますが、しつけは初日から行いましょう。トイレや入って良い場所、悪い場所を注意せずにいると、してほしくない場所で用を足されてしまったり、入って欲しくない場所へ入られてしまう事もあります。

まずトイレですが、寝起きや食事の後などに少し落ち着きがなかったり、砂をかく動作や何かを探すようなそぶりが見えたらトイレに行きたい合図になります。この動作が見えたら、すかさずトイレへ誘導してあげるようにしましょう。これを数回繰り返してあげれば、ここが用を足す場所なんだな、と覚えてもらえます。万が一トイレ以外の場所でしてしまった場合も怒ったりせず、臭いが残らないよう速やかに掃除をしてください。臭いが残ってしまうと、そこをトイレだと覚えられてしまう事があります。

他にも、入って欲しくない場所や乗って欲しくない場所、危険な場所などがあれば入れないようにしてあげましょう。この時も、猫に怒っても意味がありません。むしろ「突然大声を出す人」「自分に攻撃してくる人」と認識されて嫌われてしまう可能性すらあります。飼い主がしていると気付かれないように、猫ちゃんがその場所へ行こうとすると大きい音が鳴る、水鉄砲の水が飛んでくるなど「ここに行くと嫌な事が起きる」と覚えてもらえるようにしましょう。