ワクチンや避妊のことも考えて

猫ちゃんが自分に慣れてきて触れるようになった、ご飯もお水も飲むようになったし、家や家族に結構慣れてきたな…と思ったら、今度は健康面についてしっかりと考えるようにしましょう。もちろん飼う前からしっかりと考えておくことも必要です。

本当に捨て猫なのでしょうか

健康管理について

定期的なワクチン接種が必要になってきます。譲り受ける時にワクチン接種を受けたのか、受けていないのか確認しておきましょう。ネコジルシの里親募集ではワクチンを接種したかどうか書いてあるので、きちんとチェックしてください。最終的に引き取る時に念のため確認してもいいかもしれません。

ワクチン接種をしたからといって、体調不良と無縁になるわけではありません。猫の体力が落ちている状態やストレスから風邪などの体調不良を起こす可能性もあります。しっかりとご飯を食べているのか、ご飯だけで水を飲んでいないなんてことはないか、ストレスが起こりやすい環境ではないか、しっかり見極めてあげましょう。

もし水を飲んでいないのであれば水を交換したり器を変えたり、フードの方で水分量を調節するなどして水分を取ってもらえるようにするなどの工夫も必要になってきます。数日経ってもご飯を食べない、便の状態がおかしいなど、少しでも異変があれば獣医さんに相談するようにしましょう。定期的な検診もとても大切です。

健康管理について

ブラッシングなどが出来るような関係になっているのであれば、お手入れをしながら、スキンシップを取りながら健康かどうか確認しましょう。目ヤニが多く出ていないか、鼻水が多く出ていないかなど目で見て分かる情報、ブラッシングや撫でるなど、触って分かる情報があります。いつもは触っても怒らない場所なのに威嚇や攻撃をしてくる場合は、飼い主さんが見ていないうちにどこかでケガをした可能性があります。また、「さっきまで怒らなかったのに威嚇してきた!」というのは、飼い主さんが過度のスキンシップを取っていて猫の許容範囲を超えてしまい怒られた可能性もあるので気をつけてください。

去勢や避妊のことも検討を

成猫で譲り受けた場合はすでに去勢や避妊をしている場合がありますが、子猫の場合はまだしていないことがほとんどだと思います。里親募集の条件の中には「完全室内飼い、手術可能な時期になったら去勢・避妊をお願いします」という文章もあります。完全室内飼いで1頭飼いなら必要ないのでは…?と思われる方もいると思います。では実際問題として、去勢や避妊の必要性は一体どこにあるのでしょうか。

発情期を迎えたらどうなるの?

オスであればスプレー行為を行う、よく鳴いたり攻撃的になってしまう特徴があります。メスであれば特有の鳴き声で鳴くようになり、オスと同様にスプレー行為を行うようになります。特有の声が夜から早朝まで続いて眠れない…スプレーの匂いが取れなくて部屋が臭う…と困っている人もいるようです。この後に去勢や避妊の手術を行っても、発情期の癖のようなものが残ってしまうケースもあるようです。

去勢や避妊のメリット・デメリットは?

去勢や避妊をすることで、上記で説明したようなスプレー行為や鳴き声を上げることがなくなり、発情期の性的なストレスを軽減させてくれます。他にも、望まない妊娠を避けることが出来ますし、特有の病気を予防することも出来ます。ですが、猫ちゃんによっては去勢や避妊をしてもスプレー行為をしてしまう場合もあるようです。

ちなみに手術をするということは全身麻酔をするという意味でもあるので、麻酔のリスクについてもきちんと獣医さんと相談をしておきましょう。また、一般的に手術をした後はエネルギーの消費量が低下するので肥満になりやすいというデメリットもあります。ですが、肥満に関しては飼い主さんが猫ちゃんの食事量と運動量を調節して、健康管理をしてあげてください。

完全室内飼いでもした方がいいの?

発情期の猫の声はとても大きく、人間側が睡眠不足になってしまう事もあります。更にオスの場合は攻撃的になってしまい、人間にとってもストレスになってしまうことも。ですが、発情しているのに相手が見つからないという猫ちゃんが一番大変ではないでしょうか。

完全室内飼いでもした方がいいの?

また、脱走されないよう気をつけていたのにふとした瞬間に脱走されてしまい、すぐ保護をしたのに妊娠をしていた、喧嘩をしてしまい病気に感染していた、ということもあります。飼い主さんが猫ちゃんを想い、決める事ではありますが、本当に何がいいのか、しっかりと考えてあげましょう。また、体質的にどうしても手術が出来ない猫ちゃんもいます。発情時期は互いに大変な時期になってしまいますが、抱っこしてお尻のあたりをトントンしてあげる、獣医さんに相談するなどの対処をするようにして、一緒に生活をしていきましょう。

去勢や避妊はいつ頃出来るのか

生後6か月から1歳までの間、体重も2キロに達した猫ちゃんであれば、手術が出来る体力がある、と一般的には認識されているので、それぐらいの時期なら手術が可能になるそうです。

この「生後6か月から1歳までの間」というのは、その期間頃に1回目の発情期が来てしまうと言われているからです。発情期前に手術をすることで発情時の行動を抑えることが出来るので、なるべく早い段階で手術ができるようにしましょう。

猫ちゃんによっては、生後5か月ぐらいで発情期を迎えてしまう場合もあります。ですが、早すぎる手術は猫ちゃんの体力的にも不安があることと、成長の為にも好ましくないという理由から6か月まで待ってもらう獣医さんや、体重が2キロ以上あれば生後5か月でも手術可能という獣医さんもいるそうなので、不安であればあらかじめ相談をしておきましょう。

また、地域によっては去勢・避妊手術に助成金が出る地域もあるので、事前に調べておくといいかもしれません。

手術前日から術後のケアって?

もし手術中に胃の中に食べ物などが入っている場合、全身麻酔で力が抜けている猫ちゃんがすべて吐き出してしまう場合があるので、病院によっては12時間の絶食をお願いしているケースがあるようです。他にもワクチン接種をいつ頃行ったか、なども確認される場合があるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

術後は消化器官の機能が正常になるまでに時間がかかります。正常に動いていない時にご飯などを与えると戻してしまう場合もあります。与えても問題ない時間なども確認しておきましょう。また、抜糸も行う場合と行わなくていい場合があるので、色々と確認をしておきましょう。

もし薬を出される時は、どのように与えた方がいいのか投薬のコツを教えてもらうようにしましょう。先に聞いておくことで、飼い主さんも猫ちゃんもそこまで嫌な気持ちにならずに済むかもしれません。

基本的には全身麻酔をかけたり術後も薬を飲むことで食欲や便の状態が変わる可能性もあります。一般的に1日~2日程度は問題ないとみる場合もありますが、あまりにも様子がおかしかったり、改善が見られない、傷口に異変が起きたなどの場合は、すぐに病院で診てもらうようにしましょう。