室内で快適に過ごしてもらうには?

里親募集で猫を探していると「完全室内飼い」という言葉をよく見かけると思いますが、文字の通り猫を外に出さずに、室内で飼育することを指します。

猫を室内で飼うということは猫にとって快適な部屋にする必要が出てきますが、人間にとっても快適な部屋でないと互いの幸せにはなりません。こちらを読みながら快適な部屋について考えてみてくださいね。

室内飼いのメリット・デメリットって?

室内で飼うということは「外に出ない」ことになります。外に出ている状態より運動量がどうしても減ってしまうので気を付けてあげないと肥満になってしまうデメリットがあります。

しかし、交通事故に遭ったり外猫と喧嘩をして病気を貰ってしまう危険性や、ご近所トラブルに発展する可能性も減るので、メリットの方が多くあります。

保護主さんが「完全室内飼いで」というのは意地悪で言っているわけではなく、「保護してきた猫が再び危険にさらされる生活に戻る可能性を無くしたい」という願いから記載している場合が多いです。「猫を飼うための環境って?」でもう少し詳しく説明をしているので、気になる方はこちらも合わせて読んでみてくださいね。

どんな場所が好みなの?

猫が好きな場所、落ち着く場所がどんな環境か知っていますか?
猫の居心地の良い場所や環境を知っておくことで安心して過ごせる場所が作れますし、運動も出来るような場所であれば運動不足も解消されるので肥満防止にもなります。

せまい場所

猫の祖先が穴に隠れたネズミなどを餌にしていたことなどから、せまい場所は落ち着く場所のようです。
入った後に出口へ顔を向けますが、これは周囲を観察して、どんな時でも対応出来る体勢を取っていると言われています。

特別に用意しなくてもクローゼットやソファの隙間などに入るので特に用意する必要はありませんが、クローゼットに入り込んだ猫を飼い主さんが気付かないうちに閉じ込めてしまう可能性あるので気をつけてください。また、猫が入り込みそうな場所は清潔かつ安全にしておきましょう。

不安なことがあったり体調不良を隠している可能性もあるので、常日頃から猫の様子はチェックしておきましょう。

高い場所

猫は高い場所が大好きです。キャットタワーやキャットウォークなど、上下運動が出来るとストレスも発散できますし運動不足も解消されます。キャットタワーは小部屋がついているものを選べば、せまい場所も一緒に用意できます。

ただし、これらのグッズも必須というわけではありません。家具の組み合わせで段差のあるスペースを作ってあげるなどの対応をするだけでも違います。定期的に掃除をすることや、地震が起きた時のことも考えながら設置するようにしましょう。

爪とぎ

爪とぎは猫にとって必要なこと。爪が伸びたら切ってあげることはもちろんですが、爪とぎを設置してあげましょう。

爪とぎには紙や麻縄など様々なタイプがあり、柱に巻きつけたり床に置くなど種類も豊富なので、猫の好みや部屋に合わせて選ぶようにしましょう。

とはいえ、設置したとしても爪をといでしまうことがあります。ひっかかれたくない部分には爪とぎでカバーをする、保護シートを貼る、忌避剤などのスプレーをしておくなどの対応を取るようにしましょう。忌避剤などを使う場合は、使う前に猫に害がないものか確認をしておいてくださいね。

日当たりのいい場所

猫は日光浴も大好きです。出来れば日が当たる場所を猫の居場所にしてあげたいですが、真夏の時期は熱中症になってしまう可能性もあるので気を付けましょう。

好奇心旺盛な猫は窓から外の景色を見ていることでストレス発散にもなります。風や匂いを感じられるような場所も理想的ではありますが、落下や脱走の危険もあるので予防策をとるようにしてください。

ちょうどいい温度の部屋

暑さ寒さも猫には大敵。一般的に温度は約20℃~28℃前後、湿度は50~60%が理想的と言われているようです。

夏場であれば冷房とクールマットを、冬場であれば暖房と湯たんぽを併用するなど、猫の様子を見ながら快適だと感じられるような部屋づくりをしてあげましょう。ホットカーペットなどは低温やけどをする可能性もありますので、使用する際は注意しながら使ってください。

もし部屋がいくつか行き来できるのであれば自由に移動できるようにしても良いでしょう。

気をつけたい場所やものって?

猫にとって快適な部屋を作る時に、気をつけたいこともいくつかあります。思いがけない事故に発展してしまう可能性があるので、ここに記載されていなくても、もしかして危ないかも?と思った時は予防策を立てるようにして下さい。

脱走する危険はありませんか?

猫はとてもすばしっこく、ジャンプ力も強いです。器用な子は自力で網戸を開けてしまうことも。主な脱走経路といえば「玄関」「窓」「ベランダ」です。紹介している対策はあくまで一例なので、ご自身の生活で出来る範囲の対策を取るようにしてください。

  • 玄関

    玄関の前に簡易ドアを設置するのがよく見かけられます。突っ張り棒で設置出来るような、賃貸でも簡単に取り付けられるものもあるようです。ワイヤーネットで柵を作っておくのも良いですが、猫はジャンプしたり場合によっては登ろうとすることもあるので、越えられてしまったり、倒れることがないように注意してください。

    また、設置をしたからと言って安心せず、ガタついていないか、隙間は無いか?押しても倒れたりしないか?など、本当に問題ないかチェックするようにしましょう。

  • 部屋の換気やベランダに出るなど、一日に何度も開け閉めが起こる窓。網戸にする場合もあるかもしれませんが、網戸を自力で開けられる子もいますし、場合によっては網戸を突き破ってしまったり、間違えて外れる可能性もあります。

    網戸はストッパーを設置する、頑丈なものに替える、窓の前にフェンスを設置するなど、窓から外に出ないよう対策を取ってください。

  • ベランダ

    外に直接繋がっているため脱走しやすく、場合によっては転落事故につながってしまう可能性があります。

    可能であれば出さないようにしてあげた方が良いのかもしれませんが、どんなに気を付けていても絶対にベランダに出ないということは言えないので、万が一のために柵より上にネットをつけるなどの対策をしておく必要があるかもしれません。

猫にとって危険な場所はありませんか

室内にも危険な場所や物はたくさんあります。壊されると困るものや、事故、食中毒などにつながるものは置かない、出さない、届かない場所に片付けるようにしましょう。

  • 観葉植物

    猫がじゃれついた時に噛んだり口にしてしまうことで重篤な症状に繋がってしまう植物があります。例えば猫にとって毒と言われているユリ科の植物などは、花粉や花瓶の水だけでも症状が出てしまいます。

    もっと詳しく知りたい方は「猫に与えてはいけない食べ物?」「猫には危険な植物って?」でも説明しています。猫を迎える前や植物を買う前に、猫に安全な植物かどうか調べるようにしてくださいね。

    また、リラックス目的で使うことのあるアロマも猫にとっては毒になってしまうと言われています。全てのアロマが毒であるとは言えませんが、どれが安全とも断言できない状態です。猫の健康のためにもアロマは使わないようにした方が良いのかもしれません。

  • 電気コードやアクセサリー

    電気コードは元々保護されていますが、猫が噛んでいるうちに中の銅線が出てしまい、感電する危険性があります。また、銅線が出ることで家電トラブルや火事などの事故につながる恐れもあります。

    アクセサリーや紐など口に入りやすいものは誤飲につながりますし、針やピアスなどの鋭利なものもかなり危険です。

    猫がじゃれついたり噛みつくことで思わぬ怪我や誤飲につながることがありますので、電源コードであればカバーをつける、口に入りそうなものや踏んで危険なものは触れない場所にしまっておくなどの対策が必要です。

  • キッチン

    キッチンには猫の興味をそそるものが沢山ありますが、ラップや袋の誤飲や猫にとって有害なものを口にしてしまったり、コンロやヒーター、刃物や箸などで怪我をしてしまう可能性もあります。

    フェンスを立てたり調理中は違う部屋やケージにいてもらうなど、そもそもキッチンに入れないようにする方法や、猫に触られたくないものはしまう、コンロにはカバーを置くなど、キッチンに入ってしまっても安全な状態を作る必要があります。

  • 風呂場

    浴槽に水やお湯が張られている場合、足を滑らせてしまって溺れてしまったり、お風呂の蓋に乗っていたら何かの拍子でズレてしまい、そこから落ちてしまうケースもあります。

    浴室には剃刀やヘアゴムなどの怪我や誤飲につながるものが置いてある方もいるかもしれません。思わぬ事故につながらないように気をつけましょう。

これ以外にも、ドアが閉まった拍子に挟まってしまう事故やふとした瞬間に入り込んだことを気付かれずに閉じ込められてしまうケースなどもあります。

神経質になる必要はありませんが、想像の範囲内で出来る対策であれば先に対応しておけると安心です。

トイレはいつも清潔ですか

猫は綺麗好きのため、常に清潔な状態を保てるようにしましょう。

掃除を怠ってしまったり臭いがこもる場所の場合、そこで用を足さなくなったり、他の場所で粗相をしてしまう可能性があります。また、トイレとフードが近いのも苦手な子も多いようです。

設置する場合は気温の変化が少なく、目が届く範囲で掃除がしやすい場所が良いでしょう。

猫と人とが互いに快適な部屋づくりを

「実際迎えてみたらトイレがいくつか必要だった」「事前に用意したけど無くても問題なかった」など、実際に迎えたら色々と必要になる場合や逆に不要になる場合もあります。

年齢によって行動範囲や出来ることは変わってきます。好みも変わらないとは一概には言えません。保護主さんから譲り受ける時には先に好みや必要なものを相談しながら、迎え入れてからは猫が過ごしやすいように変化を加えていきましょう。

一番は猫に合わせながら、でも人間側の生活にも無理のない範囲で、互いに快適な部屋を作っていけるようにしたいですね。