猫を飼うための最低限の条件

一人暮らしの方や家族がいる方、過去に猫生活をしていた方や初めて猫生活を送ろうと決心した方。様々な環境や想いから猫との生活を決めた方がいると思いますが、猫ちゃんを家族として迎え入れるには、まず最初に必要最低限の条件があります。

命と共に生活をしていくのであれば当たり前のことばかりなので、実際に聞かれた時に「知らなかった」「理想と全然違う」とならないように、飼う前にきちんと確認をしておきましょう。

最低条件を把握しましょう

家族は賛成していますか?

一人暮らしの方の場合は自分の気持ちを決めるだけですが、家族と生活をしている方はそうはいきません。

人によっては猫が苦手であったり、動物そのものが好きになれない、もしくは好きであったとしてもアレルギーを持っている可能性もあります。猫が好きだから猫を迎えたいという気持ちはとても素晴らしい事ではありますが、その為に家族に我慢を強要してしまった、なんてことにならないように気をつけてください。後のトラブルの原因にもなってしまいます。

本当に飼っても大丈夫ですか?

この時、猫ちゃんを将来外にも行き来出来るようにするのか、散歩程度に留めておくのか、完全室内飼いにするのかなどの話もしておくようにしましょう。年代の違いで外飼い(放し飼い)の方がいいと考えている方もいます。

外飼いをした場合は外とのコミュニケーションや外で爪を研ぐので家の中で研ぐ確率が少なくなるなどのメリットがあるのと同時に、外に出たことで喧嘩に遭ってしまったり、そこから病気をもらってしまう可能性や、最悪事故に遭い命を落としてしまうなどのデメリットについても話しながら、反対に完全室内飼いをした場合どうなるのか、もし散歩をさせるという選択肢を選んだ場合、どのようなことが起きるのか、しっかりと考えて、家族の賛成と共感を得た状態で猫を迎えるようにしてください。外飼いと完全室内飼いのもう少し詳しい話はこちらでも説明しています。

猫が飼える家ですか?

例え家族が賛成してくれても、お家そのものがペット禁止の家だった、なんてこともあるかもしれません。また、「ペット飼育可能」と表示されていても、犬は飼育可能でも猫は飼育禁止、という場合もあるので注意が必要です。

猫も含まれているのか曖昧な表記であったり、不安になった場合は最初にきちんと確認しておいた方が安全です。応募をしようとしている人の中には「飼育禁止だけど皆飼ってるから」という考えの方もいるかもしれませんが、そのような判断は後にトラブルの原因になってしまう可能性がとても高く、安易に行っていい行動とは言えません。結果的に猫ちゃんを手放さなければならないなど、猫ちゃんが不幸になってしまう可能性も高いのです。

猫が飼える家ですか?

そうさせない為にも、飼い主さんになるのであればきちんと責任をもって確認をしましょう。もし禁止であれば諦めた方が賢明です。それでもどうしても猫ちゃんとの生活をしたいと思うのであれば、猫ちゃんを飼える家にするなど、環境を整えた上で迎え入れてあげるようにしましょう。

お家を借りる時は気をつけましょう

猫ちゃんが飼えるお家にする時に、気をつけておきたいことがいくつかあります。お家そのものに対して気をつけておきたい事と、猫ちゃんがケガをしたり命に関わるようなことにならないための注意点です。あくまで注意点で、やたらと神経質になってしまうとどこにも住めなくなってしまう可能性があるので、自分でも予防、対策をして、飼い主さんが補える部分は補うようにしてください。

爪研ぎ注意!

猫は爪を研ぎます。あまりにも壁をボロボロにされてしまうと、後々引越しをする時に困ってしまう可能性もあります。爪切りをこまめにするのはもちろん、ひっかき傷を作らないよう壁にシートを貼っておいたり、スプレーを使ってその場で研がないように気をつけたり、爪を研ぐのはこの場所の爪とぎで、と覚えてもらえるようにしつける、爪とぎの素材を気に入るものにしたり置く場所などを変えてみるなど、工夫が必要になってきます。

ニオイにも注意!

猫そのものは臭くないのですが、猫の排泄物はとても臭うため、トイレはどうしても臭ってしまいます。放置をすると衛生的にもよろしくなく、また綺麗好きな猫ちゃんはトイレが清潔でないとトイレでせずに他の場所で用を足してしまう可能性もあります。なので、トイレはこまめに掃除をする、部屋そのものも定期的に換気をしておくなどして、ニオイがこもらないように気をつけましょう。完全室内飼いをしているお家で換気する時は、猫ちゃんの脱走防止対策はしっかりとした上で換気してくださいね。

危険な部屋は対策を!

最悪の場合事故などに繋がってしまう、危険度の高い部屋があります。そのような部屋は入らないように、もしくは入ってしまっても大丈夫なようにするなどの対処をしておきましょう。

  • キッチン

    何かの拍子にうっかりコンロをつけてしまったり、高いところから降りる時に家電のスイッチを押してしまったり、色々と物が出ている場合落としてしまう可能性も。キッチンには入れないようにするか、使わない家電のコンセントは抜く、出ているものはしまっておくなどの配慮が必要かもしれません。

  • 風呂

    換気扇の無い家でドアを開けている時や、自ら押したりすることで中に入り、そこから浴槽のフタに登り、落ちてしまい命を落としてしまう可能性があります。常に入れないようにしておくか、浴槽は入浴以外は溜めておかない、などしておけると安心です。

かかる費用を知っていますか?

費用には初期費用と生涯費用があります。初期費用も生涯費用も猫との生活の上で重要な費用になります。表示している値段も一般的なものなので、お住いの地域の情報はご自分や猫友さんに聞いて、情報収集しておきましょう。

いくらぐらいかかるか知っていますか?

初期費用

性別や性格、病気を持っているかどうか、また行く病院によっても多少の増減はありますが、一般的に初期検査やワクチン接種、生活用品の購入で約20,000円、更に去勢や避妊の手術をした場合は更に20000円程度かかる事もあります。

初期検査やワクチン接種はネコジルシの里親募集では保護をされた方が先に対応していて、後でお支払いする事があります。ちなみにネコジルシでは里親募集中の猫ちゃんの詳細ページに「譲渡費用」というものが表記されて、保護されている猫ちゃんの場合はその初期費用などの料金を請求することが出来ます。飼い猫の場合や保護団体の場合で請求できる内容が変わってくるので、詳しくはこちらからご確認ください。

応募時に不安な状態で応募や譲渡を行うのはトラブルの原因になってしまいます。もし不安な事がある場合、詳細を聞きたい場合は相手にしっかり確認を取って不安や疑問が無いようにしましょう。

生涯費用

費用の中にはフードや猫砂などの必須なものから、おやつやおもちゃなど定期的に買い与える可能性のあるもの、定期的もしくは臨時で発生する医療費があります。一般的に15年生きた場合、生涯費用は80万~130万程度、その中でも4分の1程度が医療費にあたると言われるほど、猫には医療費がかかります。

もちろん健康管理に気をつけて臨時的な支払いを少なくするよう努める事も大事ですが、病気やケガはいつなってしまうか分かりません。どんなに気をつけていても起こってしまうことはあるので、何か急な出来事があった時に払えるのか、もう一度考えてみましょう。

生涯一緒にいられますか?

猫はもちろんですが、あなたにも何が起こるかは分かりません。猫がもし病気になってしまったら、あなたはしっかりとお世話をすることが出来ますか?逆にあなたに何かが起こった時、見てくれる人や頼れる預け先はありますか?

猫はぬいぐるみではありません。命が宿っています。性格もあるので必ずしもあなたに懐くとも限りませんし、大人になった時に性格が少し変わるかもしれません。その変化すら可愛いと受け入れられますか?

生涯一緒にいられますか?

もし写真を見ただけでは不安であったり、今の保護主さんには懐いているけど自分との相性はどうなのだろう…と思ったのであれば、募集者さんと話し合ってください。何度か会いに行けるのであれば実際に会いに行って相性を見たり、トライアル期間をいただけるのであればトライアルをして判断してください。子猫の場合は早いうちに一緒にいることで慣れてくれるかもしれません。焦って探しても良いことはないので、あなたのお家に来てくれた猫ちゃんと生涯一緒にいられるような環境を作りながら、焦らないゆったりとした心を持ってください。