猫を飼うための環境って?

お家は猫が飼える環境で、家族も問題なく飼うことを受け入れている場合、更に詳しくお家の環境や猫ちゃんとの生活環境についても見直してみましょう。里親募集の情報を見ていると出てくる「完全室内飼い」のメリットやデメリットであったり、迎える前に必要最低限揃えておきたいものも紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

本当に捨て猫なのでしょうか

外飼いのリスクと室内飼いについて

猫を飼っている人は基本的に猫を「外飼い(放し飼い)」または「完全室内飼い」で飼っています。これらは互いにメリット・デメリットがあるので、きちんと理解をしておくようにしましょう。また、保護主さんが「完全室内飼いで」と表記されている場合もあるので、応募をする時は確認しておきましょう。

外飼い

家と外を自由に行き来できる飼い方のことで、室内飼いとは違い外へ出るのでかなりの運動量があります。また、外で猫仲間を作ることでコミュニケーションを取ることも出来ますし、外で爪を研いでくるので室内で研ぐ回数が少なくなります。

ですが、外に出たことで野良猫と喧嘩をしてケガをしたり、病気持ちの猫と接触することで病気をもらってしまうことも。最悪の場合事故に遭って命を落としてしまう可能性や、避妊をしていない場合は猫が妊娠して帰ってくる事もあります。

外飼いの猫について

完全室内飼い

外には一切出さず、生活範囲を家の中だけにする飼い方のことです。運動量などが下がりやすいので肥満にならないよう管理が必要ですが、外に出ないことで野良猫から病気をもらってしまう、交通事故などで命を落としてしまうなどの被害を防ぐことが出来ます。

平均寿命も外飼いされている猫より2倍ほどあり、健康に気を使ってあげることで20年以上生きてくれる猫もいます。

室内飼いでも完全ではなくハーネスやリードをつけて散歩している猫ちゃんもいます。飼い主さんは注意をしながら散歩をしているので外飼いよりはまだ安全ではありますが、草むらの中にいる虫に刺されてしまう、何かの拍子にどこかに逃げ出してしまうなどのデメリットもあります。

保護主さんは、せっかく保護して比較的安全な場所に連れてきた猫ちゃんをまた危険な目に遭わせたくない、事故などに遭ってほしくないと願うため「完全室内飼いで」と条件に記載している場合があります。しっかりと確認しておきましょう。

脱走防止

外の世界を知っている猫も、知らない猫にとっても外は魅力的である場合があります。自分の行動範囲を広げたいと思っているだけかもしれません。完全室内飼いを決めた場合は、外へ逃げてしまわないように、しっかりと準備をしましょう。

脱走防止のグッズは沢山あり、比較的簡単に入手することができます。すでに販売している商品を設置しても良いですし、大工さんなど本業の方に頼んで家にピッタリの脱走防止の柵を作っても良いでしょう。今は百円均一で何でも揃う時代でもあるので、例えば突っ張り棒とワイヤーネット、結束バンドやジョイントなどで脱走防止の柵を作ることも出来ます。

この時注意したいのは、設置をして満足してしまう事。設置が終わったら触って確認しましょう。突っ張り棒などはガタついていませんか?隙間が出来ていたり、間違えて噛みちぎってしまいそうなものではありませんか?危険から守るための柵が逆に危険なものになっては本末転倒なので、しっかりと確認しておきましょう。

脱走防止

しっかりと設置出来たら、次は猫の目線で考えてみてください。窓を開けるために窓に柵を設置した場合、反対側の窓は開きませんか?開けられないようにしっかりとロックをかけておきましょう。柵を設置したのであれば、高さに気をつけましょう。猫は結構な高さを軽々と飛び越えてしまいます。犬の脱走防止柵であれば軽々と超えてしまいますし、よじ登りやすいような構造をしていれば簡単に登って超えてしまいます。子猫であれば成猫よりも簡単にすり抜けてしまうので、通り抜けられないよう気をつけて設置してくださいね。

迎えるまでに必要な物と選び方

猫を飼う上で必要な物、また選ぶときのポイントがあります。猫ちゃんは環境の変化にストレスを感じてしまうので、出来るだけ前の環境と同じようにしてあげる、その猫ちゃんの匂いがついているものがあることが大切です。

例えば、トイレやトイレ砂であれば今現在どんなトイレや砂を使っているのか、どんな場所が落ち着くのか、譲渡してもらう日には猫ちゃんの使っていたトイレの猫砂を少し分けてもらい家のトイレに混ぜておくなど、出来るだけストレスが少なくなるような環境を作ってあげましょう。

最初に必ず必要な物はトイレや猫砂、食器やフードなどの生活必需品から、ケージやキャリーバッグなど猫の避難場所になるものなどが必要になります。

譲渡されてから家や自分に慣れてくれるまでに無理に構ってしまうとストレスになってしまいます。色んなグッズがあり、手に入れた方がいいかな?と思うことはあると思いますが、後から必要になったら手に入れる程度でもいいものが多いです。また、気に入ると思って買ったものでも気に入ってくれない場合があります。まず最初は環境に慣れてもらうことが大切です。もう少し掘り下げた話は「環境に慣れさせましょう」のページで説明しています。