ペット保険って何?

「ペット保険」という言葉、一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。ペット保険というのは、診療や手術などにかかった費用の一部を補償してくれる保険のことです。

とはいえ、そもそも何が出来るのかが分からないと選ぶのも難しいですよね。猫を迎える方も、すでに一緒に生活している方も一緒にペット保険が必要なのかどうか考えてみませんか?

ペット保険についてご存知ですか?

どうしてペット保険は必要なの?

当たり前ではありますが、ペット保険に加入した場合、年に一度または毎月飼い主さんが支払いをすることになるので、実際に払っていけるのかどうかも考えていく必要があります。
何故ペット保険が必要と言われているのか、入った場合のメリットについて確認していきましょう。

公的医療保険がないため、医療費の負担が多い

保険に入っていないとかかった費用は全額負担に

人間は公的医療保険に加入しているため、かかった費用は原則3割負担になります。

しかし、猫には公的医療保険そのものがないため、治療費などの医療費は全額飼い主負担になってしまうのです。

貯蓄があればある程度は対応出来るかもしれませんが、早期に大きな病気にかかってしまったり、突然通院や手術、入院の必要が出てくる可能性があるため、もしもの時に備えていく必要があります。

万が一を考えて保険に加入できていれば、急な出費でもある程度の負担を減らすことが出来るので安心です。

長寿化による病気や怪我のリスクが高い

長寿になった分リスクが高くなります

近年は医療や生活環境などの品質が向上しているため平均寿命が延びています。

ですが、同時に人間と同じように生活習慣病などの病気にかかることが増えてきているのです。

「ある程度の年齢になったら保険に入ろう」と思われている方もいるかもしれませんが、ペット保険は高齢になると選択肢が減ってしまったり、病気によっては加入できなくなるなんてことも。

元気なうちから保険に加入することで、いざという時に経済的理由であきらめることなく、納得のいく治療を選択することができます。

家の中でもケガや事故が起こるリスクがある

家でも危険なリスクは隠れています

家の中であればケガや事故にはあわなさそうですが、思わぬところで事故が発生することもあります。

例えばおもちゃで遊んでいて飲み込んでしまった場合などの誤飲事故や熱中症、着地に失敗して関節をひねってしまうなんてことも。

高齢になっていくことで起こる症状もありますが、若くて活発な時期であっても様々な危険が潜んでいることを考えておきましょう。

どんな猫でも入れるの?

新規加入の場合、年齢が高齢であったり既往歴の内容によっては入れない保険もあります。何歳までなら加入できるのか、持病や既往歴があっても問題ないのか確認しておきましょう。また、里親募集や保護で迎えた猫は年齢不明の場合が多いですが、それでも加入できる保険がほとんどです。

ただし、ペット保険は同じプランでも種類や年齢によって保険料が変わってくるため、推定年齢を動物病院で確認してもらう必要があります。

年齢や既往歴があるとペット保険に入れない場合も

他にも、ペット保険は1年更新で終身まで継続可能な保険がほとんどですが、中には「〇歳まで」と上限が設けられている可能性があります。こちらも加入前に確認しておくようにしましょう。

何を補償してくれるの?

⼀般的な補償内容は通院・入院・手術の3種類になります。どれも必要なものではありますが、どのような内容なのでしょうか。

通院 主に入院や手術を除いた通院時の診療費を指します。
気軽に動物病院に通うことが出来るので、早期発見・早期治療にもつながります。
⼊院 自宅などで治療や療養が難しく、病院で入院をした場合にかかる費用になります。
1日あたりの補償金額や補償限度額、限度回数や日数などを指定している場合があります。
⼿術 手術の際にかかる費用のことを指します。
1回あたりの補償金額や補償限度額、限度回数や補償対象外の症例を指定している場合があります。

保険をチェックする時は上限設定を確認する方が多いかもしれません。もちろんそちらも大事なのですが、診療費が一定のラインに達さない場合支払われない「最低診療費」というものもありますので、こちらも一緒にチェックしておきましょう。

また、免責事項という「このような場合は補償の対象外ですよ」と記載されているページもある可能性があるので、猫がかかりやすい病気は補償されているのか?日数や上限が納得できるか?など確認しておくようにしましょう。

他にも、猫が他人などにケガをさせてしまった場合などの「損害賠償責任」を負った場合の保険金を補償してくれる特約を付帯できる場合や、不安な時に医療相談が出来たり健康チェックを行えるサービスなどのオプションを用意している保険もあります。必須の補償内容に加えて、このようなサービスを受けられると更に安心出来るかもしれません。

請求ってどうやるの?

ペット保険の保険金請求は主に「立替請求」と「窓口精算」の2種類あります。こちらはどんな違いがあるのでしょうか。

立替請求

動物病院で診療費を全額支払った後に、指定された必要書類を送付して保険金の請求を行います。保険会社に到着後査定が行われ、ご自身が指定した口座に振り込まれる流れになります。

必要書類には獣医師の診断書が不要な場合や、まとめて請求できる場合もあるので、加入前に確認しておけると安心です。

窓口精算

人間と同じように窓口で加入証明するものを提示することで、負担分のみ支払いすることで精算できるのが窓口清算になります。立替請求のような書類を用意しないので楽ではありますが、動物病院が保険と提携している必要があります。

提携外である場合は立替請求と同じく全額を一度支払った後に書類を用意したり、スマホから手続きをすれば完了する場合もありますので、精算方法も確認しておけると良いでしょう。

他にも気にした方が良いポイントってある?

ペット保険は色んな会社から出ています。「気になるかも」「保険選んでみようかな」と思った時に気にしておきたい部分があるので、いくつか紹介していきます。

免責期間はありますか?

ペット保険には契約開始から一定の期間補償されない期間があるのですが、それを「免責期間」と呼びます。保険加入にはあくまでペットが健康であることが前提なので、病気の潜伏期間を考慮した期間設定となります。

設定されている場合は、この期間内に何かあっても補償の対象外となるので気をつけましょう。ただし、免責期間を設定をしている場合でも「病気は免責期間があるが、ケガの場合は免責期間なし」としている場合もあります。

将来的にいくらになりますか?

保険料は年齢によって支払金額が毎年変わってきます。

一定の年齢以上の保険料はゆるやかであったり、一律であったりと保険によって違いがあるので、現在の支払金額も大事ですが、将来的にいくらになるかも確認しておきましょう。

補償対象外になる内容は確認しましたか?

基本的には加入時にペットが健康であることが前提なので、加入前からの病気やケガは対象外となることが多いです。

また、ケガや病気治療のために支払った医療費を補償する保険ということから、去勢・避妊手術やそのための検査、症状がない状態の歯石取りなどは対象外となる場合が多いです。補償対象外の内容も理解しておくようにしましょう。

おすすめのペット保険ってあるの?

ネコジルシでは全国6,300件以上の対応動物病院で窓口精算が可能な「アニコム損保」のペット保険をお勧めしております。

補償内容で選ぶこともできる上にシニアでも加入できる保険もあり、サービスも充実しているので、猫やご自身に合った保険を選ぶことが出来ます。気になる方はこちらからご確認ください。

他にも、お手頃な保険料であれば業界最安クラスPS保険がお勧めです。

24時間365日獣医師に電話で相談できるサービスがあったり、免責金額や最低診療費の制限がないので、ちょっとした時でも安心して利用することができます。気になる方はこちらからご確認ください。

猫と自分に合った保険を探しましょう

治療費負担の不安がなくなることで、早めに動物病院に連れて行きやすくなります。もし早期発見が出来た場合、結果的に治療期間も短く済むので、出費そのものを抑えられる可能性があります。

自分と猫に優しいペット保険を選びましょう

サイト上で簡単に見積もりを行ったり資料請求も出来るので、それらを使って毎月の支払いを考えたり、他の保険と比べてみてください。

病気やケガをするかどうかは人間と同じく分かりませんが、入っておくことでいざという時に安心できるかと思います。ぜひ猫と自分のために検討してみてください。