猫を飼い始めたらどんな費用がかかるの?

猫を迎えるまでにケージや食器、トイレなど事前準備にお金がかかりますが、迎えてからももちろん費用はかかっていきます。

今回はどの猫でもほぼ必ずかかる費用から、それとは別にかかる費用などを説明していきますので、猫との生活を始めようとしている方や始めたばかりの方はぜひ参考にしてください。

年間でかかる費用について

猫もご飯を食べますし、トイレも必要です。同時に、爪とぎやおもちゃなど猫の生活にあった方が良いものなどの猫グッズもあります。
毎年必要になる費用を確認してみましょう。

食費・おやつ

猫の好みや年齢、体調などによって与えるフードが変わってきますし、理想体重によって1袋が無くなる頻度も変わってきます。また、総合栄養食以外にもふりかけやおやつなどを与える場合はその分費用が増えていきます。

キャットフードにはどんな種類があるの?総合栄養食って何?と思われた方は、「キャットフードについて」もあわせてお読みください。

医療費

ワクチンは継続して年に1回接種することが推奨されていますので、必ず出ていく費用と考えて良いでしょう。

また、特に病気もせずに健康に過ごしている場合でも定期的な健康診断を行うことで病気の早期発見などにつながりますし、健康な状態を記録しておくことで、万が一の時に手掛かりになる可能性もあります。

成猫であれば年に1回、一定の年齢になってからは半年~数か月に1回などの頻度が理想的ではありますが、健康状態などにもよりますので、かかりつけの動物病院で相談するようにしてください。

消耗品

まず最初に必要な消耗品といえば猫砂。トイレそのものも種類がありますが、猫砂も脱臭効果が優れているものや猫が間違えて口にしてしまっても安全なものなど種類が豊富です。

種類やメリット・デメリットについて気になる方は「トイレや砂について」もあわせてご確認ください。こちらではトイレの種類についても説明しています。

次に爪とぎですが、リラックスや気分転換、マーキングのためなどに爪とぎをすると言われています。

こちらも素材や形など色々な種類があります。あくまで消耗品なので買い替えやすい値段の物でも、可愛さなど見た目と機能を兼ね備えているものでもよいでしょう。また、逆に爪をといでほしくない場所に爪とぎ防止シートを貼る場合は、その分費用がかかります。

他にもおもちゃやブラシ、シャンプーなど頻繁に買い替えるものではなくても定期的に買う必要があるものなどもあります。「猫との暮らしに必要なもの」も参考にしてみてください。

光熱費

猫も暑すぎず寒すぎない環境が心地よいと感じているため、夏や冬などはエアコンやヒーターなどを使って温度や湿度を調整する必要があります。飼い主がいなくても稼働させておく必要が出てきますので、時期によって費用が増加すると考えておきましょう。

他にも給餌器やペットカメラなどを使っている場合はその分の費用もかかります。

特別にかかる費用

普段は出費する可能性が低くても、「もしも」のために考えておくべき費用があります。
これらの費用も事前に考えて、いざという時のために備えておきましょう。

病気や怪我の治療費

完全室内飼いで運動量や食事など健康に気を使っていても、怪我や病気にならないとは言えません。内容によっては長引く可能性もありますし、手術をしなければいけない場合も。健康でいてくれるのが一番ですが、もしもの時のことも考えておきましょう。

また、人間は公的医療保険に加入しているため、原則3割負担ですが、猫には公的医療保険というものがないため、動物病院でかかった治療費は全額飼い主が負担することになります。

猫のために貯金をしておくのももちろん良いのですが、怪我や病気は若い頃はもちろん、年齢を重ねるごとにリスクが高まることや、長期的な通院や入院、手術をすることになったことを考えるとペット保険に加入しておいた方が安心できます。

保険への加入を「病気になってからでもいいかな」「もう少し年を取ってからでもいいかな」と思われる方もいるかもしれませんが、ペット保険も傷病の内容や年齢によって加入できなくなる場合があります。

ペット保険は補償範囲や特徴がありますので、どんな時に補償したいか、特徴が自分に合っているか、支払いが生活を圧迫しないかなど考えながら選ぶようにしましょう。

ネコジルシでは、全国6,300件以上の対応動物病院で窓口精算が可能な「アニコム損保」のペット保険をお勧めしております。補償内容で選ぶことができ、サービスも充実しています。シニアの猫でも加入できる保険もありますので、気になる方は「アニコム損保のペット保険」もご覧ください。

お手ごろ保険料のペット保険なら、業界最安クラスPS保険がお勧めです。「猫の治療費について」では、何故猫の治療費は高額になってしまうのか?とともに、PS保険の特徴について紹介しております。

ペットホテルやペットシッターなど

長期間家を開ける人はいないかもしれませんが、どうしても誰かに頼まなければいけない状況に陥る可能性もあります。一時的に預けたり業者に頼むしかない場合はその分の費用がかかります。

ただし、ペットホテルなどはメリットもありますがデメリットもありますし、猫は環境の変化にストレスを感じてしまいます。費用を貯めておくこともいいですが、まず先に家族や友人、知人などに話をしておけると良いでしょう。

家族が増えるということ

主にかかる費用や急な出費になる可能性のあるものを紹介しましたが、これ以外にも猫や飼い主や住居の環境によってかかってくる継続費用は様々です。

「可愛いから欲しい!」「生活がさみしいから欲しい」など衝動的であったり、安易な考えから迎える行為は猫にとっても人にとっても幸せではありません。

命を迎えるということは、長い間一緒に暮らしていく家族が増えるということ。本当に今迎えることが出来るのか?保険に加入しておいた方がいざという時のために安心ではないか?など、今一度考えてみてください。