迷い猫掲示板 - 飼い猫を探しています

普段の備えはどうすればいい?

今、この瞬間に災害が起きたらあなたはどうしますか?

避難をしなければならなくなった時、愛猫はどうしますか?

人間の場合もそうですが、防災はとても大事です。人間は自分の荷物を持って避難する事が可能ですが、猫はそれが不可能です。

いつもは名前を呼べば来る愛猫も、突然の出来事に怯えて隠れてしまい、名前を呼んでも出てきてくれないかもしれません。

その瞬間、緊急の時に、愛猫を連れていけるでしょうか。

災害が起きた場合どうするのか、猫をどう避難させるべきなのか。

いざという時の為に、自分や家族、猫のことを考えて、相談しながら備えをしておきましょう。

家の中の防災は出来てますか

愛猫ももちろんですが、飼い主のあなたも無事でないといけません。

例えば地震があった時にいつも猫がいる場所に落ちてきそうな家具や物などはないか、あるのであれば固定をしたり、ガラスが割れそうであればガラス飛散防止フィルムを貼るなどして、出来るだけ危険を少なくできるように対策を取りましょう。

また、家具が倒れたりズレたことにより、猫や飼い主がケガをする恐れと同時に、猫の隠れる隙間が生まれやすくなります。

その隙間に怯えた猫が隠れてしまい、猫を保護するために逃げ遅れてしまう可能性や、仕方なく置いていくしかなくなってしまうこともあり得るので、対策は出来るだけしておきましょう。

家の中で予想しながら考えても良いですが、「もしここで地震が起こったら」を想定して、家から出るまでのルートが危険でないか、しっかりと対策が出来ているのか実際に動いて確認を取りながら対策を取るのもいいかもしれません。

しつけと健康管理は出来てますか

まずはしつけですが、もちろん性格はあるので必ずしも、とは言いづらいですが、出来るだけケージやキャリーに慣れさせて、その場所が安全な場所であると覚えてもらったり、人や他の動物、大きな音に対して怖がらないように慣れさせておきましょう。

避難所に避難した時に、自宅にいるような環境にしてあげることはとても難しいかと思います。

ケージやキャリーケースを閉じ込めるためや病院に連れていくためだけのものとして「嫌な思いをする場所」と覚えられるような扱いをしていると、中にいるだけでもかなりのストレスになってしまう場合があります。

「安心して休める場所」と認識してもらうようにすることで、避難所や保護をした後の興奮が早く落ち着く可能性もあるので、毎日少しずつでもいいので慣らしておきましょう。

それから、避難所では他の動物と接する可能性、子供などが不用意に触ったり、大きな声を出してしまうこともあります。無理に慣れさせたり、むやみやたらとストレスを与える必要はもちろんありませんが、いざという時の為に慣れさせておくのも、もしかしたら必要かもしれません。

次に健康管理ですが、これは避難先ではあなたの愛猫以外の動物も避難してきます。人も同様ですが、避難先ではストレスと共に体力も落ちてくるため、感染症などの病気にかかりやすくもなります。日頃から予防接種や寄生虫予防をしておき、健康管理はしっかりするようにしましょう。

避難用品・備蓄品の確保

用意した方がいいものって?でも掲載していますが、猫のフードや水、キャリーケースなどの避難用品、備蓄品などを確保しておきましょう。

少なくても5日~7日は確保しておけると安心ですが、人間の備蓄品なども考慮しながら、必ず持っていかないといけないもの、自分が持っていける分だけを持っていくようにしましょう。

例えば、持病持ちの猫の薬や療法食は、普通の猫のフード以上に手に入りづらいかと思います。その為にも、普通の猫より長く持つように準備するようにしておけると安心です。

確保をしておく際には、事前に自分が持てる分量だけ分けておき、すぐに取り出せる、持っていけるような準備をするようにしてください。

全て集めてコンパクトにまとまっていても、実際は見た目以上に重かったり、不要なものまで持っている可能性もあります。定期的に用品や備蓄品は確認しておくようにしましょう。

避難場所やルートの確保

もし「災害が発生しました、自分の家では安全が確保できない状態なので避難所へ避難をしましょう」となった時、避難中や避難先でも気をつけておきたいことがあります。

家の中から無事に出れたとしても、近所の塀が倒れていたり、渋滞で行き止まりになっている可能性もあります。何が起こるか分からない災害は、避難所へ簡単に避難できるという保証もありません。

自分や家族、もしいるのであれば近所の猫仲間、ペット仲間と避難所までの道を確認し、いざという時の為に備えをしておきましょう。行動してみて初めて気づくこともあるかもしれません。

避難先はペット同伴は可能でしょうか

避難先には色々な考えの人がいます。猫などの動物が好きな人、苦手な人、アレルギー持ちの人。

その為にも、避難所では猫などのペットを飼っている人と飼っていない人を分けている場合や、そもそも猫などを連れていけない場合もあります。

自分の避難する予定の避難所がペット可能なのか、可能な場合分けられているのかそうでないのか、気になる点があればしっかりと確認をしておくようにしましょう。事前に確認をしておくことで、避難先での周囲の方への配慮にもなります。

手を尽くしても様々な理由からどうしても一緒にいられない、家に置いておくことも出来ない場合、一時的に預かってくれる場所や病院、知人などを確認しておけると安心です。考えられることは色々と考えて対策をしておきましょう。

猫をどう連れていきますか

猫と一緒に避難所へ避難する場合、猫はどのように連れていきますか。

今は慌てる要素が何もないので冷静に対処できると思いますが、実際に地震が起きた場合、確実に冷静な対処をする事は難しいと考えておいた方がいいかもしれません。その時に、猫を速やかに確保して自分と猫の備品を持って家を出るまでのシミュレーションをしておきましょう。

また、猫が複数いる場合は1匹飼いの人以上にどうすればいいのか考える必要があります。家族がいるのであれば誰がどう連れていくのか、もし一人しかいなかった場合はどうするのか、誰もいなかった場合に近所で頼れる人はいないか、避難先で受け入れてもらえるかなど、考えられる要素は全て書き出して、しっかりと確認を取るようにしておきましょう。

避難所へのルートは安全ですか

家から出て避難所へ行く場合、その道は本当に安全でしょうか。上から物が落ちてくる可能性や、物が倒れてくる危険性はありませんか。少し細い道であれば、道が塞がってしまったりしないでしょうか。

倒れてきたら、割れていたら、行くまでの道が塞がれていたら、途中でまた余震があったら…と考えながら、出来るだけ安全な道を探してください。

猫の安全も必要ですが、あなたの安全も必要です。地図を持ちながら散策をする、危険な場所が無いか確認をするなど、家族や猫友や近所の人と一緒に見ておきましょう。

実際に荷物を持って行動を

「この荷物を持って避難する」イメージは必要ですが、実際にその荷物を持って避難することは可能でしょうか?実際に行動してみると、思わぬ落とし穴が見つかるかもしれません。

例えば、猫をキャリーケースに入れるのが大変だった、荷物がとても重くて避難所まで行くのが難しい、あまりにも時間がかかりすぎてしまう…などです。

実際に大地震が起きたと想定をして、家の中で猫を確保して出られる状態まで準備をしてみたり、自分の足で避難所まで行ってみましょう。この時、避難道具はそのまま持っていき、ケースの中には猫と同じ重さのペットボトルを入れておくなどしておくといいでしょう。

そこから何か気付くこともありますし、これぐらいなら大丈夫と思うかもしれません。道も月日が経つと建物が変わったり、ふさがっていたりするかもしれないので、定期的に確認をして安全か確認をしておくようにしましょう。