迷い猫掲示板 - 飼い猫を探しています

愛猫と早く再会するために

愛猫と毎日楽しく暮らしていたけれど、様々な理由から猫ちゃんを迷子にさせてしまった飼い主さんがこちらのページを見ているかと思います。

「うちの子が帰ってこない!」

「うっかり外に出してしまった!」

こちらのページではそんな飼い主さんの心構えについて掲載しています。

まずは慌てず、出来るだけ早く行動しましょう。ネガティブな気持ちや焦りは禁物です。
落ち着いて、1人で抱え込まずに「必ず見つかる!」という強い意志をもって行動してくださいね。

まずは落ち着きましょう

焦った時ほど悪い方向に考えたり、視野が狭くなってしまい、とりあえず外に駆け出す…なんてこともあるかもしれません。

確かにすぐ行動に移した方が見つかる確率も高くなりますが、慌てたままでは何もできずに途方に暮れて終わる可能性もあります。

何も準備をしないまま飛び出して猫ちゃんを追いかけた結果、逆に遠くに追いやってしまったり、素手で捕まえて暴れられてまた逃がしてしまった…なんて悪循環に繋がる可能性もあります。

まずは深呼吸をして落ち着きましょう。

外で保護をするにしても、あった方がいい持ち物もあります。「すぐにひょっこり帰ってくるかも」ぐらいの気持ちを持ちながら、慌てず探すようにしましょう。

出来る限りすぐ行動に起こす

「まぁ明日帰ってくるだろう」ぐらいの心の余裕は欲しいですが、そこで探す事を先延ばしにしてしまうと、

見つかる確率を自分で下げてしまう

ことになりかねません。

完全室内の猫はしばらく近くで身を潜めているとは言いますが、外に興味がある猫や、人懐っこい猫であれば遠くに行ってしまう可能性もあります。

去勢や避妊をする直前に逃げてしまった場合は縄張り争いで他の猫とケンカをしてケガをしたり、妊娠して帰ってくることもあるでしょうし、何かしらの病気をもらってしまう可能性もあります。

また、最悪帰ってくる途中で事故に遭ってしまい、そのまま亡くなってしまうケースも。

探している最中にひょっこり帰ってきたのであれば、それでいいのです。

「あの時、もっと早い段階で行動をしていたら…」

という後悔をしないためにも、早いうちに行動するようにしましょう。

自分だけで解決しようとしない

「迷子になってしまった愛猫を探す」というのは体力的にも精神的にも追い込まれやすいものです。

飼い主であるあなただからこそ思いつく隠れ場所があるかもしれません。ですが、あなただけでは体力的にも精神的にも辛くなってしまうのではないでしょうか。

確かにあなた一人で行動しないといけない部分はあるかもしれませんが、一人で抱え込む必要はありません。

猫好きの友達や身内がいるのであればその人に相談をしてみたり、TwitterやfacebookなどのSNS、ネットの迷い猫の掲示板などで助けを求めたり、不安を打ち明けてみてください。

警察であればパトロール中に気にかけてくれるかもしれません。チラシを見た人が似たような猫を見た時に連絡をくれるかもしれません。

友達や身内も一緒に探してくれるかもしれませんし、SNSやネットでは迷い猫の情報を拡散をしたりアドバイスをくれたりするかも知れません。

沢山の人の力を借りましょう。

とても大事な猫ちゃんなのですから、出来る限りのことをして、なるべく早くお家に戻ってこれるように行動してくださいね。

必ず見つけるという強い意志を持つ

数日だけ見つからなかったからと言って、あきらめないでください。

室内で飼われていた子でも、本能は残っています。
ほんの数日だけ迷子にしてしまった猫でも、野性的になっていた…なんて話もあります。

猫ちゃんはしっかり生きようとしています。野性化しているのも、生きようとした結果なのだと思います。

今もどこかで身をひそめながら、必死に生き抜こうと頑張っているハズなので、あきらめずに愛猫が帰ってきたら何を食べさせよう、何して遊ぼう…など楽しいことを考えましょう。

すぐに見つかるパターンもあれば、驚いた拍子に遠くに行ってしまって帰り道が分からなくなり、そこからゆっくり戻ってくるパターンもあります。半年後や数年後に見つかった、なんて話もあるのです。

見つかった方は「必ず見つかる、必ず帰ってくる!」という強い意志を持ちながら探しています。

情報を得ても似ている猫であったり、探しても探しても何の手がかりもなく疲れてしまったり、あきらめようかと考えてしまうかもしれません。

ですが、どうか大好きな猫ちゃんと再び共に暮らせることを考えながら、あきらめずに頑張ってください。

自分や誰かを責めないで

愛猫を迷子にしてしまった時、それは自分のうっかりかもしれません。また、自分以外の誰かが間違って外に出してしまった可能性もあります。

その時に、焦ってしまったり悲しい気持ちになってしまい、自分や誰かに対して怒ったり、言い争いになってしまうかもしれません。

ですが、その「迷子にしてしまった誰か」を責めたりしないでください。

その誰かを責めたくなる気持ちはわかりますが、責めたとしても気持ちがいいものではありませんし、それによってさらに辛いことが起きてしまうかもしれません。

責める前に出来ることがあるのではないでしょうか?
もう一度外を見に行く、チラシを配る、誰かに助けを求める…
色んなことが出来るハズです。

何かを言うことは後からでも言えます。
責める前に、探すための行動を起こしましょう。

見つかった!から考えられること

迷子にさせてから何をしたらいいのか全く分からない時や、何度か捜索しているけど分からない時などは、「見つかるまで」の経緯ではなく、あえて

「見つかった!」

から逆算した考えをしてみましょう。

見つかった時、受け入れる準備は出来ていますか?あなたの体調は?部屋の環境は?餌や水、猫ちゃんの落ち着く場所は綺麗でしょうか。

次に、実際に出会えた瞬間のことを考えましょう。まず自分の足で捜索していたハズです。そして同時に誰かの力を借りている可能性が高いと思います。

その誰かの力を借りるにはどんな場所があるでしょうか。警察や保健所?ネットやSNS?家族?

そして自分以外の人に力を借りるのであれば、何が必要でしょうか?「キジトラの猫」だけで見つかりますか?年齢や性別、特徴、しっぽの長さなどの情報が必要になりますよね。見ても分かるように写真も必要になります。

こうして「見つかるまで」ではなく「見つかった」までの流れを想像するだけでも、まだやっていなかった行動が見つかるかもしれませんし、すでにしている行動でも足りていなかったと気付く部分もあるかもしれません。

見つかったという想像をすることであなたの気持ちも少しでも上がると思うので、何の情報も得られずに困っている時や、出来る限りの行動をしてみたいと思った方はぜひやってみてくださいね。

その時に動けますか?

愛猫のことを考えて行動をしていると、「今はどうしてるんだろう…」と心配になってしまい、食欲もなくなり、十分な睡眠もとれないなんてこともあるかもしれません。

ですが、その状態のまま、もし今「お宅の猫ちゃんが見つかりましたよ」と連絡がきた時、

あなたはすぐ迎えに行けますか?

連絡してくれた方が保護できる環境であれば、後日迎えに行っても良いとは思いますが、必ずしもその状況であるとは限りません。もしかしたら「我が家の庭にいるのですが、家では保護できなくて…」という状況もあり得ます。

その時にすぐ動ければ、もし「さっき動いてどこかに行ってしまった」と言われても範囲が分かるので遭遇出来る確率は高くなります。ですが、もしその時動けなかったら?しばらくはその地域にいるかもしれませんが、もしかしたら移動してしまっているかもしれません。

そのような時に「いつでも動けるようにしておけばよかった…」とならないためにも、出来るだけいつもと同じ生活をして、健康面でも体調を崩さないように気をつけましょう。

心無い言葉は無視かヒントに

「誰かにとりあえず聞いて欲しい!」

「今の状況を説明して手伝ってもらおう」

と思って、友達や身内、ネット上で誰かに助けを求めたり、話を聞いてもらうことが多いかと思います。

その時に、友達や身内は少ないかもしれませんが、顔が見えない、不特定多数の人が集まる環境では心無い言葉を投げかけられる可能性があります。

「逃がしたの?飼い主失格じゃない?」
「多分もう生きてないよ」
「遠くに行って帰ってこないよ」

これは、顔が見えないからこそ言いたい放題言ってストレスを発散している場合や、自分はしっかりしているから大丈夫、と自分のことを正しいと思いたい人が言っているので、このようないい方をされても気にしないようにしましょう。

どんなに気をつけていても迷子にさせてしまう可能性はゼロではありません。

戻ってきた時に逃げないように細心の注意と策を立てればいいのです。生きているかどうかは、自分の目で見ないとわかりません。でも必ず生きています。遠くに行っても戻ってくる、保護されている、と考えましょう。

「そんなに探してもいないの?」と言われれば、範囲を広げるか、逆に広すぎて近所を見落としていないか考えてみてください。
批判の中にもヒントが隠れている可能性もあります。

そんなポジティブな受け取り方、今は無理!と感じるのであれば、手伝ってくださったり親身に声をかけてくれる、自分の為にプラスの行動を起こしてくれている人たちに目を向けて猫ちゃん探しを続けましょう。

行動した内容をメモしておこう

愛猫を最後に見たのはいつでしょうか。確実にいなくなって迷い猫にしてしまった!と思ったのはいつですか?天気は、季節は?など、いなくなってから自分が起こした行動をメモに書き留めておきましょう。

人の記憶は曖昧です。愛猫の性格はこうだから、ここにいるかもしれない、私はこれをしたけどこれはまだしていない、猫が好きな場所はどこだろう…書き出したことで見えてくることもあるかもしれません。

ネコジルシで日記にメモとして記載しておくのも良いでしょう。また、SNSでその行動をメモとして起こした行動をデータとして残しておけば他の人の役に立つかもしれませんし、そのメモを見た他の人がアドバイスをくれるかもしれませんよ。