迷い猫掲示板 - 飼い猫を探しています

用意した方がいいものって?

人間も防災用品・備蓄を用意するように、猫にも用意をしておくべきものがあります。

必要不可欠なものから、あった方がいいものまで、色々とあります。「必ず持参しておきたいもの」「必要であれば持参したいもの」と分けてはありますが、猫によっては全て必要であったり、特に必要ではない場合もあります。

あくまでも目安として、掲載しているもの以外にも必要な物があるかもしれないので、しっかりとシミュレーションをしてその猫に必要な物を準備しておくようにしましょう。猫には負担をかけないように、飼い主が「避難したつもり」になってメモをしておくのもいいかもしれません。

必ず持参しておきたいもの

避難をする時にどうしても必要なものになります。これらのものは避難する時にすぐ手に取れるような場所に置くようにしておくと安心です。逆に、避難時にすぐ手に取れない場所に置いておくのは、逃げ遅れの原因にもなりかねないので注意が必要です。

人によっては避難セットを数個用意し、非常時にわざわざ取りに行かなくても良いようにしても良いでしょう。

愛猫を運び出す道具

避難をする時に必要になるのがキャリーケースやケージになります。これはもちろん避難所へ逃げるまでの道具でもありますが、避難所で生活をしていくうえで猫ちゃんに生活してもらう場所にもなります。

突然の地震や避難先などの慣れない場所での生活は猫にとってもストレスになってしまいます。その時に慣れていない、嫌いなキャリーケースに入れられてしまったら、飼い主が思っている以上にかなりのストレスを感じている場合があります。そうならない為にも、常日頃からキャリーケースやケージが怖い場所ではないこと、むしろ安心できる場所であると認識してもらえるようにしておきましょう。安心できる場所と覚えてもらえることで、興奮も収まりやすくなるかもしれません。

ただ、突然の災害で猫ちゃんが動揺して暴れてしまい、入れてあげたくても入ってくれない時もあります。その時は洗濯ネットに入れて落ち着かせてあげるなど、飼い主さんも冷静に対処できるようにしておきましょう。同時に動揺していた猫がキャリーケース内で暴れて扉が開いてしまう可能性もあるので、扉を粘着テープで固定しておくことも大事です。恐怖で粗相をしてしまう可能性もあるので、ペットシートを敷いておいてもいいかもしれません。

迷子、脱走防止

災害が起きて猫が逃げてしまった、なんてことが起きないとは言えません。また、避難先でキャリーケースを開けたら飛び出して脱走、ということもあり得るかもしれません。避難所での生活を送る時に、逃げ出し防止であったり周囲に迷惑をかけない為にハーネスを必要とする場合もあります。

「完全室内飼いだからハーネスは不要」と考えていても、そのような万が一の為に慣れさせておく分にはいいかもしれません。また、リードでもいいですがハーネスの方が腕を通すので猫にやさしく安全と言う考えもあるようです。

万が一迷子になってしまった場合も考えて、日頃から予防策は立てておくようにしましょう。「首輪」は迷子札や首輪そのものに情報を書いておくことで飼い主がすぐ見つかるので日頃からつけておいた方が安心ではあります。

首輪は猫が飛び降りる時に引っかかってしまったり、成長をして首輪が食い込み窒息してしまう可能性があります。ある程度の圧力が加わると外れる首輪もあるので、猫の安全性も考えて安全首輪(セーフティー首輪)に変えた方が良いでしょう。

次に「マイクロチップ」ですが、これは猫の身体にチップを埋め込み、情報を登録しておくことで、迷子になって保護をされた時に読み取り機で確認してくれるものです。

迷子になった猫に首輪をつけていても、途中で取れてしまう可能性はあります。マイクロチップもデータが消えてしまう場合などはもちろんあります。100%信頼できるわけではありません。その可能性も考えながら、首輪だけでもいいのか、マイクロチップも埋め込むべきなのか考えましょう。

猫のフード・水

人間ももちろんですが、猫もご飯を必要とします。一般的に人と同じように、最低でも5日~7日程度のご飯を持っていくようにしましょう。水は硬水だとカルシウムやマグネシウムの含有量が多く、尿結石の原因になるとも言われており、軟水の方がいいと言われているようです。猫の避難用の水が硬水なのか、含有量が多くないが確認をしておきましょう。

これに加えて持病を持っている猫の場合、薬や療法食が必要になってきます。必要であれば必ず持っていくようにしましょう。フードや水を入れられる折り畳み式の食器もあると安心です。

また、災害時はどうしても人の方が優先されます。猫や犬などのペットの支援物資が届くのはどうしても時間がかかってしまうので、必要なものは出来るだけ余裕をもった量を持っていくようにし、持病持ちの猫の食べ物などは多めに準備しておきましょう。

出来れば持参したいもの一覧

可能であれば持参をした方が安心ですが、荷物になってしまう可能性もあります。また、トイレ用品であれば新聞紙で代用することも可能です。粗相をした時を考えて常にキャリーケースにはシートを敷いておくなど、最低限の準備をした上で、「持っていけそうなら持参する」ように捉えた方がいいかもしれません。

トイレ用品

必ず必要になるトイレの問題。ペットシーツやトイレ砂は可能であれば持って行っておいた方がいいですが、どうしても難しい場合もあるかと思います。そのような場合は新聞紙をちぎって簡易トイレとして利用するようにしましょう。

簡易トイレを用意したものの、気に入らなくて利用してくれない場合もありますし、人の目が気になってうまくしてくれない可能性もあります。事前に試せる場合は試しておくと安心かもしれません。また、少量の猫の匂いがついた猫砂を入れておくとトイレと認識して利用してくれる場合もあるようです。

トイレの容器は折り畳み可能な携帯トイレを使ったり、段ボールに大きいビニール袋で包んだ簡易トイレを作る人もいるようです。用を足した後は臭わないように厚手や何重にした袋に入れておく、消臭剤を使うなどして周囲への気を配った臭い対策を取るようにしましょう。

猫の情報

猫が地震の拍子に逃げてしまった場合など、何かあった時の為に猫の写真は持っておくようにしましょう。この時、自分と写っている写真を持っておくと、保護されている場所から猫を引き受ける際の証明にもなりますし、どこかに貼る際に分かりやすくもなるので数枚持っておくようにしましょう。

携帯に入れたデータだけだと、携帯の充電が無くなったり壊れてしまった時に何の役にも立たなくなってしまいます。デジタルだけでなくプリントアウトしたものや、捜索チラシも万が一の時の為に何枚か持っておきましょう。

また、何かしらの理由で短期間、または長期間お世話をしてあげられなくなる場合もあるかもしれません。預ける時に、あなたが慌ててしまい、すべてを伝える事ができない可能性を考えて、カルテのようなものも書いて持っておきましょう。

お世話をしてもらう人に言い忘れが無いよう、スムーズに情報を伝えるためにも写真や名前、柄、既往歴などの情報を書いておくと、それをそのまま渡せばいいので安心出来ます。また、その中にその猫が使っている病院や近所の病院、ペットホテルの情報など、いざという時の連絡先も書いておくと更に安心できます。

猫の情報を持っておくと安心が生まれますが、猫は成長します。ケガや病気になってしまう可能性もあります。持っておく写真や書いてある内容は定期的に確認をして、変更があればすぐに書き直すようにしましょう。

タオルや防寒道具

猫の身体を拭いたり、時期や地域によっては防寒が必要になる場合があります。そのような時の為にもタオルはあるといいかもしれません。タオルに猫ちゃんの匂いがついていると、避難時にも猫ちゃんが安心しやすくなります。

子猫であったり寒がりな猫ちゃんは寒さなどにも敏感です。そんな猫ちゃんの為にカイロなどすぐに暖められるものを常備しておく人もいるようです。

おもちゃ

ストレス発散をさせるためにも、おもちゃを入れておくのも一つの手です。また、おもちゃには猫ちゃん自身の匂いもついているので、猫ちゃんが安心できるように入れておいてもいいかもしれません。

防災グッズの定期的な見直し

家にある猫用品を持ち出すようなものなので、色んなグッズが必要であることが分かるかと思います。必要なものは沢山ありますが、これらの用品を確実に持っていけるのかはご自分でないと分かりません。

避難時の常備品として買っておいたフードや水を大袋のまま持っていくわけにもいきません。きちんと持っていくものは適量にまとめて、いざという時にすぐ持ち出せる場所に置いておくようにしましょう。

また、食べ物は常に見直しをされる方もいるとは思いますが、ものによっては置いておく場所や長期間放置していた為に気付かないうちに老朽化しているものもあるかもしれません。

いざという時に持ち出したはいいものの、全然使えなかった…ただの荷物でしかなかった…とならないためにも、食べ物以外のものも定期的に確認しておいて、いざという時に役に立ってくれる持ち物を持ち出すようにしましょう。