迷い猫掲示板 - 飼い猫を探しています

焦らず慎重に探しましょう

猫ちゃんを探すときに、探す場所ももちろん知っておいた方がいいと思いますが、探し方にもコツがあります。
焦っていると、いつもであればやらない行動をしてしまう可能性があります。

大声で名前を呼んだり、早く歩いて足音が大きくなっていませんか?

こんな場所にいるわけがない、逃げたのだから遠くに行ったに違いない、さっき見た場所だからいるわけがない、と決めつけていませんか?

気をつける行動の他にも、捜索をしているときに持っていた方が良い持ち物もあるので、こちらのページを参考にしながら、冷静に猫ちゃんを探すようにしてくださいね。

ここでは探す方法について説明していますが、探す場所にもコツがありますでは探す場所も説明しているので、ぜひ確認してみてください!

愛猫に会えたらどう保護しますか?

捜索をしている時に、あなたの愛猫がいたとして、その時あなたは

どうやって愛猫を保護しますか?

素手で捕まえるのでしょうか?老猫ならうまくいくかもしれませんが、若い猫であればすぐに逃げられてしまうかもしれません。

もし素手で捕まえられたとして、そこから無事に家まで連れて帰れますか?突然大きな音がしたら?もし野生化していて思い切り噛まれたりしたら?何をされても無事に連れて帰れるでしょうか。そして、帰ってきた時に猫ちゃんとの関係が崩れてしまったりしないでしょうか。

確かに保護をして家に連れて帰ることは大事ですが、「安全に」「出来るだけ良好な関係のまま」連れて帰るようにしましょう。

相手は警戒心を持っているかもしれません。それは「あなたが嫌い」なのではなく、

「危険な環境にいたので、警戒心が強くなっただけ」なのです。

ここで焦ってはいけません。お腹がすいているであろう愛猫に餌を見せたり、あなたの手を差し出して危険人物ではない、飼い主であることを伝えながら、時間をかけて近付きましょう。

保護できそうであればそのまま猫ちゃんの匂いがついているタオルなどで包んで洗濯ネットやキャリーバッグに入れてあげましょう。

緊急度が高い場合でも、出来るだけ大きめのタオルなどで顔から包んであげるなどしてあげた方がいいですが、出来るだけ時間をかけて近付いていくようにしましょう。

声かけはいつものトーンで

声をかけながら愛猫の好きなおもちゃや音、食べ物などを持って探すとは思いますが、その時に

「愛猫が遠くにいるかもしれないから」

と遠くに聞こえるようにいつもより大きめの声で呼んだりすると、猫ちゃんはビックリして逃げ出してしまうかもしれません。また、まだ慣れていない猫ちゃんの場合は逆効果で怯えてしまう可能性が高いので静かに探した方がいいようです。

しかも、愛猫の名前を何度も何度も続けて呼んだ場合、もし猫ちゃんが返事を返してくれていても聞こえない可能性があります。

名前を呼んだから自分の前に出てきてくれるとは限りません。初めての外の世界に怖がってしまっている可能性の方が高いのです。

名前を呼んだら少し待つ、何も返事や物音が無かったらまた名前を呼ぶ。ゆっくりと、いつものトーンで探すようにしてください。

ゆっくりと名前を呼びながら歩いていたら、小さく返事があり、「空耳かな?」と思いながらも数回名前を呼び、自分の猫を発見、保護した方もいるそうです。

また、兄弟猫などがいるのであれば鳴き声を録音して近所迷惑にならないように流しながら捜索をしたり、キャリーケースに入れて一緒に行動をしてみるのもオススメです。

兄弟猫の鳴き声に気がつき、返事をしてくれる場合もあります。

思い込みや決めつけは危険!

「遠くへ逃げてしまったに違いない」

「あの橋を越えていくわけがない」

と思ったまま捜索をしていませんか?探す範囲をせまくしていませんか?もし今気づいた方、そうかもしれないと思った方、その思い込みで猫ちゃんが見つけにくい可能性もあります。その考えは一度捨ててみてください。

飼い主さんが愛猫を見つけた時によく聞く話が

「まさかこんな所で見つかるとは思っていなかった」

という話です。

この橋を渡って隣町に行くわけがないと思っていたらそっちの方で愛猫が見つかった、遠くに逃げたと思ったら隣の家にいた、何度も探した場所だからいないと思ったら目撃情報が入った、なんて話もあるのです。

家の近くで見つかる事が多いので自分の家の近所を探すとは思いますが、同時にほんの少し遠い場所にもチラシやポスターを貼って、自分以外の方に協力してもらうようにしましょう。

捜索時のもちものリスト

捜索をする時は手ぶらではなく、出会った時にあげる餌や見つけた際に保護する道具などを持っていきましょう。

下記では、最低限持って行った方がいいものをピックアップしてみました。他にも愛猫が好きなもの(スーパーの袋の音など)を持って行ってください。

捜索をしていて発見、保護をする時に暴れられてしまう場合もあるので、可能であれば長袖、長ズボンで捜索するようにしてくださいね。

  • ごはんやおやつなどの好物

    好きな匂いを嗅いだら出てくる場合もありますし、出会った時に餌でおびき寄せて最終的に捕まえる方法もあります。
    猫缶をカンカンと音をさせるだけでもごはんの時間だと思って近づいてくる場合もあるようです。

  • キャリーもしくは洗濯ネット

    保護をしてから家に連れて帰るまでに、手で抱えて連れて帰ろうと思っている方もいるかもしれませんが、家までの距離が近かったとしても、基本的にはキャリーか洗濯ネットで保護して連れて帰りましょう。

    元気な子であれば暴れてしまいますし、疲れきっている猫でも、隣をバイクが大きな音を出して走ってきて、驚いた拍子に逃げてしまうかもしれません。

    捜索をしていて、見つかるか分からない状態でのキャリーは荷物になってしまうので、洗濯ネットを持っておく方がいいですが、これは自分でどちらが苦にならないか判断をして持っていくようにしましょう。

  • 懐中電灯

    夜に猫を探したり、日中でも暗くて分かりづらい場所を捜索する場合に役立ちます。
    猫の目が懐中電灯の光を反射して目が光るので、遠くからでも猫がいることに気づくことが出来ます。

  • 地図

    自分の家から愛猫の行動範囲を考えた場所や、チラシを一気に貼るのが難しかった場合にどの範囲に貼ったのか覚えておいたりする為に持っておいた方がいいかもしれません。

  • バスタオル

    猫ちゃんを保護する時に、手で捕まえたり洗濯ネットに入れるのが難しい場合はバスタオルでくるんで捕まえることも可能なので、持っておきましょう。
    可能であればその猫ちゃんの匂いがついたタオルの方が、匂いが無いタオルよりも安心出来るようです。

  • おもちゃ

    愛猫が好きだった音が出るおもちゃがあれば、それも持っていきましょう。
    音を出しながら探していると、その音につられてどこかからひょっこりと顔を出してくれるかもしれません。

  • 愛猫の写真

    捜索中に会った人に愛猫の写真を見せて見かけていないか聞くことが出来ます。
    チラシを入れておけばそのまま渡すことが出来るので、チラシを作って渡せるようにしておくのも効果的です。